ファッションブランドで働きたい方を応援!アパレル業界の最新ニュース

「JEANASIS」旗艦店店長インタビュー「改めて接客の重要性を学ぶことが出来た」

【JEANASIS/モデルプレス】株式会社アダストリアのファッションブランド「JEANASIS(ジーナシス)」の旗艦店(JEANASIS SCRAPBOOK)店長として働く入社11年目の生井祥子さん(33)がモデルプレスのインタビューに応じた。

モデルプレスのインタビューに応じた生井祥子さん(C)モデルプレス

「JEANASIS」店長の仕事内容

接客中(C)モデルプレス

― 「JEANASIS」店長の仕事内容を教えてください。

生井さん:商品や売り場、スタッフ、数値管理が店長としての主な仕事ですが、1番は数値管理です。今月の予算がいくらで、在庫がどれくらいで、あと何日でどれくらい売って、なにをどう売って…といったことを週や日ごとに計画しています。そのほか、もちろん接客対応もしますし、旗艦店独自のイベントや商品提案なども行っています。

― これまで働いてきてやりがいや苦労したことを教えてください。

生井さん:販売が一番の仕事なので、お客様にブランド・ショップ・スタッフのファンになっていただけたときが一番うれしく、やりがいを感じます。販売という仕事柄、実績が厳しい時期はつらいです。「予算未達成=お客様に選ばれていない」と受け取れるので。そんな状況の時に店長が後ろ向きになっていては他のスタッフもしんどいので、今自分たちができることを精一杯やりきろう!そのうちお客様がついてくる!という気持ちで取り組んでいます。

「JEANASIS」店長に就いた理由

商品をお渡し中(C)モデルプレス

― なぜ店長をやるようになったのでしょうか?

生井さん:2007年に入社し、大型店に配属になりました。4ヵ月後に機会をいただいてサブとなり、1年半店舗運営を学んだ後、新店のオープンに携わりました。半年後に店長となり、改めて接客の重要性を学ぶことが出来ました。今から約9年前に初めて店長になったのですが、それまでは店長をやりたいと思ったことがなかったのでお声掛けいただいたときは、すごく驚きました。自分に店長はまだまだ無理だと思っていました。

― 9年という長い間店長という役職に就いているわけですが、本部職といったほかの部署へ異動したいと思ったことはなかったのでしょうか?

生井さん:店長になってから3店舗経験させていただいたのですが、環境が変わったり、やることも毎日たくさんあり、お客様にもスタッフにも1番近いポジションでいられるので、他の仕事より店長職を極めたいです。それに今は旗艦店を任されているので、ブランド価値を向上できるようなお店になったらいいなと思っています。

新作をチェック中(C)モデルプレス

― 数あるアパレルブランドの中から「JEANASIS」を選んだきっかけを教えてください。

生井さん:元々、かわいいよりもかっこいいスタイルが好きでした。初めてJEANASISの店舗に買い物に行った時に、モノトーンを基調とした商品の中にも遊び心があるその空間自体にとても心を打たれて、JEANASISに憧れを持ちました。

― 今後の目標を教えてください。

生井さん:旗艦店というJEANASISを代表する店舗だからこそ、JEANASISのブランド価値向上に貢献したいです。各地から人が集まるロケーションの中、旗艦店としてJEANASISを体現することでより多くのお客様にJEANASISを知ってもらい、ファンになってもらえる店舗運営をすることが旗艦店店長の使命だと感じています。また、今後はよりグローバル化が進んでいくと思うので、日本のお客様だけでなく海外から来ていただけるお客様にも喜んでもらえるよう、語学も学んでいきたいと思っています。

「JEANASIS」店長のライフスタイル

ボディスタンドをお直し中(C)モデルプレス

― 美容面で気を付けていることを教えてください。

生井さん:毎日入浴することです。冷え性でもあるので、1時間ほどじっくり入っています。体が温まると、浮腫みも解消できて翌日スッキリ起きることができます。

― 休日はどのように過ごしていますか?

生井さん:カフェでのんびり過ごすことが多いです。店頭に立っていると「時間内でよりたくさんのことを…」と常に頭をフル回転させているので、私の場合は休日にのんびり過ごすことでとてもリフレッシュになります。そういった時の方が仕事での良いアイデアが浮かぶことが多いので、心をリラックスさせる時間を大事にしています。

― 普段どのようにファッション情報を取り入れていますか?

生井さん:渋谷原宿はファッションの街なのでお洒落なお客様が多く、店頭に立っているだけでとても参考になります!海外のお客様も多いのですが、特に韓国のお客様のスタイルはいつも素敵だなと感じます。

「JEANASIS」で働くためには

生井祥子さん(C)モデルプレス

― どういう人が「JEANASIS」には相応しいのでしょうか?

生井さん:JEANASISは接客を大事にしているので、一番は接客に興味のある人!またJEANASISが好きで、自身のこだわり、意思や意見をしっかりと持っていて、JEANASISを代表する一人として、自身が楽しみながらJEANASISの魅力を伝えられる人だと思います。

店長には自分で仕事を見つけられる人、目標を立てられる人が1番大事だと思っています。店長ってお店で1番上の立場になるため、誰かから指示がくるわけでもないので、満足せず常により良くできるとことはなんだろうって、考えられる人が店長に向いているのかなと思います。

― 書類・面接…と通過できるポイントを教えてください。

生井さん:飾らずに、自身の言葉で相手に伝えたい、伝わるようにという気持ちで話すことが大事だと思います。それは接客の中でお客様とお話しする時にもとても大切なことなので!また、笑顔を常に忘れないようにしてください。

面接の服装は、JEANASISは「こびない女性」が目指す姿であるため、周りに流されず自分を持った芯のあるスタイルで来てください。白と黒を基調に、マニッシュさやクールさのあるスタイルはJEANASIS「らしさ」が伝わると思います。

夢を叶える秘訣を語る

生井祥子さん(C)モデルプレス

― 夢を追いかけている女の子に向けて夢を叶える秘訣を教えてください。

生井さん:まずは楽しむことだと思います!自身で楽しさを見つけられる人は、どんなことでも前向きに捉えることができますし、どんどん新しいことが見えてくると思います。そして、その新しいことにチャレンジしていくことで可能性が広がっていくと思います。

「JEANASIS」店長の生井祥子さん(C)モデルプレス

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

ある日の1日の流れ

「JEANASIS」旗艦店で取材を実施(C)モデルプレス

10時30分~ 出社
前日データ確認後、一日の戦略立て(接客、売場)

10時45分~
戦略を基に、スタッフの朝礼と売場変更

11時00分~ 開店
店頭接客と店舗運営

13時00分~ ランチ休憩

19時00分~
退勤前に翌日の商品の入荷とスタッフを踏まえ、店舗運営の想定・引き継ぎ

19時30分~ 退社

生井祥子(なまいしょうこ)プロフィール

生井祥子さん(C)モデルプレス

ブランド:JEANASIS(ジーナシス)
職種:店長
アパレル業界で働き始めた年月:2007年4月~
経歴:販売員2007年4月~、店長2009年4月~

JEANASIS

この記事の関連スタッフ