ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

「Rew de Rew」店長インタビュー 12年接客を経験して“本社商品開発部”へステップアップ

【Rew de Rew/モデルプレス】株式会社三鈴のアパレルブランド「Rew de Rew(ルゥデルゥ)」池袋ルミネ店の店長として働く入社12年目の上總優さん(31)がモデルプレスのインタビューに応じた。

モデルプレスのインタビューに応じた上總優さん(C)モデルプレス

「Rew de Rew」店長の仕事内容

新作をチェック中(C)モデルプレス

― 「Rew de Rew」店長の仕事内容を教えてください。

上總さん:在庫管理、売上管理、スタッフ教育、デベロッパーとのやりとり、ブランド戦略と今のお客様動向に合わせたレイアウトなどを常に行っています。その中でも、営業力、接客力をあげる為の取組には力を入れており、全店ミーティング、個人ミーティングを通して、店・個人の目標、ゴールの明確化を行い、『一人一人が販売員として輝ける』を教育のテーマとし、日々みんなと一緒に努力を重ねています。本社へ行き、リアルなお客様動向を伝え、限定商品企画会議にも参加させていただいています。

― これまで働いてきて、やりがいや苦労したことも教えてください。

上總さん:やりがいは、お客様に喜んでいただき、売上拡大へ繋がった時。あと店舗スタッフが、一人一人自分の成長に喜び、輝いている姿を見たときです。苦労したことは、自店のスタッフが悩み伸び悩んでいるときや、一緒に耐えているときです。今すぐ解決出来る事と、時間をかけないといけない内容があります。『今すぐ』どうにかしたいのですが、地道に根気強くやる気持ちに負けてしまうスタッフもいたりして、色々考える毎日でした。

「Rew de Rew」店長から本社商品開発部に異動

ボディスタンドをお直し中(C)モデルプレス

― なぜ店長をやるようになったのでしょうか?

上總さん:2006年にアルバイトから入社し、入社後Pin Curl大船店、Reiri dea茅ケ崎店でアルバイトから社員へ。そこからナショナル社員で転勤し、Flor by Rew de Rew甲府昭和店へ異動。そこで25歳の時に店長になり、今働いているRew de Rew池袋店と、計4店舗を経験させていただきました。

当時の上司に、サブから店長にと言われてなりました。店長になりたかったので、とても嬉しかったのを覚えています。一人でも多くのスタッフに、接客を極める楽しさや、アパレルの楽しさ、やりがいを伝えたい気持ちは高かったです。

― 今度、店長から本社の商品開発部にキャリアアップすると伺いました。

上總さん:販売スタッフとして10年以上接客の楽しさを経験してきたのですが、ブランドを盛り上げよう!商品価値を更に高めよう!という試みに、お客様の近くに長年いた私に声がかかりました。私が商品の開発に携わる機会がくることは、あまり意識しておりませんでしたが、私自身も、スキルアップしたいと思っていたので、タイミングが合いました。

接客中(C)モデルプレス

― 数あるアパレルブランドの中から「Rew de Rew」を選んだきっかけも教えてください。

上總さん:当時、洋服が好きでカジュアル、キレイめと、様々なスタイルを着ていた私でしたが、20代は、上品で品格のある女性になっていきたいと思い、上品な洋服があるRew de Rewを選びました。

― 今後の目標を教えてください。

上總さん:今後は商品もいろいろ学びながら、もっとRew de Rewがお客様から喜ばれるブランドになっていけるように、売り場だけでなく色々な分野に携わって、自分の幅や人間力を向上させていきたいです。そして、会社、Rew de Rewを盛り上げていける人材でありたいです。

「Rew de Rew」店長のライフスタイル

商品をお渡し中(C)モデルプレス

― 美容面で気を付けていることを教えてください。

上總さん:肌は20代から美顔器を使いケアして透明感のある肌を目指しています。ヘアはトリートメントに拘り、“オシャレよりも自分らしさ”を大切に、カットしてもらっています。ネイルも毎月の楽しみで行っています。美容も女性として仕事同様楽しんでいます。

― 休日はどのように過ごしていますか?

上總さん:ヨガ、図書館、友人と食事、海沿いサイクリング、好きな時間に好きな事をしています。

― 普段どのようにファンション情報を取り入れていますか?

上總さん:インスタグラム、ツイッター、フェイスブック、雑誌、テレビドラマの女優さんを参考にしています。

「Rew de Rew」で働くためには

上總優さん(C)モデルプレス

― どのような人が「Rew de Rew」には相応しいのでしょうか?

上總さん:素直で一生懸命な方。自分を販売員としても、人としても向上したい方が相応しいと思います。また、お客様を読み取るのと同じで、スタッフを読み取ってその子の良さを発揮させることが店長の仕事だと思っています。なので、店長に相応しい人は、相手を読み取ったり、言葉では見えない人の表情を見抜く力がある方だと思います。

― 書類・面接…と通過できるポイントを教えてください。

上總さん:お客様を喜ばせたい気持ちを表現すると同時に、自分もこうなりたいという向上心を伝えられるようにしてください。また、笑顔が1番大事だと思うので、緊張していても笑顔は忘れないでください。面接の服装はエレガンス系のワンピースやスカートだと好印象です。

夢を叶える秘訣を語る

上總優さん(C)モデルプレス

― 夢を追いかけている女の子に向けて、夢を叶える秘訣を教えてください。

上總さん:20代はあっという間、20歳30歳まで、“いつ、どうなっていたいか”目標を決めておくのがとても大切。目標は1年、半年、1ヶ月、1日で明確に。毎日目の前の事に一生懸命な自分になる。そんな自分を上司や会社は見てくれています。他人に期待せず、自分が期待される人材でいる努力は欠かさずに行うこと。すぐ結果を求めず、1つ1つ学び、自分の強みにしていく。1つも今後の自分に無駄になりません。だから、やりたくない事から出来る、芯の強さを身につけることで、自分のやりたいことを、自分で実現できる、夢を叶えられる、女性になっていけると思います。

「Rew de Rew」店長の上總優さん(C)モデルプレス

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

ある日の1日の流れ

「Rew de Rew」池袋ルミネ店で取材を実施(C)モデルプレス

10時30分~ 出勤
朝礼(スタッフへ、目標数値・オススメ商品・イベント内容・具体的行動目標の落とし込み)、新作商品のレイアウト

11時00分~ 開店

13時00分~ ランチ

14時30分~
デベロッパー店長会

16時00分~
接客

17時00分~
お客様状況確認し、再度レイアウト修正

17時30分~
上司へ連絡(確認事項や人、レイアウトなどの話)

18時00分~ 休憩

18時30分~
接客

19時45分~ 退勤

上總優(かずさゆう)プロフィール

上總優さん(C)モデルプレス

ブランド:Rew de Rew(ルゥデルゥ)
職種:店長
アパレル業界で働き始めた年月:2006年11月~
経歴:Pin Curl販売スタッフ2006年11月~、Reiri dea販売スタッフ2008年3月~、Rew de Rew販売スタッフ2011年3月~、Rew de Rew店長2011年8月~、Rew de Rew商品開発部2018年6月~

Rew de Rew