ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

転職活動でモチベーションを維持する3つのコツ<アパレル店員向け>

【アパレル/モデルプレス】転職活動中は自分の思い通りにいかないこともあります。自分に合った転職先を見つけられなかったり、不採用になってしまったり肉体的にも精神的にも疲れが溜まってしまいます。また気持ちが落ち込んでしまうと転職活動へのモチベーションも維持できなくなってしまいます。今回は、転職活動中にモチベーションを維持する方法や疲れを溜めない方法をご紹介します。

転職活動でモチベーションを維持する3つのコツ<アパレル店員向け>/Photo by Stock Rocket

転職中にモチベーションが下がる理由

転職へのモチベーションが下がってしまう人は少なくありません。では、転職中にモチベーションが下がる理由についてご紹介します。

<自信がなくなる>

転職活動中に不採用が続いてしまうと、「次もまた受からないかもしれない」と不安になってしまいます。このように落ち込んでしまうと、モチベーションが下がってしまいます。1度落ち込んでしまうとなかなかモチベーションを上げることが難しくなってしまいます。

<良い求人が見つからない>

なかなか自分の希望に合った求人がないと壁にぶち当たることもあります。良い求人が見つからないと、その後の履歴書の作成や面接の練習などに臨むモチベーションが上がりません。

<転職活動で疲れる>

早く転職先を見つけるために、面接などのスケジュールを詰め込みすぎることがあります。履歴書の記入や面接会場への移動など転職活動は、疲れが溜まります。疲れが溜まるとその反動で急にやる気を失ってしまう場合があります。また、肉体的に疲れていると思考もネガティブになりやすく、モチベーションの低下にもつながります。

【モチベーション維持のコツ1】目標を明確にする

まずはモチベーションを維持するには目標を持ちましょう。それでは、目標を明確にする方法についてご紹介します。

<転職の条件を具体的に設定する>

転職活動をする際、まずは転職の条件を具体的に設定しましょう。「なんとなく良い求人」など曖昧な条件では、いつまでも転職先を決めることができません。具体的な設定が難しい場合でも、最低限ゆずれない条件だけは決めましょう。少しずつ条件を決めていくことで自分が重要としている条件が見つかる場合もあります。

<転職の目標を具体的に設定する>

転職先の条件を絞ったら、次は転職後の目標を具体的に設定しましょう。「転職後○年以内に副店長になる」「働きながら経営を学んで、○年後にエリアマネージャーになる」など期間を区切って具体的に設定するのがポイントです。

【モチベーション維持のコツ2】落ちても気にしない

転職活動中にモチベーションを維持するコツ/Photo by BONNINSTUDIO

落ち込んでしまうこともありますが、気持ちの切り替えがモチベーションの維持につながります。では、不採用だったときに気持ちを整理するコツについてご紹介します。

<不採用の連絡に毎回落ち込まない>

不採用の連絡で毎回落ち込んでいては、精神的な疲れが溜まってしまいやる気もなくなってしまいます。不採用の理由は自分の能力不足だけではないことを理解しましょう。不採用になる時は、自分の能力不足だけではなく、入社可能時期のズレや企業とのミスマッチなど、採用側の事情もあります。不採用の理由が全て自分に原因があると思わないように気を付けましょう。

<開き直る気持ちも大切>

不採用の連絡を受けた時に「自分には合わないブランドだった」と開き直ることも落ち込まないためのポイントです。不採用になった時に、ずっと落ちたことばかり考えていては次に進むことができません。落ちた理由を考え、次につなげられる反省をしたらすぐに気持ちを切り替えましょう。気持ちを切り替えることで、前回の面接の反省を次へ活かすことができます。また面接は回数を重ねることで、緊張もほぐれて上手く回答できるようになります。このように何度も面接を受けることにもメリットがあるので、不採用になったからといって「受けたのがムダだった」と落ち込まないようにしましょう。

【モチベーション維持のコツ3】ストレスを溜めない

ストレスを溜めると肉体的にも精神的にも悪影響を与えてしまいます。それでは、ストレスを溜めない方法についてご紹介します。

<転職活動から一旦離れてみる>

転職活動へのモチベーションが下がってしまった時は、1度転職活動をやめてみるのもオススメです。転職活動をリセットすることで、気持ちを整理することができます。一旦転職活動から離れてみることで、客観的に現状を把握することができ次へのモチベーション維持へつなげることができます。

<メリハリをつける>

だらだらと一日中、毎日転職活動をしているとストレスが溜まっていってしまいます。疲れたまま転職活動を続けても余計に上手くいきません。ストレスを溜めない転職活動で必要なのは、メリハリをつけた生活をすることです。1日のうちに気分転換の時間を設けたり、1週間のうち休む日を入れたりしましょう。例えば「面接が終わったら友人とランチに行く」や「1つ書類選考に通過したら映画を観に行く」などと決めストレス発散をすることで転職活動へのモチベーション維持にもつながります。

転職活動は自分との付き合い方が重要

いかがでしたでしょうか?転職活動中は転職先が見つからなかったり希望した転職先で採用をもらえなかったり、上手くいかないことが少なくありません。気持ちが沈んでしまうこともありますが、転職活動で成功するためには気持ちの切り替えが大切です。是非、モチベーションを維持するコツを理解して、自分と上手く付き合いながら転職活動を行いましょう。(modelpress編集部)