ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

アパレル店員から転職するならどのような仕事がよい?未経験でも大丈夫?

アパレル店員に限ったことではありませんが、転職の際には、様々な不安を感じるものです。アパレル店員の転職の場合には、異業種に転職するケースも少なくないため、ハードルが高く感じられることもあるでしょう。それでは、アパレル店員から転職する場合には、どのような仕事がよいのでしょうか。また、未経験であっても応募できる求人には、どのようなものがあるのでしょうか。本稿では、「アパレル店員の転職」について、ご紹介していきます。

アパレル店員から転職するならどのような仕事がよい?未経験でも大丈夫?/Photo by g-stockstudio

アパレル店員が転職を考える理由

アパレル店員は、どのような理由から、転職を考えるのでしょうか。まずは、「アパレル店員が転職を考える理由」について、ご紹介していきます。

<キャリアプランを描けない>

アパレル店員が転職を考える理由の1つ目は、「キャリアプランを描けない」というものです。将来のキャリアアップについて、具体的なイメージを持つことができないケースは、少なくないでしょう。例えば、同じ店舗での勤務が長く続く場合などには、不安を感じやすいようです。また、職位が長期間にわたって変わらない場合などには、基本的には、給与も上がりにくいため、モチベーションを保ちにくくなるようです。

<希望の休日を取りにくい>

アパレル店員が転職を考える理由の2つ目は、「希望の休日を取りにくい」というものです。アパレル店員は、土日には休めないことがほとんどです。そのため、友人や恋人などと休日を合わせにくいことが多く、ストレスを感じやすいようです。また、店舗によっては、連休を取りにくいということも少なくありません。そのため、十分な休息が取れていないと感じる場合もあるようです。

<体力に不安がある>

アパレル店員が転職を考える理由の3つ目は、「体力に不安がある」というものです。アパレル店員の仕事には、体力が求められます。なぜならば、1.商品の品出し、2.商品の移動、3.売り場づくりなど、アパレル店員の仕事には、立ち仕事が多いからです。そのため、将来の体力について、不安を感じることも少なくないようです。

アパレル店員の主な転職先

アパレル店員は、どのような転職先を選ぶことができるのでしょうか。それでは、「アパレル店員の主な転職先」について、ご紹介していきます。

<営業職>

アパレル店員の主な転職先の1つ目は、「営業職」です。アパレル店員は、異業種の営業職を目指すこともできます。一般的には、営業職の求人は、比較的多いということができるでしょう。また、営業職に求められるスキルは、アパレル店員に求められるスキルと共通するものも少なくありません。例えば、1.コミュニケーション能力、2.提案力、3.数値管理能力などを挙げることができるでしょう。

<事務職>

アパレル店員の主な転職先の2つ目は、「事務職」です。一般事務の求人であれば、未経験であっても応募できることが多くあります。ちなみに、一般事務は、1.データ入力、2.書類管理、3.電話対応、4.来客対応など、サポート業務が中心になります。これに対して、1.人事、2.総務、3.経理など、バックオフィスの仕事の場合には、専門的な知識が求められることも少なくありません。ただ、アパレルを専門的に取り扱う企業の場合には、未経験であっても応募できる場合もあるようです。

<アパレル専門の異業種>

アパレル店員の主な転職先の3つ目は、「アパレル専門の異業種」です。例えば、1.アパレル専門の人材サービス、2.アパレル専門の広告代理店などを挙げることができるでしょう。アパレルに特化した異業種であれば、アパレルに関する知識を活かして働くことができるでしょう。なお、未経験であっても応募できる場合もあるようです。

アパレル店員からの転職を成功させるためのポイント

アパレル店員からの転職は?/Photo by g-stockstudio

アパレル店員からの転職を成功させるためには、どのようなことがポイントになるのでしょうか。それでは、「アパレル店員からの転職を成功させるためのポイント」について、ご紹介していきます。

<早めに転職活動を始める>

アパレル店員からの転職を成功させるためのポイントの1つ目は、「早めに転職活動を始める」ことです。できるだけ早めに転職について考え始めることによって、応募できる求人の選択肢を増やすことができる場合もあります。なぜならば、求人には、年齢制限などが設けられていることも少なくないからです。なお、年齢によっては、「第二新卒」として、応募できる場合もあるでしょう。

<志望動機を明確にする>

アパレル店員からの転職を成功させるためのポイントの2つ目は、「志望動機」を明確にすることです。志望動機については、明確にしてから、履歴書などに記入するようにしましょう。その際、志望する企業の事業内容・理念・強みなどを調べると参考になることが多くあります。また、転職の際に重視するポイントについても明確にするとよいでしょう。例えば、1.仕事内容、2.働き方、3.将来の目標、4.社風などを挙げることができるでしょう。

<スキルを整理する>

アパレル店員からの転職を成功させるためのポイントの3つ目は、「スキルを整理する」ことです。自分が持つスキルを把握できていれば、スムーズに自己アピールを行いやすくなるでしょう。過去の仕事を振り返り、また周囲の意見を聞いて、自分の強みを正しく認識するようにしましょう。そして、志望する企業にアピールできそうなスキルについては、履歴書や職務経歴書などに記入するとよいでしょう。

<過去の成果をまとめる>

アパレル店員からの転職を成功させるためのポイントの4つ目は、「過去の成果をまとめる」ことです。採用担当者は、応募者の過去の成果に注目することが多くあります。したがって、過去の成果を分かりやすく伝えることができれば、説得力のある自己アピールになります。なお、履歴書や職務経歴書などに記入するときには、できるだけ具体的な内容にするとよいでしょう。例えば、1.売り上げ○○%アップ、2.接客コンテスト入賞などを挙げることができるでしょう。

<面接対策をする>

アパレル店員からの転職を成功させるためのポイントの5つ目は、「面接対策をする」ことです。本番では、緊張して、スムーズに話すことができなくなってしまうことも少なくありません。したがって、必ず面接対策をするようにしましょう。昨今では、転職エージェントやハローワークの職員などに模擬面接をしてもらうことも可能です。なお、想定される質問への回答については、あらかじめ用意しておくようにしましょう。例えば、1.志望動機、2.自己アピール、3.過去の成果、4.入社後の目標などを挙げることができるでしょう。

転職を成功させるための第一歩を踏み出す!

いかがでしたでしょうか。 ここまでご紹介させていただいたように、アパレル店員の転職には、様々な可能性があるということができそうです。ただ、転職を成功させるためには、正しい準備が必要になります。本稿を参考にしながら、転職を成功させるための第一歩を踏み出されてみてはいかがでしょうか。(modelpress編集部)