ファッションブランドで働きたい方を応援!アパレル業界の最新ニュース

アパレル販売員の給料はどれくらい?たくさん稼ぐ方法は?

【アパレル・給料/モデルプレス】華やかなイメージのアパレル販売員ですが、肝心の給料はどれぐらい出るのでしょうか。有名ブランドを身にまとってショップに佇んでいる姿からは高収入をイメージしてしまいがちですが、必ずしもそうとも言えません。アパレル販売員としてたくさん稼ぐにはおさえておくべきポイントもあります。アパレル販売員の給料事情についてご紹介します。
アパレル販売員の給料はどれくらい?たくさん稼ぐ方法は?/Photo by Monet
アパレル販売員の給料はどれくらい?たくさん稼ぐ方法は?/Photo by Monet

1.アパレル販売員の給料の相場



アパレル販売員の給料の相場はアルバイト、正社員など雇用形態によって異なります。また、アパレル以外の一般的な販売員と比較してみると、相場としてはどうなっているのでしょうか。

総務省統計局によると、平均的な販売員の平成24年の主要職種別月間給与額は男性272,000円、女性198,000円でした。さらに正社員ならば、年間賞与その他の特別給与額は平均して男性497,000円、女性235,000円が支給されています。

では、アパレルのみの販売員の場合はどうなっているのでしょうか。アルバイト販売員の平均的な時給は888円、店長・マネージャークラスで1,033円と、他の業種と比較してやや低めです。年収換算すると300万円にも満たないケースも結構ありますが、常に応募者が絶えない人気職種なので仕方のないことなのかもしれません。

正社員になると初任給相場は17万円から20万円程度ですが、大卒の方が高卒よりも1万円から3万円ほど高くなっています平均年収は300万円から400万円と言われていますが、マネージャーやSVクラスに昇進すれば年収500万円以上も夢ではありません。販売員クラスでは大きな差が出づらいですが、キャリアアップとともに給料が大幅アップすることがアパレル業界の特徴の一つと言えるでしょう。

2.給料アップに関わる制度



すべてのアパレル販売員がキャリアアップとともに給与もアップするとは限りません。まずは、高い給料を見込めるような職場を選択することが大事です。アパレル販売員の立場になったとき、給与の内訳について正確に把握して給与アップを目指してください。

<ボーナス・賞与など基本給以外のインセンティブ>
アパレル販売員は、売上成績が良ければ特別ボーナス等のインセンティブが出るケースも多いようです。販売・接客に関する実力次第では、大幅な収入増も期待できます。

<残業手当・夜勤手当>
繁忙期には残業や夜勤も増えがちです。手当がつくかどうかで年収にもかなりの差が生じます。

<制服貸与・社割>
アパレル販売員は常にセンスの良い服装で接客することが求められます。自社ブランドの服を制服として貸与されるのか、社員割引で購入するのか確認しましょう。

<昇格制度>
アルバイトから正社員への登用があるのか、将来的に店長やマネージャーに昇格できる制度があるのかどうかも大事です。やはり責任者クラスになれなければ大幅な給与アップは見込めません。

<有休制度>
非正規雇用が多い業界なのでアルバイトにも有給制度を適用しているショップもあります。

以上のような項目に関してしっかりとした制度をもうけているようならば、高収入を期待できるでしょう。やはり、福利厚生制度がしっかりとしている大手ブランド、有名アパレル企業はおすすめです。

3.アパレル販売員がなるべくたくさん稼ぐ方法



アパレル販売員と一口に言ってもその働き方は様々なです。給料をなるべく多くもらう方法について解説しましょう。

まず、就職先を選ぶ時には、できるだけ基本給が高く、先にあげた福利厚生制度が整備されているか吟味して下さい。さらに、販売ノルマやペナルティはあるのか、アルバイトならば正社員登用制度はあるのか、もしあるならばどれぐらい難しいのか等、必ず事前に調べておきましょう。

具体的になるべくたくさん稼ぐ方法としては、まず、交通費の支給がある店舗を選択して下さい。人員不足の店舗ならば残業や夜勤の頻度も高くなり、諸々合算すれば結構な金額を稼ぐこともできます。逆にシフトがゆるい上に有休がとりやすい店舗にして、ダブルワークをするというのも一つの方法です。

注意しなくてはいけないのは、販売ノルマやペナルティのある店舗です。ノルマを達成できなかった分を買取しなくてはいけないショップもあり、給料から差し引かれてしまいます。ノルマはあったとしてもペナルティのないブランド・企業を選択するようにしましょう。

いずれは正社員、店長とキャリアアップできることも大事です。特に正社員になれば家賃補助などさまざまな優遇制度があります。アルバイト採用だったとしても、将来を見据えて頑張れるところにチャレンジしてみて下さい。

4.アパレル販売員を一生に仕事に!



憧れのブランドにかかわる仕事をしたいならば、比較的採用されやすいショップのアルバイト販売員として参入するというのも賢い方法です。正社員、店長、マネージャーへの道が開けているブランド・企業を選択すれば、一生の仕事とすることも十分できます。ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。(modelpress編集部)