ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

料理上手になるには?アパレル女子の自分磨きに役立つ調理のコツ

【アパレル/モデルプレス】料理に関して、悩みを抱えていらっしゃるアパレル女子は、思いのほか、多く存在しているようです。それでは、料理上手になるためには、どのようなことが必要になってくるのでしょうか。まずは、「料理がうまくできない主な原因と身に付けたい知識」について、確認します。そして、「料理上手になるためのポイント」と「料理上手になるための調理のコツ」について、ご紹介していきます。

料理上手になるには?アパレル女子の自分磨きに役立つ調理のコツ/photo by Yuganov Konstantin

料理がうまくできない原因と身に付けたい知識

そもそも、料理を上手にすることができないのは、なぜなのでしょうか。まずは、「料理がうまくできない主な原因」と「料理上手になるために身に付けたい知識」について、ご紹介していきます。

<料理がうまくできない主な原因>

「料理がうまくできない主な原因」は、一般的には、3つあると言われています。原因の1つ目は、「味見をしていない」というものです。料理に味付けをした時に、その都度味わいを確認することによって、味付けを改善することができ、「理想の味」に近づけることができるでしょう。原因の2つ目は、「レシピの手順を守っていない」というものです。料理を不得意にしている方が、レシピを勝手にアレンジしてしまうと、当然のことではあるかもしれませんが、失敗をすることが多くなってしまいます。原因の3つ目は、「段取りが悪い」というものです。調理のために必要な作業を把握して、段取り良く作業を進めていくことができなければ、味付けがうまくいかなかったり、時間がかかりすぎてしまったりするでしょう。例えば、だしを取っている間に、具材を切るなどすると段取り良く進めることができるのではないでしょうか。

<料理上手になるために身に付けたい知識>

料理上手になるためには、料理に関する基本的な知識や手順などを学んでおく必要があります。例えば、「だしの取り方」「包丁などの調理器具の使い方」「調味料の調合の仕方」「盛り付けの作法」「食材の下ごしらえの仕方」などは、必須の知識であると言っても過言ではないでしょう。

料理上手になるためのポイント

それでは、料理上手になるためには、どのようなことがポイントになってくるのでしょうか。ここからは、「料理上手になるためのポイント」について、主なものを3つご紹介していきます。

<料理を習慣化する>

料理上手になるためのポイントの1つ目は、「料理を習慣化する」ことです。ちょっとしたきっかけによって、料理をすることは継続しやすくすることができます。まずは、毎日、キッチンに立つことを心がけるようにするとよいでしょう。そして、キッチンを清潔な状態に保つことを意識するようにしましょう。具体的には、調理の後は、調理器具をしっかりと片づけるようにしましょう。また、食事の後には、食器をすぐに洗うようにしましょう。ちなみに、かわいいエプロンや調理器具などを購入することによって、モチベーションのアップを図ると、継続しやすくなることが多いようです。

<料理について勉強する>

料理上手になるためのポイントの2つ目は、「料理について勉強する」ことです。まずは、料理本を読むことから始めてみるとよいのではないでしょうか。料理に関する基礎知識や定番のレシピなどがまとめられている料理本が、手元にあれば、とても便利でしょう。レシピに関するサイトやレシピに関するアプリなどを、参考にしてもよいかもしれません。また、料理教室に通うという方法も考えられます。その際には、マスターしたいと思っている料理を教えてくれる教室に通うようにするとよいでしょう。具体的には、和食、洋食、中華、お菓子などに関する料理教室があります。昨今では、初心者向けから上級者向けまで、レベル別のコースを設置している教室も多くありますので、問い合わせてみてもよいかもしれません。ちなみに、外食をする際には、プロによる味付けや盛り付けの方法などに留意するようにするとよいでしょう。自ら調理をする際に、それらを取り入れることができれば上達しやすくなります。

<マスターしたい料理は何度も作る>

料理上手になるためのポイントの3つ目は、「マスターしたい料理は何度も作る」ことです。試行錯誤を続けることによって、味や見た目のバランスなどを調節できるようになってきます。また、手順を覚えて、調理をしていくことに慣れていくことができれば、調理にかける時間を短縮していくこともできるでしょう。

料理上手になるための調理のコツ

それでは、料理上手になるためには、調理の際のコツとは、どのようなものになるのでしょうか。ここからは、「料理上手になるための調理のコツ」について、主なものを3つご紹介していきます。

<食材の大きさをそろえる>

料理上手になるための調理のコツの1つ目は、「食材の大きさをそろえる」ことです。これは、味付けや火の通りなどを均一にするためです。火の通り具合が均一でない場合には、食材が煮崩れを起こしてしまったり、硬くなってしまったりしてしまいがちになります。加えて、見た目が悪くなってしまう恐れもあります。

<調味料は少しずつ入れる>

料理上手になるための調理のコツの2つ目は、「調味料は少しずつ入れる」ことです。最初は、薄めの味付けにして、少しずつ味の調整をしていくようにすると、失敗しにくくすることができるでしょう。基本的には、味見を欠かさないことが大切になるということができそうです。

<火加減を適宜調節する>

料理上手になるための調理のコツの3つ目は、「火加減を適宜調節する」ことです。弱火、中火、強火を使い分けるようにしましょう。まず、弱火は、長い時間をかけて、煮出しをする料理などに使われることが多くなっています。次に、中火は、多くの料理に使われている火加減であり、具材に対して十分に火を通すときなどに使われることが多くなっています。そして、強火は、炒めものを作るときや、しっかりとした焼き色を付けたい時などに多く使われています。なお、火加減の調節ができるようになると、一般的には、料理のスキルは向上させやすいと言われています。これは、具材を程よい硬さにすることができたり、味にコクを出すことができたりなど、細やかな調節をすることができるようになるためです。

調理方法などを見直してみよう

いかがでしたでしょうか?料理を少しでも上達させたいと考えていらっしゃる方は、本稿でご紹介させていただいた内容を参考にして、調理方法などを見直されてみてはいかがでしょうか。料理上手になることができれば、男性からの評価をアップさせることもできるかもしれません。(modelpress編集部)