ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

日焼け止めの使用期限はいつまで?見極めるポイントと使い切るコツ

皆様は、夏の間に使い切ることができなかった日焼け止めをどのように処理されているでしょうか。使い切りたいと思ってはいるもののいつ開封したのかもわからなくなってしまい、捨ててしまうというケースも少なくないようです。これは、とてももったいないように感じられます。そこで、本稿では、このようなケースを避けるため、1.日焼け止めの使用期限、2.使用期限がわからない日焼け止めをチェックするときのポイント、3.使用期限までに日焼け止めを使い切るコツについて、ご紹介していきます。

日焼け止めの使用期限はいつまで?見極めるポイントと使い切るコツ/Photo by transurfer

日焼け止めの使用期限

開封前と開封後の日焼け止めには、使用期限の差は生じるのでしょうか。まずは、開封前と開封後に分けて、「日焼け止めの使用期限」について、ご紹介していきます。

<開封前>

一般的には、日焼け止めの使用期限は、定められていないことの方が多いようです。薬機法では、3年以内に品質の変化が生じない場合には、使用期限の表示は、義務付けられていません。そのため、日焼け止めの使用期限は、未開封の場合には、3年程度と考えるとよいでしょう。なお、保管の際には、風通しの良い場所を選ぶようにしましょう。

<開封後>

開封後の日焼け止めは、できる限り、1年以内に使い切るようにしましょう。なぜならば、開封後に1年以上経過したときには、液体の酸化によって、変質してしまっているため、肌に合わなくなってしまう恐れもあるからです。特に、無添加の日焼け止めやノンケミカルの日焼け止めは、酸化の速度が速い傾向にあるようです。なお、日焼け止め効果を持つ成分自体は、劣化しないとされています。

使用期限がわからない日焼け止めをチェックするときのポイント

使用期限がわからない日焼け止めをチェックするときには、どのようなことがポイントになるのでしょうか。それでは、「使用期限がわからない日焼け止めをチェックするときのポイント」について、ご紹介していきます。

<においをかぐ>

使用期限がわからない日焼け止めをチェックするときのポイントの1つ目は、「においをかぐ」ことです。具体的には、日焼け止めに鼻を近づけて、嫌なにおいがしないかどうかをチェックしましょう。そして、異臭がした場合には、使わないようにしましょう。

<色をチェックする>

使用期限がわからない日焼け止めをチェックするときのポイントの2つ目は、「色をチェックする」ことです。具体的には、日焼け止めの色が変色していないかどうかをチェックしましょう。そして、日焼け止めの色が通常の色とは異なる場合には、使わないようにしましょう。例えば、チューブの周りなどに付着したクリームが劣化しているときなどは、変色を判断するための目安の一つになります。なお、クリームタイプの日焼け止めは、油分が多く含まれているため、比較的、変色しやすいようです。

<パッチテストをする>

使用期限がわからない日焼け止めをチェックするときのポイントの3つ目は、「パッチテストをする」ことです。日焼け止めのにおいや色に変化がないとしても日焼け止めを使うことに不安を感じる場合には、パッチテストをしてみるとよいでしょう。具体的には、腕や腿の内側など、皮膚の柔らかい部分に日焼け止めを塗ります。そして、24時間程度、経過を観察します。もし、肌に赤みやかぶれが生じた場合には、使わないようにしましょう。

使用期限までに日焼け止めを使い切るコツ

日焼け止めの使用期限とは?/Photo by Rido

使用期限までに日焼け止めを使い切るためには、どのようなコツが必要になるのでしょうか。それでは、「使用期限までに日焼け止めを使い切るコツ」について、ご紹介していきます。

<むらなく適量を塗る>

使用期限までに日焼け止めを使い切るコツの1つ目は、「むらなく適量を塗る」ことです。まず、日焼け止めを顔に塗る場合には、適量を手に取りだしてから、おでこ、鼻、両頬、あごなど、顔のパーツごとに塗っていくようにしましょう。これに対して、日焼け止めを首から下の部位に塗る場合には、その部位に直接日焼け止めを塗っていきます。手のひらを肌に密着させるようにしながら、十分に日焼け止めを塗りこむようにしましょう。

<こまめに塗りなおす>

使用期限までに日焼け止めを使い切るコツの2つ目は、「こまめに塗りなおす」ことです。こまめに日焼け止めを塗りなおして、紫外線から肌を守るようにしましょう。日焼け止めを塗ってから一定の時間が経過したときや汗で日焼け止めが流れたときなどには、日焼け止めを塗りなおすようにしましょう。

<通年で携帯する>

使用期限までに日焼け止めを使い切るコツの3つ目は、「通年で携帯する」ことです。紫外線は、春や夏だけではなく、一年中降り注いでいます。そのため、お出かけの際には、日焼け止めを持ち歩き、こまめに塗ることによって、紫外線対策を欠かさないことが大切です。常に日焼け止めを持ち歩き、こまめに塗っていれば、1年以内に使い切ることも難しくないでしょう。

日焼け止めを適切に使い切るためには?

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、紫外線対策のためには、春や夏に日焼け止めを使うだけでは不十分です。使用期限がわからない日焼け止めをチェックするときのポイントを身につけ、かつ通年で携帯するなど、日焼け止めの使い方を見直せば、日焼け止めを適切に使い切ることもそれほど難しいことではなくなるでしょう。(modelpress編集部)