ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

「奥二重」をメイクする際のポイント 印象的な目元に仕上げるには?

【コスメ/モデルプレス】奥二重を持つ方は、メイクの際に、苦労をすることが多いようです。しかしながら、実際は、奥二重には、たくさんの魅力があるといわれています。奥二重をメイクする際のポイントを押さえることができていれば、それらの魅力を引き出すことができるのです。それでは、どのようにメイクを行えば、奥二重の魅力を引き出すことができるのでしょうか。本稿では、奥二重の魅力と、奥二重をきれいに見せるメイクの方法について、ご紹介していきます。

「奥二重」をメイクする際のポイント 印象的な目元に仕上げるには?/Photo by Mike Laptev

「奥二重」の特徴と魅力とは?

そもそも、奥二重には、どのような特徴があると考えられるのでしょうか。また、奥二重には、どのような魅力があるのでしょうか。まずは、奥二重の特徴と魅力について、ご紹介していきます。

<奥二重とは?>

奥二重とは、一般的には、「瞼の厚みやたるみが二重のラインにかぶって、一重瞼に見える状態」のことを指します。また、「二重のラインが狭い」もしくは「二重のラインが薄い」状態であっても、奥二重と呼ばれることが多いようです。加えて、「蒙古ヒダ」の影響によって、奥二重に見えることもあります。ちなみに、蒙古ヒダとは、「上瞼の内側から目頭にかけて覆いかぶさっている皮膚」のことです。

<奥二重の魅力>

それでは、奥二重の魅力とは、どのようなものがあると考えられるのでしょうか。奥二重は、一般的には、メイクによって、さまざまな印象を与えることができるといわれています。このことが、奥二重の最大の魅力であるといってよいでしょう。例えば、「きりっとした印象」や「かわいい印象」、また「優しい印象」などにすることが可能であるといわれています。

メイクで奥二重をきれいに見せるポイント

奥二重をきれいに見せることができるメイクをするためには、どのようなことがポイントになってくるのでしょうか。ここからは、奥二重を魅力的に見せるメイクの方法について、主なものを4つご紹介していきます。

<明るい色のアイシャドウを使う>

奥二重を魅力的に見せるメイクの方法の1つ目は、「明るい色のアイシャドウを使う」という方法です。アイシャドウを使うことによって、二重の幅を消してしまわないようにしましょう。一般的には、「ナチュラルな明るい色」を使うことで、まつげを長く見せることができるといわれています。このようなメイクを行うことで、目元がぱっちりとした明るい印象にすることができると考えられています。

<目の縦幅を広く見せる>

奥二重を魅力的に見せるメイクの方法の2つ目は、「目の縦幅を広く見せる」という方法です。一般的には、下まつげと涙袋を強調することで、目の縦幅を長く見せることができ、そうすることによって、目全体を大きく見せることができるといわれています。ちなみに、目の横幅だけを強調すると、目が切れ長に見えるため、「きつい印象」になりやすいと考えられています。

<アイラインを目の際にひく>

奥二重を魅力的に見せるメイクの方法の3つ目は、「アイラインを目の際にひく」という方法です。具体的には、アイラインをまつげの付け根にひいていくようにしましょう。その際、アイラインは、一気に引くのではなく、片手で瞼を持ち上げながら、少しずつ引いていくようにするとよいでしょう。

<まつげを扇状に広げる>

奥二重を魅力的に見せる方法の4つ目は、「まつげを扇状に広げる」という方法です。マスカラを塗るときには、まつげ同士が、まとまってしまうことがないように、まつげの一本一本を広げるようにしましょう。その際、マスカラが「だま」の状態になってしまうことがないように、ティシュを使って余分なマスカラを取り除きながら、重ね塗りをしていくようにするとよいでしょう。

奥二重の人がメイクをする際の注意点

奥二重をきれいに見せるメイクを紹介(Photo by Miramiska/Fotolia)

奥二重の人がメイクをする際には、どのようなことに注意をすればよいのでしょうか。それでは、奥二重の人がメイクをする際の注意点について、主なものを3つご紹介していきます。

<アイラインを太く入れない>

奥二重の人がメイクをする際の注意点の1つ目は、「アイラインを太く入れない」ということです。奥二重の人は、目を開いた際に、アイラインが目立ってしまいがちであることが多いため、アイラインは、細目に入れるようにするとよいでしょう。その際、奥二重の部分が、自然に見えるような仕上がりとすることができるように、心がけましょう。

<黒いアイラインに注意する>

奥二重の人がメイクをする際の注意点の2つ目は、「黒いアイラインに注意する」ということです。奥二重の人が、黒いアイラインを使用すると、「目力」が強くなりすぎてしまう恐れがあります。したがって、奥二重の人は、ブラウンなど、自然な色のアイシャドウを使うようにするとよいでしょう。

<奥二重の部分に、暗い色のアイシャドウを塗らない>

奥二重の人がメイクをする際の注意点の3つ目は、「奥二重の部分に、暗い色のアイシャドウを塗らない」ということです。奥二重の人が、黒、ダークブラウンなどのアイシャドウを塗ると、奥二重の部分が暗い色で染まってしまい、「重たい印象」を与えてしまう恐れがあります。したがって、奥二重の人は、ライトブラウン、ベージュなど、「ナチュラルな色」のアイシャドウを塗るようにするとよいでしょう。

奥二重は、「武器」

いかがでしたでしょうか?ここまで紹介させていただいたように、確かに、奥二重の人がメイクをする際には、さまざまなことに注意をするべきであるといえるでしょう。しかしながら、それらの注意点をクリアし、正しくメイクを行うことができれば、奥二重は、「武器」にもなりえます。本稿でご紹介させていただいた内容を参考にして、奥二重を持つ他の女子に差をつけましょう。(modelpress編集部)