ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

アパレル販売員の給料は安いの?福利厚生や待遇の良さもチェック

ファッション好きなら憧れる人も多い「アパレル販売員」の仕事。しかし、いざ転職を考えた時に気になるのは「給料」のこと。他の業界に比べて、給料が安いというイメージを持たれることもあるアパレル業界。今回は、アパレル販売員の給料や福利厚生、待遇などをご紹介します。

アパレル業界の給料は?/photo-by-victoria_fox/Fotolia

目次

♥アパレル販売員の給料は?

♥アパレル販売員の福利厚生

♥アパレル販売員を仕事にする

♥アパレル販売員の給料は?

<アパレル販売員の給料は16~30万円程度>

詳細な金額は企業によって様々ですが、正社員の場合の月収は16~30万円程度と、他の業界と変わりません。

年齢や前職の経験によってもスタートの給料は変わってきますし、入ってから店長マネージャーなどに昇格していくことで、順調に給料が上がっていくケースがほとんどです。都内の店長クラスで給料が月30万円程度となることが多いようです。

また時期によってはボーナスなどもありますよ。

一方、アルバイトで採用される場合、時給は1,000円~のところが多く、1ヶ月の給料は16~20万円ほど。ボーナスの支給はなく、店舗によっては繁忙期とそうではない月でシフトに入れる日数も変わるため、毎月の給料は多少前後します。

<部署や役職によっても給料は変わる>

アパレル販売員の中でも、店舗を総括する店長やマネージャーといった役職になると、給料アップが見込めるほか、販売員の経験を活かし、バイヤープレスなどの部署に異動することで給料が上がったという人も。

人材の出入りの流れが早いアパレル業界。自分の頑張りや目指すキャリア次第で、給料がぐっと上がることもあると覚えておきたいですね。

アパレル業界の中でも給料の形態は様々/Photo by ESB Professional

♥アパレル販売員の福利厚生

<アパレル店舗の転勤に対する待遇は?>

全国に店舗があるアパレルブランドの場合、異動の辞令が出ることもあります。

引っ越しが発生する転勤の場合、転勤手当などがつく企業もあるので、雇用形態や採用時の契約をチェックしておく必要がありますよ。

<アパレル業界の福利厚生は手厚い?>

アパレル販売員となると、自社の服を買う必要があったり、ヘアやネイルにも気を使う必要があったりと外見を磨く美容代にお金がかかることも。

服に関しては、多くの企業で自社アパレルブランドの社員割引があるほか、ファッションやヘアなどの「美容手当」が出るという会社もありますよ。その他、繁忙期や年末年始の出勤に対する手当てなどがつくことも。

生理休暇産前・産後休暇など、女性の活躍を応援する休暇が制定されているという企業も多く存在します。

そういった点では、アパレル業界は女性に対する福利厚生が手厚いと言えそうです。

給料や福利厚生をクリアに/Photo by racorn

♥アパレル販売員を仕事にする

憧れのアパレル販売員。好きなことを仕事にしたいという人も多いはず。

給料や待遇、福利厚生など心配なことをクリアにして、自分に合うアパレル企業で働いてみては?(modelpress編集部)

※独自の調査によるものです。