ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

アパレル業界の社割事情とは?自社ブランドの商品をお得に購入!

【アパレル/モデルプレス】「アパレル業界の社割事情」とは、どのようなものなのでしょうか。当然のことではありますが、社割制度を上手に活用すれば、「自社ブランドの商品をお得に購入」することが可能になります。それでは、アパレル業界の社割制度についてご紹介します。

アパレル業界の社割事情とは?自社ブランドの商品をお得に購入!/Photo by g-stockstudio

アパレル業界の社割事情

そもそも、「アパレル業界の社割事情」とは、どのようなものになっているのでしょうか。まずは、アパレル業界の社割事情についてご紹介します。

<アパレル業界の社割制度の目的>

「アパレル業界の社割制度の目的」とは、どのようなものなのでしょうか。それは、一言でいうならば、「従業員に自社の洋服の購入を促すため」であるということができるでしょう。つまり、企業側としては、従業員に自社の洋服を着てもらうことで、従業員自ら「ブランドイメージ」を体現してもらいたいという狙いがあると考えられます。アパレル店員が、自社の洋服を素敵に着こなしていれば、よりお客様からの注目を集めることが可能になるでしょう。ちなみに、これは、「マネキンへの着せ付け」や「売り場陳列」などよりも、効果的な場合があると言われています。

<社割制度の目安>

「社割制度の目安」とは、どの程度のものなのでしょうか。これは、当然のことではありますが、企業によって異なります。そして、大半の企業が、社割制度による割引率を、非公開にしています。ただ、一般的には、3~5割程度の割引率のブランドが多いと言われています。ちなみに、低価格帯のブランドの場合は、1割程度の割引率のケースもあるようです。

知っておきたい社割の3つの特徴

アパレル業界において、社割制度を活用する際には、「知っておきたい3つの特徴」があると言われています。それでは、アパレル業界における社割制度の特徴についてご紹介します。

<割引対象は新作商品のみのケースが多い>

アパレル業界における社割制度の特徴の1つ目は、「割引対象は新作商品のみのケースが多い」ということです。割引対象は新作商品のみのケースが多いのは、なぜなのでしょうか。それは、新作商品の場合、在庫が豊富にあるケースが少なくないということが、その理由となっているようです。繰り返しになりますが、社割制度を活用すれば、新作商品をお得に購入することが可能になります。ちなみに、いわゆる「定番商品」の中にも、在庫が豊富にある「人気商品」などの場合は、社割制度が使えるものもあるようです。

<支払方法はさまざま>

アパレル業界における社割制度の特徴の2つ目は、「支払方法はさまざま」であるということです。例えば、主な支払方法としては、「商品を店頭で購入する」、「申込書で取り寄せる」などが挙げられます。これらの支払方法以外にも、「その場で支払い」のケースや、「給与から天引きされる」ケースもあります。

<転売禁止が一般的>

アパレル業界における社割制度の特徴の3つ目は、「転売禁止が一般的」であるということです。当然のことではありますが、転売が認められてしまうと、企業側としては、自社商品を「正規の値段」で販売することができなくなってしまいます。したがって、基本的には、転売禁止が一般的なルールとなっています。ちなみに、いわゆる「アパレル店員あるある」の代表的なもののひとつである、「毎度、新商品を購入するため、服の量に困る」は、多くの場合、このことが原因となっているようです。

社割の上手な利用方法

アパレル業界の社割制度を紹介/Photo by g-stockstudio

「社割の上手な利用方法」とは、どのようなものなのでしょうか。それでは、社割を使って商品を購入する時のポイントについてご紹介します。

<ブランドを代表するデザインを買う>

社割を使って商品を購入する時のポイントの1つ目は、「ブランドを代表するデザインを買う」ことです。なぜならば、いわゆる「ブランドの特徴がよく表れた商品」を購入すれば、店頭に立つ際に、長く愛用することができると考えられるからです。加えて、ブランドを代表するデザインは、いわゆる「流行り廃り」がないものであるケースがほとんどです。ちなみに、ブランドを代表するデザインの商品を購入しておけば、例えば、プライベートで、おしゃれをして出かけるようなときにも、着用することができるでしょう。

<長く使えるアイテムを買う>

社割を使って商品を購入する時のポイントの2つ目は、「長く使えるアイテムを買う」ことです。それでは、「長く使えるアイテム」とは、どのようなものがあるのでしょうか。例えば、「着回ししやすいベーシックなアイテム」が、その代表的なものとして、挙げることができるでしょう。このほかにも、「他社ブランドの商品にも合うデザイン」のアイテムなども、長く使えるアイテムといってよいのではないでしょうか。

社割を上手に使って、他のアパレル店員に差をつける

いかがでしたでしょうか?ここまでご紹介してきたように、社割制度を上手に活用することができれば、自社ブランドの商品をお得に購入することが可能になります。これは、ある意味では、アパレル店員の「特権」ということもできるでしょう。社割制度を上手に活用して、他のアパレル店員に差をつけましょう。(modelpress編集部)