ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

「LINE疲れ」の対策 忙しいアパレル女子にもお勧め

LINEは、とても便利なコミュニケーション・アプリです。特に、日本では、LINEを使っていないというケースを探すほうが、難しくなってきているほどです。しかしながら、LINEを使用する頻度が高まるにつれて、LINE疲れという問題も生じてきています。そこで、本稿では、LINE疲れについて、ご紹介していきます。まずは、「LINE疲れの定義」と「LINE疲れを引き起こす主な原因」について、確認していきます。次に、一対一のチャットでのLINE疲れの対策について、ご紹介していきます。そして、グループ・チャットでのLINE疲れの対策について、ご紹介していきます。

「LINE疲れ」の対策 忙しいアパレル女子にもお勧め/Photo by ibreakstock

「LINE疲れ」とは?

そもそも、LINE疲れとは、どのような状態を指すのでしょうか。まずは、「LINE疲れの定義」と「LINE疲れを引き起こす主な原因」について、ご紹介していきます。

<LINE疲れの定義>

LINE疲れとは、一般的には、LINEを通じたコミュニケーションに疲れてしまう状態を指します。ちなみに、LINEとは、チャット、音声通話、ビデオ通話などの機能を無料で利用できるコミュニケーション・アプリのことです。LINE疲れは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)疲れの一種であると考えられています。これは、SNS上のコミュニケーションが原因となり、疲れてしまう状態を指します。SNSの代表的なものとしては、LINE、Instagram、Facebook、Twitterなどを挙げることができます。なお、LINE疲れの主な症状としては、「友人からメッセージが届くと、すぐに返事をしようとして焦る」「職場のLINEグループ内のやり取りが多く、スマートフォンからの通知が頻繁にくる」「恋人にメッセージを送ったにもかかわらず、既読スルーや未読スルーが続いてやきもきする」などの症状を挙げることができるでしょう。

<LINE疲れを引き起こす主な原因>

LINE疲れを引き起こす主な原因としては、以下の5つを挙げることができるでしょう。1つ目は、「既読マークを気にする」という原因です。LINEでは、メッセージを受け取る側がメッセージを確認すると、メッセージを送った側の画面には「既読」と表示されるようになっています。メッセージを受け取った側は、なるべく早く返事をしようとして、焦ってしまうことが少なくありません。これは、メッセージを送った側から、既読スルーであると受け取られてしまうことを気にしてしまうからです。2つ目は、「チャットが終わらない」という原因です。LINEでは、手軽に連絡を取り合うことができるため、チャットを終わらせるタイミングの見極めが難しくなってしまうときも少なくありません。特に、「LINEスタンプ」は、スタンプを送るだけでコミュニケーションができるため、チャットが続いてしまいやすいようです。3つ目は、「グループ・チャットからの通知が多い」という原因です。グループ・チャットとは、3人以上でコミュニケーションができる機能です。多くの友人と同時に連絡を取り合いたい場合などにおいて、利用されています。グループ・チャットは、チャットに参加する人数が多いため、一対一のコミュニケーションよりもやり取りの数が増えやすくなってしまいます。「LINEからの通知が多すぎて落ち着かない」と感じるケースも少なくないようです。4つ目は、「上司や先輩から届いたメッセージの対応に悩む」という原因です。上司や先輩から、LINEのメッセージが届いた際の適切な対応について、悩んでしまうということになります。たとえば、メッセージの内容やメッセージを送る時間などを気にしすぎてしまうことによって、ストレスを感じてしまうというケースも少なくないようです。5つ目は、「お客様からのメッセージに気を使う」という原因です。お客様から連絡先を渡されて、LINEを使って連絡を取り合う関係になることもあります。たとえば、常連のお客様からの連絡に対しては、すぐに対応しなければならないと感じて、気疲れしてしまうというケースも少なくないようです。

LINE疲れの対策(個人編)

一対一のチャットでのLINE疲れの対策には、どのようなものがあるのでしょうか。それでは、一対一のチャットでのLINE疲れの対策について、代表的な対策を3つご紹介していきます。

<メッセージをチェックする時間を決める>

一対一のチャットでのLINE疲れの対策の1つ目は、「メッセージをチェックする時間を決める」ことです。つまり、LINEを使用する時間を決めるということになります。たとえば、返信をする時間帯、LINEを使用しない時間帯などを決めるようにしましょう。加えて、特定のシーンにおいては、LINEを使用しないと決めるようにするとよいでしょう。たとえば、食事中、仕事中、デート中などを挙げることができるでしょう。

<既読スルーを気にしすぎない>

一対一のチャットでのLINE疲れの対策の2つ目は、「既読スルーを気にしすぎない」ことです。既読スルーになってしまっている理由を想像することによって、悩まないようにしましょう。これは、既読スルーに対する考え方は、さまざまであるためです。特に理由がないというケースもあれば、いつも返信のタイミングが遅いというケースもあります。なお、早めに返信がほしい場合には、返信の期限を伝えたり、時間を置いてから催促をしたりするとよいでしょう。

<連絡手段を使い分ける>

一対一のチャットでのLINE疲れの対策の3つ目は、「連絡手段を使い分ける」ことです。つまり、LINE以外の連絡手段も使うようにするということになります。たとえば、メール、ビジネス向けのチャット・ツール、SNSなどを挙げることができるでしょう。

LINE疲れの対策(グループ編)

忙しいアパレル女子もチェック/Photo by g-stockstudio

グループ・チャットでのLINE疲れの対策には、どのようなものがあるのでしょうか。それでは、グループ・チャットでのLINE疲れの対策について、代表的な対策を2つご紹介していきます。

<通知をオフに設定する>

グループ・チャットでのLINE疲れの対策の1つ目は、「通知をオフに設定する」ことです。特に、メッセージの量が多すぎるグループについては、通知をオフに設定するとよいでしょう。これは、LINEのメッセージが来るたびに焦ってしまうという場合などには、有効であるといえるでしょう。なお、通知をオフに設定することによって、自主的にLINEを使用したタイミングにメッセージを確認することができるようになります。

<グループのメンバーからの反応に期待しない>

グループ・チャットでのLINE疲れの対策の2つ目は、「グループのメンバーからの反応に期待しない」ことです。グループ・チャットにメッセージを送信しても、期待通りの反応が得られないことは少なくありません。特に、メンバーの人数が多いグループの場合には、それぞれのメッセージに対して、丁寧な対応をすることは難しくなるでしょう。ちなみに、じっくりと連絡を取り合いたい場合には、一対一のやり取りができる手段を用いるようにするとよいでしょう。

LINE疲れの対策は、さまざまに考えられる

いかがでしたでしょうか?ここまでご紹介させていただいたように、LINE疲れの対策は、さまざまに考えていくことができそうです。もし、LINE疲れの症状が出てしまっている場合には、本稿でご紹介させていただいたLINE疲れの対策を参考にしながら、LINEを通じたコミュニケーションを快適なものにしていってください。(modelpress編集部)