ファッションブランドで働きたい方を応援!アパレル業界の最新ニュース

PAUL&JOE (ポール & ジョー)

クリエイティブディレクター Sophie Mechalyの二人の息子の名前をブランドネームとしたPAUL & JOE。働く女性でもある彼女の日常の中から生み出される自立した女性に向けたコレクションは、毎シーズン加わるアニマルやフラワー柄などといったオリジナルのユニークなプリントと、色彩感豊かなロマンティシズムを融合させて作り上げられた独特な世界観が、フランスのみならず世界中で多くのファンに愛されています。 自分のスタイルを持って現代に生きる積極的で主張がある、フェミニンでもありマスキュリンでもある女性のためのコレクションです。 セカンドラインPAUL & JOE SISTERは、よりファンタジックでキュートな猫プリントがブランドの大きな特徴で、コレクションラインがエレガントになる一方、従来のフレンチトラッドをベースにしたガーリーでフェミニンなコレクションとなっています。

PAUL&JOE(ポール & ジョー)の特徴

Q.興味を持っている方に一言

PAUL&JOEは他にはないオリジナルなプリントと、身に着けているだけでHAPPYになれるアイテムが魅力のブランドです。この魅力をお客様に伝えて共感し合える販売員というお仕事は、ブランドや商品、自分を通して、お客様の気持ちに付加価値をプラス出来るお仕事です。その日初めてPAUL&JOEやあなたに出会ったお客様が、あなたから商品を購入したことで、お客様からありがとう、と言われる瞬間や、PAUL&JOEやあなたを目的としてお店に来て下さるお客様に出会えることは日々のやりがいと自分の成長につながります。日々過ごす環境や出会うお客様が1日も同じ日がないので、吸収したい気持ちが強ければ強いほど自分の引き出しは増えていきます。経験、未経験に関わらず、PAUL&JOEの世界観や販売に興味がある方はぜひご応募下さい!

Q.どんな女性が輝いている会社?

 販売員というと派手なイメージが強いかもしれないので意外かもしれませんが、真面目で真摯に仕事に取り組んでいる女性が多いブランドです。インポートのパリコレブランドの中では、手に届きやすい価値観のあるブランドの特性か、幅広い年齢層や、様々なお客様と接する機会が多いので、自分の主張を持つことは大切なのですが、お客様の声をきちんと聴けること、それに対して真摯な自分らしい対応が出来るメンバーや、お客様には直接関わりのない事務作業やストック整理など、裏方の仕事も細やかに管理出来るメンバーはお客様だけでなく、一緒に働くメンバーにも愛されていて輝いています。

Q.社風は?

社長をはじめPAUL&JOEメンバーはもちろん、プレス、PAUL&JOE以外のメンバーや、総務や経理の方などと直接とお話する機会も多く、本社との距離が近い会社です。一人一人の意見を尊重し、お互いが向かい合いながら仕事に取り組める体制なので、自分の力を発揮しながら、新しい発見や成長につながるやりがいのある環境です。インセンティブ制度や福利厚生、制服制度もしっかりしています。

Q.会社の自慢は?

デザイナーが日本をこよなく愛している事や、本国も日本のマーケットを大切にしている事もあり、デザイナーや本国の幹部スタッフが来日します。来日の際はSHOPにも足を運んで頂く機会が多いので、パリコレのデザイナーや本国のスタッフと直接会えるチャンスがあり、会えるだけでなく、PAUL&JOEのお話やパリ事情などリアルな声を聞いたり、お話しするチャンスがあります。半年に一度の展示会ではSHOPで販売される前の商品サンプルが並ぶため、次のシーズンのトレンドを学びながら、PAUL&JOEの新作をいち早く試す事が出来ます。

Topics

PAUL&JOE(ポール & ジョー)で働くスタッフ