ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

レーヨン素材のシワを防ぐためには?洗濯・アイロン・保管時の注意点

皆様は、レーヨンという繊維をご存知でしょうか。レーヨンは、多くの洋服の生地に使われている繊維です。その特徴である光沢は、とても印象的です。また、その見た目は、絹にも似ているため、とても美しい繊維であるということもできるでしょう。しかしながら、レーヨンは、とてもデリケートな繊維であるため、レーヨンが使われた洋服の洗濯・アイロン・保管時には、多くの注意点が存在します。正しい洗濯・アイロン・保管をしなければ、レーヨンが持つ美しさは、簡単に失われてしまうでしょう。それでは、レーヨンが使われた洋服の洗濯・アイロン・保管時には、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。本稿では、この問いに答えるため、レーヨンの特徴やレーヨンが使われた洋服の取り扱い方について、ご紹介していきます。

レーヨン素材のシワを防ぐためには?洗濯・アイロン・保管時の注意点/Photo by racorn

レーヨンが使われた洋服はシワになりやすい?

レーヨンとは、どのような繊維なのでしょうか。まずは、レーヨンに関する基礎的な知識について、ご紹介していきます。

<レーヨンとは?>

レーヨンは、木材から作られる化学繊維の一つです。「再生繊維」と呼ばれることもあります。レーヨンの特徴としては、その光沢が挙げられます。なお、見た目は、絹にも似ています。

<レーヨンの特徴>

レーヨンの特徴としては、1.高いドレープ性、2.高い吸湿性、3.摩擦への低い耐久性を挙げることができるでしょう。なお、レーヨンは、シワになりやすい繊維の一つとしても挙げられます。

<レーヨンが使われた生地がシワになりやすい理由>

レーヨンは、植物由来の繊維の一つです。植物由来の繊維には、変形すると元に戻りにくいという特徴があります。そのため、レーヨンの生地が使われた洋服は、着用や洗濯の際、折り曲げて変形した状態のまま放置するとシワになってしまいます。

レーヨンが使われた洋服を取り扱う際の注意点

レーヨンが使われた洋服を取り扱う際には、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。それでは、「レーヨンが使われた洋服を取り扱う際の注意点」について、ご紹介していきます。

<洗い方>

レーヨンが使われた洋服を洗う際には、必ず洗濯表示を確認するようにしましょう。もし、「家庭での洗濯はできません」という洗濯表示の場合には、ドライクリーニングに出す必要があります。なお、レーヨンが使われた洋服を自ら洗う場合には、手洗いをすることをお勧めします。なぜならば、レーヨンは、水分を含むと縮みやすい繊維ですが、手洗いであれば、繊維の縮みを小さくすることができるからです。もし、洗濯機で洗う場合には、洗濯ネットに入れて、コースは「ドライコース(手洗いコース)」を選ぶようにしましょう。また、脱水は、できる限り短くするようにしましょう。

<干し方>

レーヨンが使われた洋服を干す際には、風通しの良い日陰を選び、平干しするようにしましょう。なお、レーヨンが使われた洋服は、ハンガーにかけて干すと伸びやすいため、ハンガーにかけて干すことは、避けた方がよいでしょう。

<保管方法>

レーヨンが使われた洋服を保管する際には、しっかりと乾燥させて、タンス用またはクローゼット用の乾燥剤とともに保管するようにしましょう。なぜならば、レーヨンは、吸湿性が高い繊維であるからです。なお、虫食いにも注意するようにしましょう。

レーヨンが使われた洋服についたシワのとり方とシワの予防方法

レーヨン素材のシワの防ぎ方を紹介/Photo by Africa Studio

レーヨンが使われた洋服についたシワは、どのようにとればよいのでしょうか。また、レーヨンが使われた洋服のシワは、どのように予防すればよいのでしょうか。それでは、「レーヨンが使われた洋服についたシワのとり方とシワの予防方法」について、ご紹介していきます。

<シワのとり方>

レーヨンが使われた洋服についたシワをとるときには、アイロンを使用します。その際、必ず洗濯表示を確認するようにしましょう。レーヨンは、高温に弱い繊維であるため、アイロンについては、低温または中温が指定されていることがほとんどです。また、あて布が必要か否かについても確認するようにしましょう。なお、レーヨンは、水に弱い繊維なので、スチームは、使わないようにしましょう。

<シワの予防方法>

レーヨンが使われた洋服は、着用するたびに吊り干しして、休ませることが大切です。着用するたびに吊り干しすることによって、シワの発生を防ぎやすくなります。なお、吊り干しする際には、数日間干しておくとよいとされています。

レーヨンが持つ美しさを少しでも長く楽しむためには?

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、レーヨンは、とても美しい繊維ではありますが、その取り扱い方には、様々な注意も必要です。本稿を参考にしながら、正しい洗濯・アイロン・保管をすることによって、レーヨンが持つ美しさを少しでも長く楽しまれてください。(modelpress編集部)