ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

寝化粧のポイントとは?彼とのお泊りデートで気をつけたいこと

多くの女性にとって、彼とのお泊りデートの際のメイクは、大きな悩みの一つであるようです。就寝前であってもノーメイクになることははばかられるという女性は、多いことでしょう。この悩みを解決してくれるのが、寝化粧です。ただ、正しい寝化粧に関する知識は、十分には広まっていないようです。そこで、本稿では、「寝化粧のポイント」について、ご紹介していきます。

寝化粧のポイントとは?彼とのお泊りデートで気をつけたいこと/Photo by Rido

寝化粧とは?

そもそも、寝化粧とは、どのようなものなのでしょうか。まずは、「寝化粧の定義」と「寝化粧をする理由」について、ご紹介していきます。

<寝化粧の定義>

寝化粧とは、一般的には、入浴後などを中心に就寝前に行うメイクのことを指します。基本的には、ナチュラルなすっぴん風のメイクになります。

<寝化粧をする理由>

寝化粧は、彼とのお泊りデートの際などには、必須になるといってもよいでしょう。これは、寝化粧をすることによって、彼の前では、常にきれいな状態を保つためです。また、メイクを落とすと印象が変わる場合には、なるべくすっぴんの状態を彼に見せたくないということも考えられるでしょう。

寝化粧によく使われるコスメ

寝化粧には、どのようなコスメがよく使われるのでしょうか。それでは、寝化粧によく使われるコスメについて、ご紹介していきます。

<下地用のクリーム>

寝化粧によく使われるコスメの1つ目は、「下地用のクリーム」です。寝化粧には、毛穴やくすみをカバーすることができるタイプの下地用のクリームが使われます。パールの成分などが入っているタイプを使えば、ツヤを出すこともできるでしょう。なお、昨今では、寝化粧用のBBクリームも販売されています。

<フェイスパウダー>

寝化粧によく使われるコスメの2つ目は、「フェイスパウダー」です。寝化粧には、肌に優しい薄くつくタイプのフェイスパウダーを使うとよいでしょう。昨今では、ナイトパウダーも数多く販売されています。ナイトパウダーは、スキンケア後に使用して、そのまま眠ることができます。なお、ナイトパウダーには、保湿成分が含まれていることによって、肌の潤いをキープすることができるタイプもあります。

<眉ティント>

寝化粧によく使われるコスメの3つ目は、「眉ティント」です。眉ティントを使って眉を整えれば、数日間そのままの状態をキープすることができます。そのため、お泊りデートをする前に眉ティントを使って眉を整えておけば、とても楽になるでしょう。また、眉ティントは、眉が薄い人にもとても役に立ちます。眉をナチュラルな状態に保つためには、眉ティントは、とても便利なコスメであるといえます。

<リップクリーム>

寝化粧によく使われるコスメの4つ目は、「リップクリーム」です。リップクリームを塗ることによって、唇にツヤを出すことができます。なお、色付きのリップクリームを使えば、唇に自然な赤みを足すこともできるでしょう。

寝化粧をするときのポイント

寝化粧のポイントを紹介/Photo by puhhha

寝化粧をするときには、どのようなことがポイントになるのでしょうか。それでは、寝化粧をするときのポイントについて、ご紹介していきます。

<肌に負担がかかりにくいアイテムを使う>

寝化粧をするときのポイントの1つ目は、「肌に負担がかかりにくいアイテムを使う」ことです。寝化粧をするときには、石鹸で落とすことができるアイテムなど、肌に優しいタイプのアイテムを使うようにしましょう。例えば、天然のミネラルや植物エキスなどが配合されているアイテムがよいでしょう。

<アイメイクは控えめにする>

寝化粧をするときのポイントの2つ目は、「アイメイクは控えめにする」ことです。就寝前には、なるべくアイシャドウやアイラインなどについては、使わない方がよいでしょう。もしくは、塗る量を抑えるようにしましょう。なぜならば、アイシャドウやアイラインを使うと厚化粧に見えやすくなるため、就寝前のメイクとしては、印象が悪くなりがちだからです。また、マスカラは、塗り過ぎないようにしましょう。なぜならば、夜に色付きのマスカラを塗っているとしっかりとしたメイクをしているという印象を与えてしまいがちだからです。ちなみに、ウォータープルーフタイプのマスカラもありますが、寝ているうちに落ちてしまうことによって、見苦しい状態になってしまうことも少なくありません。もし、まつ毛のカールをキープしたい場合には、透明色のマスカラを少しだけ塗るようにするとよいでしょう。

<色は抑える>

寝化粧をするときのポイントの3つ目は、「色は抑える」ことです。アイシャドウやチークなどを使って色を足したときには、メイクをしているという印象が強くなりがちです。よって、下地用のクリーム以外は、基本的には、白か無色のアイテムを使うようにすれば、ナチュラルなすっぴん風のメイクに仕上げやすくなるでしょう。

肌への負担は抑えて、メイクに関する悩みも解決

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、寝化粧をするときには、様々なポイントがあります。彼とのお泊りデートの際には、本稿でご紹介させていただいたポイントを踏まえて、正しく寝化粧をすることによって、肌への負担は抑えながら、メイクに関する悩みも解決しましょう。(modelpress編集部)