ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

「相手を傷つけたくない…」上手なデートの断り方とは?

【アパレル/モデルプレス】デートへの誘いを断らなければならない時には、誰であっても気まずい気持ちになってしまうものです。そして、できるものならば、相手を傷つけることなくデートを断りたいものです。どのようにすれば、上手にデートを断ることができるのでしょうか。本稿では、デートに誘われた時の上手な断り方について、ご紹介していきます。

上手なデートの断り方とは?相手を傷つけたくない…女子必見(photo-by-victoria_fox/Fotolia)

気になる人からデートに誘われた時の上手な断り方

気になる人からデートに誘われたにもかかわらず、断らなければいけない時には、どのようにすればよいのでしょうか。まずは、気になる人からデートに誘われた時の上手な断り方について、ご紹介していきます。

<デートに行けない理由を具体的に説明する>

気になる人からデートに誘われた時の上手な断り方の1つ目は、「デートに行けない理由を具体的に説明する」という方法です。デートへの誘いを受けている日に、どのような用事があるのか、具体的に説明するようにしましょう。「事実」を丁寧に伝えることで、相手に対して「誠意」を伝えることができるでしょう。

<デートに行きたいという気持ちを示す>

気になる人からデートに誘われた時の上手な断り方の2つ目は、「デートに行きたいという気持ちを示す」という方法です。具体的には、「デートに誘ってもらえて、うれしかった」という気持ちや、「デートへの誘いを受けることができず、残念」という気持ちを示すようにしましょう。その際、「残念さ」が相手へ伝わるように、配慮をするとよいでしょう。たとえば、会話をしているときであれば、「落胆した表情」を見せたり、SNSを用いて連絡をしているときであれば、「残念な表情の絵文字」を送ったりなどするとよいのではないでしょうか。そして、最後に、「次の機会には、必ず行きたい」と伝えることも忘れないようにしましょう。

<別の候補日を提案する>

気になる人からデートに誘われた時の上手な断り方の3つ目は、「別の候補日を提案する」という方法です。具体的には、「その日はだめだけど、この日はどう?」などと提案するとよいでしょう。そして、「行きたい場所」や「食べたいもの」など、デートに関する具体的な話をして、デートに対する積極性を見せるようにしましょう。そうすることによって、相手からのデートへの誘いを無駄にすることなく、将来のデートの予定を設定することができるかもしれません。

興味がない相手からデートに誘われた時の上手な断り方

それでは、興味がない相手からデートに誘われた時には、どのように断ればよいのでしょうか。ここからは、興味がない相手からデートに誘われた時の上手な断り方について、ご紹介していきます。

<好意がないことをさりげなく伝える>

興味がない相手からデートに誘われた時の上手な断り方の1つ目は、「好意がないことをさりげなく伝える」という方法です。あいまいな返答で断ってしまうと、かえって「気がある」と思われてしまうことがあるようです。したがって、たとえば、「忙しい」や「また今度」などと断るのではなく、今後もデートに行く気がないという旨を伝えるようにしましょう。たとえば、彼氏の存在をほのめかしたりすると、効果的であるといわれています。

<当分、予定が空きそうにないことを伝える>

興味がない相手からデートに誘われた時の上手な断り方の2つ目は、「当分予定が空きそうにないことを伝える」という方法です。具体的には、「資格試験」や「長期プロジェクト」など、別に集中したいことがあるという旨を伝えるようにするとよいでしょう。「恋愛に関心がないことをほのめかす」と、言い換えることもできるかもしれません。

<予定が空いたら、自分から連絡する旨を伝える>

興味がない相手からデートに誘われた時の上手な断り方の3つ目は、「予定が空いたら、自分から連絡する旨を伝える」という方法です。このように伝えることで、相手からのデートへの誘いが続くことをストップできると考えられます。「脈がない」ということが、相手に対して、暗に伝わりやすい方法であるといえるでしょう。

デートを断るときに気を付けたい注意点

上手な断り方を紹介(Photo by MRProduction)

デートを断るときには、気を付けておきたい注意点があるといわれています。それらは、どのようなことなのでしょうか。ここからは、デートを断るときに気を付けたい注意点について、主なものを3つご紹介していきます。

<ドタキャンしない>

デートを断るときに気を付けたい注意点の1つ目は、「ドタキャンしない」ことです。デートを断らなければならない時に限った話ではありませんが、前日や当日になってからの「やっぱり行けない」は、絶対に避けるようにしましょう。もし、気になる相手からの誘いに対してドタキャンしてしまった場合、それ以降はデートに誘ってもらえなくなってしまうこともあるでしょう。したがって、スケジュールの管理は、慎重に行うように心がけましょう。もし、どうしてもドタキャンせざるを得ない状況に陥ってしまった場合には、ドタキャンしなければならなくなってしまった理由を正直に話しましょう。

<誘いを無視しない>

デートを断るときに気を付けたい注意点の2つ目は、「誘いを無視しない」ことです。メールやSNSを通して届いたデートの誘いを無反応でやり過ごすことは、NGとなります。そのあとの人間関係に傷がついてしまったり、相手から恨まれてしまったりする危険性もありますので、注意しましょう。

<露骨に嫌悪を示さない>

デートを断るときに気を付けたい注意点の3つ目は、「露骨に嫌悪を示さない」ことです。不機嫌な表情を見せたり、あえて相手を傷つけたりするようなことは、絶対に避けるようにしましょう。たとえば、「興味がない」「タイプではない」などと伝えてしまうことは、NGであると考えられます。これに対して、相手に直接かかわることではない原因を伝えれば、角を立ちにくくすることができるでしょう。たとえば、「仕事が、長期間忙しい」「土日は、実家に帰省することが多く、外出できない」などは、角が立ちにくい断り方といえるでしょう。

デートを上手に断るのは「大人のマナー」

いかがでしたでしょうか?デートの上手な断り方は、「大人のマナー」の一つであるといってもよいかもしれません。デートの断り方次第で、その後の人間関係も変わってくることでしょう。本稿で紹介させていただいたデートの断り方を参考にして、他のアパレル女子に差をつけましょう。(modelpress編集部)