ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

洗顔のタイミングはいつがベスト?肌に負担をかけない洗い方

皆様は、いつ洗顔をされていますか。特に意識したことがないという方も少なくないかもしれませんが、洗顔には、適切なタイミングがあります。また、洗顔は、タイミングに加えて、洗い方も大切です。なぜならば、洗い方によっては、かえって肌の乾燥を招いてしまうことも少なくないからです。それでは、洗顔は、いつ行うのがベストなのでしょうか。また、どのように洗えばよいのでしょうか。本稿では、これらの問いに答えるため、1.洗顔のタイミング、2.正しい洗顔の方法、3.洗顔時の注意点について、ご紹介していきます。

洗顔のタイミングはいつがベスト?肌に負担をかけない洗い方/Photo by Rido

洗顔のタイミングはいつがベスト?

洗顔は、いつ行うことがベストとされているのでしょうか。まずは、「洗顔のタイミング」について、ご紹介していきます。

<洗顔は朝と夜の2回が基本>

一般的には、朝と夜、1日に2回の洗顔が基本であるとされています。朝の洗顔は、寝ている間に付着してしまった皮脂や汚れを落とすことが主な目的です。これに対して、夜の洗顔は、1日の汚れを落とすことが主な目的です。

<朝の洗顔は、起きてからすぐに行う>

朝の洗顔は、起きてからすぐに行うとよいでしょう。そして、洗顔後には、保湿も忘れないようにしましょう。起きてからすぐに洗顔と保湿を行うことによって、肌に乳液がなじみやすくなるため、メイクもやりやすくなります。

<夜の洗顔は、入浴時がベスト>

入浴時の洗顔は、髪の毛や体を洗い終えてから、最後に行うとよいでしょう。なぜならば、髪の毛や体を洗い終えた後には、毛穴が開いた状態になっているため、汚れも落としやすくなっているからです。また、入浴直後に洗顔を行った場合には、入浴中に肌が乾燥してしまう恐れもあります。

正しい洗顔の方法

洗顔は、どのように行うことが正しい方法とされているのでしょうか。それでは、「正しい洗顔の方法」について、ご紹介していきます。

<ステップ1:顔を濡らす>

洗顔の前には、必ず手を洗い、手に付着した油分や汚れを落としましょう。手を洗った後は、水かぬるま湯で顔を濡らしていきます。

<ステップ2:洗顔料を泡立てて、顔を洗う>

洗顔料は、しっかりと泡立てるようにしましょう。そして、泡立てた洗顔料を肌の上で転がすようにして、やさしく洗っていきます。なお、皮脂の量が多いTゾーンや小鼻については、特に丁寧に洗うようにしましょう。

<ステップ3:ぬるま湯で洗い流す>

洗顔料は、ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。髪の毛の生え際やフェイスラインなどは、洗い残しが発生しやすいので、特に注意が必要です。なお、熱いお湯は、皮脂を落としすぎてしまう恐れもあるので、避けるようにしましょう。

<ステップ4:水気をとる>

洗顔後には、タオルでやさしく肌を押さえるようにして、水気をとっていきます。その際、ゴシゴシと強くこすらないようにしましょう。そして、水気をとった後は、速やかにスキンケアを行うようにしましょう。なお、スキンケアの際には、化粧水、美容液、乳液、クリームなどを使うとよいでしょう。

洗顔時の注意点

洗顔のタイミングを紹介/Photo by Syda Productions

洗顔時には、どのようなことに注意をすればよいのでしょうか。それでは、「洗顔時の注意点」について、ご紹介していきます。

<1日2回までにする>

洗顔時の注意点の1つ目は、「1日2回までにする」ことです。1日に2回を超える洗顔を行うことは、避けるようにしましょう。なぜならば、必要な皮脂が失われてしまうことによって、かえって肌が乾燥する原因になってしまうこともあるからです。

<朝も洗顔料を使用する>

洗顔時の注意点の2つ目は、「朝も洗顔料を使用する」ことです。寝ている間には、皮脂や汚れが付着します。そのため、朝の洗顔の際にもぬるま湯だけで洗うのではなく、洗顔料を使用して洗うようにしましょう。なお、乾燥肌の方やニキビにお悩みの方などは、低刺激の洗顔料を使用するとよいでしょう。

<洗顔料はしっかりと泡立てる>

洗顔時の注意点の3つ目は、「洗顔料はしっかりと泡立てる」ことです。泡立ちが不十分な場合には、汚れを落としにくくなってしまいます。また、肌への負担も大きくなりがちになります。

洗顔のタイミングや方法を見直してみよう!

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、洗顔には、適切なタイミングと方法があります。誤った洗顔では、かえって肌に負担をかけてしまっていることも少なくありません。肌のトラブルやメイクの仕上がりなどに悩みを抱えている方は、本稿をきっかけにして、洗顔のタイミングや方法について、見直されてみてはいかがでしょうか。(modelpress編集部)