ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

香りを使った店舗作りとは?嗅覚を通じたブランディングの効果

【アパレル/モデルプレス】「香りを使った店舗作り」とは、どのようなものなのでしょうか。そして、それにはどのような効果があるのでしょうか。「嗅覚を通じたブランディング」は、現在もっとも注目されているマーケティング手法の一つです。それでは、香りを活用した店舗作りの効果についてご紹介します。

香りを使った店舗作りとは?嗅覚を通じたブランディングの効果/Photo by Photographee.eu

香りを使ったブランディング

「香りを使ったブランディング」とは、どのようなものなのでしょうか。まずは、香りを使ったブランディングについてご紹介します。

<香りによるブランディングとは?>

「香りによるブランディング」は、比較的新しいマーケティング手法であるといえるでしょう。これは、人間の嗅覚を通じてブランディング効果を発揮する方法です。専門的には、「ブランドセント」と呼ばれています。

<世界中で取り入れられている>

香りによるブランディングは、現在では「世界中で取り入れられている」といってよいでしょう。特に、ラグジュアリーブランドで、多く取り入れられている傾向にあります。また最近では、自社のブランドイメージに合った独自の香りを開発している企業もあります。

香りを活用した空間デザインの効果

「香りを活用した空間デザインの効果」とは、どのようなものなのでしょうか。それでは、香りを活用した空間デザインの効果についてご紹介します。

<香りは脳に影響する>

香りを活用した空間デザインの効果の1つ目は、「香りは脳に影響する」ということです。香りは、「人間の記憶に直結する」といわれています。これに加えて、理性ではコントロールしきれない、「感情」などにも影響を及ぼすとされています。

<リラックス効果がある>

香りを活用した空間デザインの効果の2つ目は、「リラックス効果がある」ということです。香りを活用することで、お客様に、店舗でリラックスしながら、買い物を楽しんでいただくことが可能になります。そして、これには、「お客様の店舗での滞在時間を延長させる」という効果も、同時に期待できます。

<店員にも効果的>

香りを活用した空間デザインの効果の3つ目は、店舗で働く「店員にも効果的」ということです。つまり、香りを活用することで、お客様が心地よく買い物ができるということだけではなく、店員も心地よく働くことができるということです。これに加えて、職場環境のストレスなどを改善する効果も期待できます。

<競合他社と差別化できる>

香りを活用した空間デザインの効果の4つ目は、「競合他社と差別化できる」ということです。たとえば、香りを活用することで、お客様の無意識のうちに、ブランドのイメージを浸透させることも可能です。これは特に、ショッピングモールなど数多くの店舗が並んでいる場所で効果があるといわれています。

店舗で香りを取り入れる際の注意点

香りを活用した店舗作りの効果を紹介/Photo by Getty Images

「店舗で香りを取り入れる際の注意点」とは、どのようなものなのでしょうか。それでは、店舗で香りを取り入れる際の注意点についてご紹介します。

<香りには好みがある>

店舗で香りを取り入れる際の注意点の1つ目は、「香りには好みがある」ということです。たとえば、あるお客様にとっては「心地よい」香りであっても、その香りが必ずしも「万人受けする」香りであるとは限りません。したがって、香りを導入する前に、できるだけ多くの人に、導入を検討している香りに対する「印象」や「好き嫌い」などを確認しておくとよいでしょう。

<ブランドイメージに合わせる>

店舗で香りを取り入れる際の注意点の2つ目は、「ブランドイメージに合わせる」ということです。たとえば、「かっこいい」イメージのブランドで、「甘い」香りはNGであるといわれています。つまり、香りとブランドの印象は、合わせなければならないということです。

<香りの強さが大切>

店舗で香りを取り入れる際の注意点の3つ目は、「香りの強さが大切」ということです。実は、どんなに良い香りであっても、それが強すぎてしまうと、香りに対する印象は悪くなってしまうということが知られています。たとえば、店舗の「広さ」などによって、香りの強さは変わってくるでしょう。したがって、店舗の広さなどに合わせて、適度な香りの強さに調整する必要が出てくるということになります。これに加えて、香りを店内全体に行き渡るようにするということも、とても大事になります。したがって、香りが強いところと香りが弱いところの差が、店内に出てこないように、心がけていくようにしましょう。

香りを使った店舗作りで、競合他社と差をつける

いかがでしたでしょうか?「香りを使った店舗作り」には、様々な効果があります。「香りを活用した空間デザイン」を用いることで、競合他社と差別化することも可能になります。ただし、これには注意点も存在します。「香りを活用した空間デザインの効果」を正しく理解し、そして実践することで、競合他社と差をつけていくようにしましょう。(modelpress編集部)