ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

産毛処理の仕方とは?正しいスキンケアで透明感のある素肌へ

【コスメ/モデルプレス】産毛処理は、時間がかかり、面倒くさいため、おろそかにしてしまうことが多いようです。しかし、産毛処理には、さまざまなメリットが存在しているということも事実です。そこで、本稿では、まず、「産毛処理のメリットと注意点」について、確認していきます。そして、「産毛処理の基本」と「顔の産毛処理の方法」について、ご紹介していきます。

産毛処理の仕方とは?正しいスキンケアで透明感のある素肌へ/Photo by Rido

産毛処理のメリットと注意点

産毛処理には、メリットと注意点の双方が存在しています。まずは、「産毛処理のメリットと注意点」について、ご紹介していきます。

<産毛を処理するメリット>

「産毛を処理するメリット」の中で、一番大きなものは、「肌が明るく見える」ということでしょう。ちなみに、産毛を処理すると、毛が濃くなると思い込んでいる方がいますが、そのようなことはないので、ご安心ください。「産毛を処理するメリット」としては、他にも、「化粧水や美容液が浸透しやすくなる」ことや「メイクの乗りが良くなる」ことなどを挙げることができるでしょう。

<産毛を処理する際の注意点>

「産毛を処理する際の注意点」は、主に3つあると言われています。注意点の1つ目は、「毛抜きを使用しない」ことです。毛抜きを使用することは、肌に大きな負担をかけてしまいます。注意点の2つ目は、「2~3週間に一度の頻度で行う」ことです。産毛を処理する回数が多いと、肌への負担が大きくなり、肌荒れを生じさせてしまう恐れがあります。注意点の3つ目は、「せっけんや洗顔料を使わない」ことです。これは、せっけんや洗顔料の洗浄成分が、肌に負担をかけて、肌の乾燥を招いてしまう恐れがあるからです。

産毛処理の基本

それでは、産毛処理の基本的なやり方とは、どのようなものなのでしょうか。ここからは、「産毛処理の基本」について、4つのステップに分けて、ご紹介していきます。

<ステップ1:肌を柔らかくする>

産毛処理をする際には、まずは、「肌を柔らかくする」必要があります。肌が乾燥したままの状態で、剃刀を当てると、肌を傷つけてしまう恐れがあります。したがって、剃刀を当てる前に、蒸しタオルやスチーマーなどを、肌に当てるようにするとよいでしょう。

<ステップ2:クリームを顔に塗る>

次に、「クリームを顔に塗る」ようにしましょう。これは、顔に何もつけていない状態で、剃刀を当ててしまうと、角質も一緒にはがしてしまう恐れがあるためです。クリームを塗る際には、毛の流れとは逆向きに、クリームを塗るようにしましょう。毛の流れとは逆向きに、クリームを塗ることによって、毛が立ちあがるため、毛をそりやすくなります。ちなみに、シェービング用のクリームも販売されていますので、産毛を処理する前に、それらを使用するのもよいでしょう。

<ステップ3:産毛をそる>

そして、「産毛をそる」際には、クリームをやさしく剥がしていくように、剃刀を移動させるとよいでしょう。ちなみに、肌に負担がかかってしまうため、同じ個所を何度もそってしまうことがないように、注意しましょう。

<ステップ4:保湿をする>

産毛処理の最後には、「保湿をする」ことを忘れないようにしましょう。基礎化粧品を使って、肌のコンディションを整えていきます。化粧水、乳液、クリームなどを使用するとよいでしょう。その際、手やコットンを使って、肌にやさしく浸透させていくようにしましょう。

顔の産毛処理の方法

産毛処理の仕方を紹介(photo by Voyagerix/Fotolia)

顔の産毛を処理する際には、それぞれの部位ごとに、産毛処理の方法が異なります。それでは、「顔の産毛処理の方法」について、おでこ、こめかみ、顎、そして鼻・口・顎周りの4つに分けて、ご紹介していきます。

<おでこ>

「おでこ」の産毛を処理する際には、髪の毛の生え際から、1センチくらいのところまでにある産毛については、そらずに残しておくようにしましょう。これは、髪の毛の生え際の産毛までそってしまうと、不自然に見えてしまうからです。ちなみに、おでこの上部から、こめかみ、眉に向かってそるようにするとよいでしょう。

<こめかみ>

「こめかみ」の産毛を処理する際には、上から下に向かってそるようにしましょう。また、おでこの産毛を処理する際と同様に、髪の毛の生え際から1センチの産毛は、残しておくようにするとよいでしょう。

<頬>

「頬」の産毛を処理する際、頬骨の辺りは、鼻がある側から耳がある側に向かってそるようにするとよいでしょう。なお、頬骨の下は、上から下に向かってそるようにするとよいでしょう。

<鼻・口・顎周り>

「鼻・口・顎周り」の産毛を処理する際、鼻筋や鼻の下、顎については、上から下に向かってそるようにするとよいでしょう。なお、口の周りについては、外側から内側に向かってそるようにするとよいでしょう。

正しく産毛処理を行い、透明感のある素肌を手に入れる

いかがでしたでしょうか?ここまでご紹介してきたように、正しく産毛処理を行うことができれば、「透明感のある素肌」を手に入れることも夢ではないでしょう。本稿でご紹介させていただいた内容を参考にして、正しく産毛処理を行い、他の女性に差を付けましょう。(modelpress編集部)