アパレルの面接で必ず聞かれる質問&その答え方を徹底レクチャー!

【アパレル・面接/モデルプレス】ファッションが好きな人にとって、人気のアパレルショップやブランドメーカーは夢の職場です。しかし、センス自慢の応募者の中で、自分をアピールする自信がない…と、不安に思う人も少なくないと聞きます。そこで今回は、アパレルでの面接でよく聞かれる質問と答え方について紹介したいと思います。
アパレルの面接で必ず聞かれる質問と、その答え方を徹底レクチャー!/Photo by Production Perig
アパレルの面接で必ず聞かれる質問と、その答え方を徹底レクチャー!/Photo by Production Perig

アパレル面接官が質問を通して見ているポイント



アパレル店舗の面接官の質問にはそれぞれ意図があります。質問を通して何を見極めようとしているのか理解することが大事です。

<アパレルに本当に関心があるのかどうか>

最初に、面接官はファッションやトレンドにどれぐらい関心度があるのか知ろうとしています。単にミーハーな気持ちだけではなく、志があってアパレル業界を目ざしていることをアピールして下さい。

<ブランドに本当に関心があるのかどうか>

志望動機の中ではファッション業界の中でもそのブランドに就職したい明確な理由も必ず伝えましょう。ブランドに関してどれぐらいの知識を持っているのか、さらにはブランドのファンを増やしてくれる人材なのかどうかを見られています。

<アパレル販売員に向いているかどうか>

アパレル店舗スタッフの面接試験では、話し方がハキハキしているか、自信を持って話しているか、セールストークが上達しそうかをチェックされています。ファッションとは関係のない雑談的な質問が投げられることもありますが、その答え方を通してその人が実際に店舗に立つ姿を想像できるかどうか判断されているのです。

これは定番!アパレルの面接で必ず聞かれる質問と答え方



実際にアパレル業界ではどのような質問があるのでしょうか。必ず聞かれる質問とその答え方について紹介します。

「ファッション業界の中でも当ブランドを志望される理由は何ですか?」

真剣さと熱意をアピールできるチャンスです。そのブランドで長く働きたい意志を伝えるために、事前に徹底的にブランド研究を行い、強みと改善点をピックアップしておくようにしましょう。

「当ブランドの商品はよく利用されますか?どのようなイメージを持たれていますか?」

ブランドショップに見学に行き、実際に商品を手に取った経験がなければきちんと答えられない質問です。ディスプレイ、販売員、お客様などに関するエピソードをできるだけ具体的に盛り込みましょう。

「今年の◯◯(シーズンなど)のトレンドをご存知ですか?」

ファッション動向を常にチェックする「やる気」があるのか見られています。その年の最新トレンドを必ず押さえておいて下さい。国内だけではなく海外のトレンドにも詳しければさらに評価されます。

「自己PRをお願いします」

アピールポイントを明確に絞り、根拠となる具体的な事例を示しながら、それがそのブランドでどう役立つのかを伝えることが大事です。たとえ未経験でも、専門知識や資格などをアピールしつつ、ある程度即戦力になることも表現したいところです。

アパレル業界ではなくても接客経験があれば、以下のようにアピールしてみるのも良いでしょう。「以前働いていた飲食店では、マニュアルだけに頼らずにお客様一人一人が何を求めているのか臨機応変に対応する経験を積みました。おかげさまでリピーターのお客様も増えましたが、常に初心に立ち返り親身な接客を大事にしてきました。御社ブランドのファンを一人でも増やせるような販売員としてお手伝いしたいと希望しています」

そうきたか!答えづらいけどよく聞かれる質問と答え方



アパレルの面接では少し答えづらいようなつっこんだ質問が投げられることもあります。あわてずに落ち着いて答えることが何よりも重要です。

「前職を退職された理由は何ですか?」

人間関係のこじれなどから退職したとしても、前の職場への不満などは一切NGです。「このブランドへの転職によって、自分のやりたいことが実現できると思った」など、必ずポジティブな内容を答えるようにして下さい。

「当店舗を見た印象はどうですか?改善提案はありますか?」

事前調査が欠かせないのはもちろんですが、その時必ず他社ブランドも見学しておくようにしましょう。他社と比較してスタッフの対応、店舗のレイアウトなど、どこが優れているのか、どこを改善すればより良くなるのか、できるだけ具体的に提案して下さい。

「将来の夢や目標はありますか?当ブランドに入社した場合のキャリアプランを教えてください」

向上心や前向きな姿勢をアピールするところですが、単なる夢物語では評価されません。アパレル業界の仕事内容を正確に理解した上で、何歳までにどうしたい等、可能な限り具体的に答えることがポイントです。

まずはフットワーク軽く情報収集を!



以上のようにアパレルでの面接では、ファッション業界をどれだけ正しく理解し、ブランドやショップについて具体的な知識を持っているのかどうかを必ず試されます。インターネットや雑誌を眺めているだけではなく、実際の店舗に足を運び、スタッフとお客様とのやりとりなどをしっかりと観察しておくようにしましょう。自分がスタッフの一員として働いているところをどれだけ具体的にイメージできるか、また、面接官にイメージさせることができるかが勝利へのカギなのです。(modelpress編集部)