ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

「New Balance」マーケティング部インタビュー 新カテゴリー担当で仕事内容は?仕事&子育ての両立についても語る

【New Balance/モデルプレス】スポーツブランド「New Balance(ニューバランス)」(株式会社ニューバランス ジャパン)マーケティング部で働く入社4年目の高木莉代さん(35)がモデルプレスのインタビューに応じた。

モデルプレスのインタビューに応じた高木莉代さん(C)モデルプレス

「New Balance」マーケティング部の仕事内容

― 「New Balance」マーケティング部の仕事内容を教えてください。

高木さん:GTMマーケティングというチームで、担当するサッカー、野球、テニスの総合的なマーケティングプランを作成し、ニューバランスの商品がマーケット内でタイムリーに動くように、販促プランの実行をしています。例えば、雑誌の取材や広告を出稿したり、大きなイベントを開催したりと、その商品がどうしたら購買に繋がるのか、プランを組み立てています。

― これまで働いてきて、やりがいや苦労したことを教えてください。

高木さん:私が担当しているカテゴリーは、ニューバランスの中ではここ数年で立ち上がった新しいカテゴリーになります。そのため、立ち上げから携わる案件が多く、手探りで進行しなくてはいけないことが多いので、その点はとても苦労しています。ただ、その中で、自分のプランニングした施策がワークした時や、企画したイベントなどが実際にスタートした時などは「自分が作り上げてきた」という思いが強いので、とてもやりがいを感じます。

「New Balance」マーケティング部を選んだ理由

新作をチェック中(C)モデルプレス

― 入社してからこれまでどのような仕事をしてきたのでしょうか?

高木さん:2016年の1月に入社し、それ以来、今のマーケティングの部署で仕事をしています。それ以前は、別のスポーツブランドで10年ほど、営業や販促の仕事をしていました。

― なぜマーケティング部で働くようになったのでしょうか?

高木さん:元々、大学時代、スポーツマーケティングを専攻していたので、スポーツ業界でマーケティングの仕事をすることが、自分の夢でした。営業や店頭販促なども経験して、2016年から今の職種についています。マーケティング活動をしていくにあたり、今までやってきた営業や店頭販促の経験がとても活きています。

― 数あるブランドの中から「New Balance」を選んだきっかけも教えてください。

高木さん:学生時代から、スポーツ業界で働くことは決めていたのですが、その中でも「生活に身近なもの」「生活を豊かにするもの」に携わりたいという思いでスポーツブランドを選びました。また、ニューバランスはとても歴史のあるブランドですが、「アスレチックスポーツブランドになる」というビジョンを掲げ、2016年頃から新規のスポーツカテゴリーに参入しています。その中で、自分が今までの経験を活かしながら、新たな挑戦ができると思い、ニューバランスを選びました。

― 子育てとお仕事を両立されているとお聞きしたのですが…

高木さん:比較的に女性社員が多く、子育てと両立している人もたくさんいるので、相談しやすいです。制度としてもフレックスや在宅ができたりするので、産後退職する人はほとんどいなく、働きやすい環境です。

― 今後の目標を教えてください。

高木さん:マーケターとしてまだまだ知識不足、経験不足なところがあると感じていて、今も日々勉強中です。自分の弱いデジタルの領域などの知識も、これからどんどん学んでいきたいと思っています。

「New Balance」マーケティング部のライフスタイル

PC業務中(C)モデルプレス

― 美容面で気を付けていることを教えてください。

高木さん:お恥ずかしながら、特に気を付けていることもなく、気を遣う時間もなく…なのですが、普段は子供たちと一緒に22時までには寝てしまうので、睡眠をしっかりとることが重要かな、と思っています。

― 休日はどのように過ごしていますか?

高木さん:平日は子供たちは1日中保育園に通っているので、お休みの日は子供たちと思いっ切り遊ぶことにしています。車で自宅から数時間かけて、大きな公園に行ったりもしますし、動物園や温泉に行ったり、毎週末どこかに出掛けています。子供たちはとてもパワフルなので、一緒に遊んでいると、体はとても疲れてしまうのですが、子供たちの楽しそうな姿を見ていると、気持ち的にはとてもリフレッシュできます。

― 普段ファッション情報をどのように取り入れていますか?

高木さん:小さい子供が3人いるので、普段あまりファッションにはこだわっておらず、「動きやすさ」を重視して選んでいるのですが、時々、インスタなどでおしゃれなママさんのコーディネートなどを見て、参考にしたりしています。

「New Balance」で働くためには

高木莉代さん(C)モデルプレス

― 「New Balance」にはどのような人が向いているのでしょうか?

高木さん:スポーツに情熱がある人。スポーツが好きということが1番大事で、それを保ち続けていると、選手たちにもよいものを届けたいなど、良い方向に繋がっていくと思います。

夢を叶える秘訣を語る

「New Balance」マーケティング部の高木莉代さん(C)モデルプレス

― 最後に夢を追いかけている女の子に向けて夢を叶える秘訣を教えてください。

高木さん:夢に向かって諦めずに、自分の信じた道を進むことだと思います。もちろん壁にぶつかったり、思うようにいかないこともたくさんあると思いますが、全て自分の糧になると信じて、なりたい自分に向かっていくことが大切だと思います。

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

ある日の1日の流れ

「New Balance」本社で取材を実施(C)モデルプレス

9:30 出社&メール処理

10:00 打ち合わせ

11:00 資料作り

12:00 ランチ休憩

13:00 撮影の為、外出

17:45 業務終了

高木莉代(たかぎりよ)プロフィール

高木莉代さん(C)モデルプレス

ブランド:New Balance(ニューバランス)
職種:マーケティング
スポーツ業界で働き始めた年月:2006年4月~
経歴:他ブランド2006年4月~、New Balance 2016年1月~

New Balance