ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

結婚後も仕事を続ける?アパレル店員が仕事と家庭を両立するポイント

結婚後も仕事を続けるのかどうかということについては、悩みを抱えてしまうというケースが、とても多くあるようです。そして、悩みの原因としては、仕事と家庭の両立という問題が、大きく影響しているようです。そこで、本稿では、「アパレル店員が仕事と家庭を両立するポイント」について、ご紹介していきます。まずは、「結婚後に仕事を続ける理由・仕事をやめる理由」について、確認していきます。次に、「結婚後に仕事を続けるときの主な選択肢」について、確認していきます。そして、「アパレル店員が、結婚後に仕事と家庭を両立するポイント」について、ご紹介していきます。

結婚後も仕事を続ける?アパレル店員が仕事と家庭を両立するポイント/Photo by Iakov Filimonov

結婚後に仕事を続ける理由・仕事をやめる理由

結婚後に仕事を続ける理由、そして仕事をやめる理由には、どのようなものがあるのでしょうか。まずは、「結婚後に仕事を続ける理由・仕事をやめる理由」について、ご紹介していきます。

<結婚後に仕事を続ける理由>

結婚後に仕事を続ける理由としては、どのようなものが考えられるのでしょうか。主なものとしては、「社会とのつながりを維持したい」「キャリア形成をしたい」「経済的な余裕がほしい」などの理由が、挙げられるようです。

<結婚後に仕事をやめる理由>

さまざまな価値観から、結婚をきっかけに仕事をやめるというケースもあります。それでは、結婚後に仕事をやめる理由としては、どのようなものが考えられるのでしょうか。主なものとしては、「主婦業や子育てに専念したい」「パートナーをサポートしたい」などの理由が、挙げられるようです。

結婚後に仕事を続けるときの主な選択肢

結婚後に仕事を続けるときには、どのような選択肢があるのでしょうか。それでは、「結婚後に仕事を続けるときの主な選択肢」について、主な選択肢を4つご紹介していきます。

<雇用形態を変更せずに働き続ける>

結婚後に仕事を続けるときの主な選択肢の1つ目は、「雇用形態を変えずに働き続ける」という選択肢です。この場合には、正社員、契約社員など、雇用形態を変更せずに働き続けることになります。産前・産後の休暇や育児のための短時間勤務などの制度がある場合には、働き続けやすくなるでしょう。このような制度がある場合には、出産や子育ての時期を迎えても仕事を続けやすくなるということが言えそうです。

<雇用形態を変更して働く>

結婚後に仕事を続けるときの主な選択肢の2つ目は、「雇用形態を変更して働く」という選択肢です。この場合には、出勤日数や労働時間に関して自由度が高い雇用形態に変更して、仕事を続けることになります。たとえば、パート、アルバイトなどを挙げることができるでしょう。

<部署を異動する>

結婚後に仕事を続けるときの主な選択肢の3つ目は、「部署を異動する」という選択肢です。この場合には、部署を異動して、仕事を続けることになります。一般的には、通勤しやすい地域にある店舗への勤務、仕事上の負担を軽減することができる部署への異動を申し出ることになります。ただし、人事異動に関しては、会社が判断するため、希望がかなわないケースもあります。

<転職をする>

結婚後に仕事を続けるときの主な選択肢の4つ目は、「転職をする」という選択肢です。この場合には、希望するライフスタイルに合致した働き方が可能な企業に転職をして、仕事を続けることになります。産前・産後の休暇や育児休暇に関する制度が充実しているかということについて、調べてみるとよいでしょう。また、キャリアを活かすことができる企業であるかということについても考えてみるとよいでしょう。

アパレル店員が、結婚後に仕事と家庭を両立するポイント

アパレル店員が仕事と家庭を両立するポイントを紹介/Photo by VGstockstudio

アパレル店員が、結婚後に仕事と家庭を両立するためには、どのようなことがポイントになるのでしょうか。それでは、「アパレル店員が、結婚後に仕事と家庭を両立するポイント」について、代表的なポイントを2つご紹介していきます。

<パートナーからの理解を得る>

アパレル店員が、結婚後に仕事と家庭を両立するポイントの1つ目は、「パートナーからの理解を得る」ことです。結婚後のキャリア形成に関する価値観や具体的な働き方について、話し合いをしておくようにするとよいでしょう。ちなみに、結婚前に相談をしておくと、価値観などの相違による衝突が起こりにくいようです。

<スキルを身につける>

アパレル店員が、結婚後に仕事と家庭を両立するポイントの2つ目は、「スキルを身につける」ことです。結婚後に仕事と家庭を両立するためには、結婚前にできる限りスキルを身につけ、経験をつんでおくことが大切になります。なお、結婚をきっかけに退職する場合にも、スキルがあれば、仕事に復帰しやすくなります。そして、キャリアプランについては、具体的にイメージをしておくようにしましょう。たとえば、「現在は、ショップ店員として働いているが、将来は、商品企画、店舗運営などに携わりたい」などのイメージが考えられるでしょう。目標を実現するためには、いつまでにどのような専門的なスキルを習得すべきかについて、考えておくことが大切になります。目標の例としては、「結婚前に商品企画の部署に異動する」「結婚をきっかけに退職をした後には、店舗運営に携わる仕事をする」などが考えられるでしょう。

結婚後の仕事、キャリア形成にもさまざまなパターン

いかがでしたでしょうか?ここまでご紹介させていただいたように、昨今では、結婚後の仕事、そしてキャリア形成についてもさまざまなパターンを考えることができるようになってきています。現在、結婚後の仕事と家庭の両立に関して、悩みを抱えてしまっている場合には、本稿を参考にしながら、結婚後の仕事、そしてキャリア形成について、具体的なイメージをしていってみてはいかがでしょうか。(modelpress編集部)