ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

もうメイク下手とは言わせない!アカ抜けるためのテクニックとは?

【コスメ/モデルプレス】メイクが上手くないと悩んでいる女性は意外と少なくありません。メイクは自分の持っている美しさを引き立てるもの。その引き立て方を知らないと、たとえ美人であってもそうは見えなくなってしまうものです。本稿では、メイクが上手になるために意識したいポイントについて、ご紹介していきます。

もうメイク下手とは言わせない!アカ抜けるためのテクニックとは?(Photo by Miramiska/Fotolia)

メイク下手さんが陥りやすい注意点

「メイク下手さんが陥りやすい注意点」とは、どのようなものなのでしょうか。まずは、メイク下手さんが陥りやすい注意点について、ご紹介していきます。

<ファンデーションの厚塗り>

注意点の1つ目は、「ファンデーションの厚塗り」です。ファンデーションを厚塗りしてしまうと、メイクが崩れやすくなってしまいます。したがって、ファンデーションは、顔全体に同じ厚さで塗るのではなく、顔のそれぞれの部分によって、塗り分けるようにすることが必要なのです。

<長すぎるアイライン>

注意点の2つ目は、「長すぎるアイライン」です。一般的には、アイラインを不自然な長さにまでひいてしまうと、「悪目立ち」をしやすいと言われています。したがって、アイラインは、目尻に合わせて止めるか、目を閉じた際に「自然なカーブ」となるように流すようにするとよいでしょう。また、アイラインの長さについては、目の際の幅よりも、少しだけ長くするようにするとよいでしょう。

<目の周囲を囲む黒色のアイライン>

注意点の3つ目は、「目の周囲を囲む黒色のアイライン」です。一般的には、黒色のアイラインで目の周りを囲むと、「威圧的な印象」を与えてしまう恐れがあると言われています。アイラインについては、「強調したい箇所」だけにとどめるように心がけましょう。

<リップグロスの塗りすぎ>

注意点の4つ目は、「リップグロスの塗りすぎ」です。一般的には、リップグロスをつけすぎてしまうと、「下品な印象」を与えてしまうことがあると言われています。加えて、口紅が歯についてしまう恐れもあり、「見た目の印象」についても、良いとは言えなくなってしまうでしょう。

ベースメイクを上達させるポイント

「ベースメイクを上達させるポイント」とは、どのようなものなのでしょうか。それでは、ベースメイクを上達させるポイントについて、ご紹介していきます。

<保湿ケアをする>

ベースメイクを上達させるポイントの1つ目は、「保湿ケアをする」ことです。化粧水、乳液、美容オイルなどを用いて、保湿ケアを丁寧に行うことで、「化粧のり」が良くなると言われています。化粧をする前には、必ず保湿ケアを丁寧に行うように心がけましょう。

<ファンデーションの色を肌全体の色と合わせる>

ベースメイクを上達させるポイントの2つ目は、「ファンデーションの色を肌全体の色と合わせる」ことです。つまり、ファンデーションは、自肌の色と合うものを選ぶようにしましょう。首やデコルテの色と、顔の色が違うと、顔が浮いて見えてしまうことがあります。したがって、ファンデーションを購入する際には、店頭において、手の甲などの上で試し塗りをしてから選ぶようにするとよいでしょう。

<チークは軽く塗る>

ベースメイクを上達させるポイントの3つ目は、「チークは軽く塗る」ことです。一般的には、チークを濃く塗ってしまうと、不自然に見えてしまう恐れがあると言われています。したがって、チークを塗る際には、ブラシに付けてから、一度手の甲でチークを少し落とした後に塗るようにするとよいでしょう。ちなみに、チークを塗る位置については、笑顔になった時に、頬が一番高くなる位置に塗るとよいと言われています。

アイメイクを上達させるポイント

「アイメイクを上達させるポイント」とは、どのようなものなのでしょうか。それでは、アイメイクを上達させるために意識したいポイントについて、ご紹介していきます。

<肌色との相性が良いアイシャドウを選ぶ>

アイメイクを上達させるポイントの1つ目は、「肌色との相性が良いアイシャドウを選ぶ」ことです。一般的には、アイシャドウは、肌の色との相性が良いものを選ぶようにするとよいと言われています。なぜならば、アイシャドウと肌の色との相性が悪いと、アイメイクが「悪目立ち」してしまいやすいと言われているからです。したがって、アイシャドウを購入する際には、実際にアイシャドウの「発色」を確認してから、購入するか否かを決定するようにするとよいでしょう。

<アイシャドウは自然なグラデーションにする>

アイメイクを上達させるポイントの2つ目は、「アイシャドウは自然なグラデーションにする」ことです。アイシャドウを塗る際には、まずは目の際にアイシャドウを濃い目に塗り、その後少しずつ薄めていくようにするとよいでしょう。つまり、アイシャドウを塗る際には、異なる色をなじませることで、上手なグラデーションを作ることが大切であるということになります。

<マスカラの色とアイブローの色を合わせる>

アイメイクを上達させるポイントの3つ目は、「マスカラの色とアイブローの色を合わせる」ことです。一般的には、マスカラの色とアイブローの色が異なっていると、「ちぐはぐ感」が出てしまうと言われています。したがって、マスカラの色とアイブローの色については、髪色も意識した「自然な色」を選択するようにすると、それぞれをなじませやすくすることができるのです。

リップメイクを上達させるポイント

メイクが上手になるためのポイントを紹介/Photo by ERainbow

「リップメイクを上達させるポイント」とは、どのようなものなのでしょうか。それでは、リップメイクを上達させるポイントについて、ご紹介していきます。

<ほかのパーツとのバランスを取る>

リップメイクを上達させるポイントの1つ目は、「ほかのパーツとのバランスを取る」ことです。したがって、例えば、アイメイクを濃くした場合には、リップメイクに関しては、控えめな印象にするとよいでしょう。一般的には、すべて濃いメイクにしてしまうと、バランスが悪く見えてしまうと言われています。そのメイクの中で、「特に強調したいポイント」を考えて、メイクをすることが必要なのです。

<チークの色と合わせる>

リップメイクを上達させるポイントの2つ目は、「チークの色と合わせる」ことです。リップメイクの色とチークの色の相性が合っていないと、「ちぐはぐ」に見えてしまうと言われています。例えば、リップメイクの色がピンク色で、チークの色がオレンジ色という組み合わせなどが、代表的なものとして挙げることができるでしょう。したがって、リップメイクの色は、チークの色と合わせて選ぶことが大切になります。

メイクが上手になるために意識したいポイントで、他の女性に差をつける

いかがでしたでしょうか?ここまで確認してきたように、それぞれのパーツのメイクを上達させるためのポイントは、たくさんあります。本稿でご紹介させていただいた内容を参考にして、他の女性に差をつけましょう。(modelpress編集部)