ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

マスクで崩れにくいファンデーションを選ぶポイントとメイクのコツ

コロナウイルスの影響から、マスクを着用していなければならない時間が大幅に増加しています。マスクを着用している時間が長くなれば、どうしてもメイクは崩れやすくなってしまうでしょう。実は、マスクを着用していてもメイクを崩れにくくするためには、ファンデーションがポイントになります。そこで、本稿では、「マスクで崩れにくいファンデーション選びのポイント」と「マスクで崩れないメイクのコツ」について、ご紹介していきます。

マスクで崩れにくいファンデーションを選ぶポイントとメイクのコツ/Photo by Rido

マスクにファンデーションがつきやすい理由

マスクにファンデーションがつきやすいのは、なぜなのでしょうか。まずは、「マスクにファンデーションがつきやすい理由」について、ご紹介していきます。

<摩擦>

マスクにファンデーションがつきやすい理由の1つ目は、「摩擦」です。マスクの素材と肌との間に摩擦が起きることによって、少しずつマスクにファンデーションがついてしまいます。なお、摩擦が起きる原因としては、マスクのサイズが合っていないということも考えられるでしょう。

<蒸れ>

マスクにファンデーションがつきやすい理由の2つ目は、「蒸れ」です。呼気がマスクの中にこもることによって、ファンデーションは、溶けやすくなります。そして、溶けてしまったファンデーションが、マスクについてしまうのです。

<崩れやすいメイク>

マスクにファンデーションがつきやすい理由の3つ目は、「崩れやすいメイク」です。崩れやすいメイクの場合には、水分、または油分が肌に残っているため、マスクにファンデーションがつきやすくなってしまいます。崩れやすいメイクになってしまう原因としては、メイクをした後にティッシュオフをしていないことなどが考えられるでしょう。

マスクで崩れないメイクのコツ

マスクで崩れないメイクをするためには、どのようなコツがあるのでしょうか。それでは、「マスクで崩れないメイクのコツ」について、ご紹介していきます。

<十分に保湿をする>

マスクで崩れないメイクのコツの1つ目は、「十分に保湿をする」ことです。化粧水、乳液、クリームなどを使って、基本となるスキンケアを行うことによって、肌のバリア機能を高めるようにしましょう。マスクの着用中は、湿気がこもりやすくなっていますが、マスクを外すとすぐに水分が蒸発して、肌の乾燥を招きやすくなります。そのため、肌のバリア機能を高めておく必要があるのです。

<ファンデーションは、薄くつける>

マスクで崩れないメイクのコツの2つ目は、「ファンデーションは、薄くつける」ことです。具体的には、カバー力の高いファンデーションを顔に薄く伸ばしていくようにしましょう。なお、何層にも厚塗りをしてしまうとメイク崩れの原因になってしまうので、避けるようにしましょう。

<メイクキープミストを使う>

マスクで崩れないメイクのコツの3つ目は、「メイクキープミストを使う」ことです。メイク後には、メイクキープミストを顔に吹きかけるようにしましょう。メイクキープミストを吹きかけておけば、汗や皮脂、涙、雨などによって、メイクが崩れにくくすることができます。

マスクで崩れにくいファンデーション選びのポイント

マスクで崩れにくくするためのポイント/Photo by Viachaslau Govorkov

マスクで崩れにくいファンデーションを選ぶためには、どのようなことがポイントになるのでしょうか。それでは、「マスクで崩れにくいファンデーション選びのポイント」について、ご紹介していきます。

<リキッドタイプ>

マスクで崩れにくいファンデーション選びのポイントの1つ目は、「リキッドタイプ」のファンデーションを選ぶことです。パウダータイプのファンデーションよりもリキッドタイプのファンデーションの方が、メイク崩れが起きにくいとされています。なぜならば、リキッドタイプは、液状であるため、肌に吸着しやすいからです。なお、パウダータイプのファンデーションを使用したい場合には、粒子が細かいタイプを選ぶようにするとよいでしょう。

<保湿成分配合>

マスクで崩れにくいファンデーション選びのポイントの2つ目は、「保湿成分配合」のファンデーションを選ぶことです。ヒアルロン酸、コラーゲン、グリセリンなど、保湿成分が配合されているファンデーションを選ぶようにしましょう。肌の潤いが保たれるため、メイク崩れを起こりにくくすることができます。

<フィット感>

マスクで崩れにくいファンデーション選びのポイントの3つ目は、「フィット感」の高いファンデーションを選ぶことです。肌へのフィット感が高いファンデーションは、メイク崩れが起きにくいとされています。なぜならば、フィット感の高いファンデーションには、皮脂を抑える成分が含まれていることが多いため、その場合には、皮脂によるメイク崩れを防ぐことが期待できるからです。昨今では、毛穴やシミなど、肌を十分にカバーすることができるタイプのファンデーションも多くあります。なお、水に強いウォータープルーフタイプのファンデーションを使えば、長時間メイクを崩れにくくすることができます。ちなみに、ウォータープルーフタイプのファンデーションにも保湿成分が豊富に含まれているタイプや下地としても使用できるタイプなど、様々なタイプがあります。

コロナウイルス対策をしながら、美しいメイクも楽しむ

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、マスクを着用していても崩れにくくすることは、可能です。マスクで崩れにくいファンデーションを選んで、正しくメイクをすることによって、コロナウイルス対策をしながら、美しいメイクも楽しみましょう。(modelpress編集部)