ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

「BE RADIANCE」サブ(販売員)インタビュー 社内売上“1位”の接客方法とは

【BE RADIANCE/モデルプレス】株式会社ジャパンイマジネーションのアパレルブランド「BE RADIANCE(ビーラディエンス)」ルミネエスト新宿店のサブとして働く入社5年目の小宅瑳也香さん(26)がモデルプレスのインタビューに応じた。

モデルプレスのインタビューに応じた小宅瑳也香さん(C)モデルプレス

「BE RADIANCE」サブの仕事内容

接客中(C)モデルプレス

― 「BE RADIANCE」サブの仕事内容を教えてください。

小宅さん:主に接客・販売です。ただ、店長の次の「サブ」というポジションになるので、その日の新作や天候によって販売戦略を立てたり、部下育成だったり、1つのことに限定せずその日の流れや状況によって様々な業務をこなしています。

― これまで働いてきてやりがいや苦労したことを教えてください。

小宅さん:やりがいは、顧客様がお店に会いに来てくれること。苦労は、新宿という土地柄お客様の数も多く、客層も日によって異なるため、イレギュラーな場面が多く様々な案件に柔軟に対応していくことです。

「BE RADIANCE」サブに就いた理由&社内売上が1位に

商品をお渡し中(C)モデルプレス

― なぜサブになったのでしょうか?

小宅さん:2014年に新卒で入社し、そこから販売員(有楽町ルミネ→新宿ルミネエスト)として4年間勤めてきました。もともと人見知りの性格だったので、あえて今までと違う環境に挑戦してみたく、販売業をやってみようと思いました。それから実績が認められ、現在のサブのポジションになることができました。当時、重圧に押し潰されそうになることはなかったのですが、やってみると店長が店を空けたとき自分が1番の責任者になることが大きいなと思いました。

― また昨年度は社内に約800人いる販売員の中で、個人売上が1位で表彰されたそうですね。

小宅さん:はい、そうです。前年は売上が2位で、初めて表彰されました。数字を追い求めた接客を意識していたつもりはなかったのですが、結果として現れたことはすごく嬉しいです。

新作をチェック中(C)モデルプレス

― どのような接客を行うようにしていたのでしょうか?

小宅さん:お客様の気持ちに沿ったパーソナルな接客を心がけていました。商品知識の向上や接客の質にこだわり、とことん突き詰めていったら数字に現れました。もちろんお客様との会話を楽しむようにすることも大切です。

― 今後の目標を教えてください。

小宅さん:販売スキルのさらなる向上とステップアップを目指しています。あとは、新卒で約4年間販売員をさせていただいたので、本社の職種にも興味があります。

「BE RADIANCE」サブのライフスタイル

ボディスタンドをお直し中(C)モデルプレス

― 美容面で気をつけていることを教えてください。

小宅さん:朝ご飯は絶対食べる(和食中心)ようにしています。夜は炭水化物を食べないようにしたり、徐々に食べる量を減らしていっています。あとはしっかり睡眠をとったり、月1で皮膚科、ジム(大学時代から)にも通っています。

― 休日はどのように過ごしていますか?

小宅さん:仲の良い友達と美味しいものを食べに行ったり、疲れが溜まっているときはしっかり寝て、マッサージに行くようにしています。

― 普段ファッション情報をどのように取り入れていますか?

小宅さん:朝のニュースの女子アナのファッションをチェックしたり、雑誌(sweet、CanCam)、実際に街を歩いてみておしゃれなお店や人から(表参道、青山、銀座等)インプットしています。

「BE RADIANCE」で働くためには

小宅瑳也香さん(C)モデルプレス

― 「BE RADIANCE」にはどのような人が相応しいのでしょうか?

小宅さん:自分自身かなり人見知りな性格でも今の職種で楽しくやれているので、話すのが好きな方やファッションが好きな方はもちろん、今までとは違う環境で自分を磨いてみたい方や、毎日を楽しく笑顔で過ごしたい方にもぴったりだと思います。「相応しい」というか夢や目標に向かって努力するのが好きな向上心の高い方も大歓迎です。また、ルミネエスト新宿はBE RADIANCEの中でも、1番の売上を誇る店鋪です。多くのお客様がご来店するからこそ、スタッフ1人1人の動きを見て、お店を回すことが大事なので、視野の広い方が向いているのではないかと考えています。

― 書類・面接…と通過できるポイントを教えてください。

小宅さん:自社は面接の雰囲気も固くないので、無理に飾ったりせず、素直に自分の考えを伝えてほしいです。あとは言葉づかいと笑顔、そして自分らしさ!この3点だと思います。

また、面接の服装は、BE RADIANCEの服を着てきてくれると嬉しいですが、個人的には自ブランドのお洋服と他ブランドのアイテムを上手に組み合わせてコーディネートしている方も自分なりのおしゃれで服を着こなしてくれている感があってポイントが高いです。

夢を叶える秘訣を語る

小宅瑳也香さん(C)モデルプレス

― 最後に夢を追いかけている女の子に向けて夢を叶える秘訣を教えてください。

小宅さん:常に、その時の自分にできる限りのBESTを尽くすこと。後からあの時なんでやらなかったんだろう…と後悔してほしくないのでその日、その時の自分にできる最大限のパフォーマンスをしてほしいです。

「BE RADIANCE」ルミネエスト新宿店サブ(販売員)の小宅瑳也香さん(C)モデルプレス

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

ある日の1日の流れ

「BE RADIANCE」ルミネエスト新宿店で取材を実施(C)モデルプレス

10:15~ 出勤
10:45~ スタッフの朝礼・売場変更
11:00~ OPEN
13:00~ ランチ
17:00~ 状況に応じて売場変更・Blog撮影
19:30~ 終礼
19:45~ 退社

小宅瑳也香(おやけさやか)プロフィール

小宅瑳也香さん(C)モデルプレス

ブランド:BE RADIANCE(ビーラディエンス)
職種:サブ
アパレル業界で働き始めた年月:2014年4月~
経歴:販売スタッフ2014年4月~、サブ2016年11月~

BE RADIANCE