ファッションブランドで働きたい方を応援!アパレル業界の最新ニュース

X-girl (エックスガール)

株式会社ビーズインターナショナル

1994年夏、SONIC YOUTHのキム・ゴードンが、友人でもありXLARGE®のショップスタッフでもあったデイジー・ヴォン・ファースと共に立ち上げました。 1991年に立ち上がったXLARGE®に携わっていたBEASTIE BOYSのマイク・Dが、以前から交流の合ったキムに声を掛けたのがきっかけとなり、 キムとデイジーの着たい服、つまり彼女達のリアルクローズ的なアイテムをX-girlとして打ち出すと共に、グラフィックやデザインを落とし込んだアイテムを展開し、“GIRL’S MOVEMENT”の先駆者としてファッション業界だけでなく音楽やアートも巻き込んだレディースストリートブランドとして、注目を浴びました。 X-girlのロゴデザインは、映像作家・グラフィックデザイナーであるマイク・ミルズが手掛け、その後も彼はTシャツやポスターなどのデザインも担当しブランドとの関わりを深めました。 X-girlのシンボルとも言えるフェイスロゴのグラフィックもマイク・ミルズによるデザインで、彼の友人でアーティストでもあるミッシェル・ロックウッドがモデルとなっています。 同年ロサンゼルスのロス・フェ リッツに第1号店がオープン。 更にニューヨークのソーホーにて、ストリートの女の子をハントしモデルとしてランウェイを歩かせ、 X-girl初のゲリラストリートファッションショーも行われました。 プロデューサーにソフィア・コッポラとスパイク・ジョーンズを迎え、当時X-girlの顧客でもあったクロエ・セヴィニーやミッシェル・ロックウッドもモデルとして参加していました。 そうしてブランドをスタートさせたX-girlは現在も、音楽、カルチャー、スポーツ等のストリートシーンから様々な要素を取り込み、”REAL GIRL’S CLOTHING”を テーマに掲げ、BASICで飽きのこないアイテムを時代の変化に合わせながら“リアルな女の子のストリートスタイル”として提案し続けています。

X-girl(エックスガール)の特徴

Q.興味を持っている方に一言

自分の好きなことを形に出来るとてもやりがいのある職場です。

Q.どんな女性が輝いている会社?

ファッションのみならず国内外の音楽などカルチャーが好きで、好きなことを編集・発信している人。

Q.社風は?

常に新しさやオリジナリティを追及しながらも、一人一人の意見をとても大切にしています。 世代問わず仲が良く風通しの良い社風です。

Q.会社の自慢は?

20年以上の歴史があり、ブランド設立時から今もなおストリートカルチャーの最前線であり続けています。

Topics

X-girl(エックスガール)で働くスタッフ

X-girl(エックスガール)の求人

株式会社ビーズインターナショナル

ストリートのカルチャーはいつだって、現場から生まれる。

ストリートカルチャーを最先端でリードする多彩なブランドを手がける当社。あなたには、各ブランドの店舗の店長候補として、まずは接客・販売などからお任せしていきます。

「そのブレスレットかわいいですね〜」とお客様との会話を楽しみながら、トレンドもぬかりなくチェックしています。

こちらはX‐girl の店舗。10代後半〜20代前半が活躍しています。ファッションが大好きなメンバーばかりだから、話は合うはず!

こちらはMILKFED.の店舗。マネキンのコーディネートも、現場のスタッフがアイデアを出し合ってつくっています。

職種 ショップスタッフ
雇用形態 正社員
勤務地 東京(新宿、原宿、代官山)、大阪市にある各店舗 ★希望を考慮/転勤なし。
給与 月給21万円〜28万円+賞与年2回 【年収例】店長(入社1年)/年収315万円

X-girl(エックスガール)の関連ブランド