ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

ラベンダーチークで大人っぽい仕上がりに 使い方と提案のポイント

皆様は、ラベンダーチークをお使いになったことはありますでしょうか。ラベンダーチークは、透明感のある大人っぽい印象に仕上げることができるアイテムとして、人気が高まっています。それでは、どのようにラベンダーチークを使えば、効果的なのでしょうか。また、ラベンダーチークをお客様にご提案するときには、どのようなことがポイントになるのでしょうか。本稿では、1.ラベンダーチークの魅力とラベンダーチークでかなえられるイメージ、2.ラベンダーチークの使い方、3.ラベンダーチークをお客様にご提案するときのポイントについて、ご紹介していきます。

ラベンダーチークで大人っぽい仕上がりに 使い方と提案のポイント/Photo by nd3000

透明感を引き出すラベンダーチークの魅力

ラベンダーチークには、どのような魅力があるのでしょうか。まずは、「ラベンダーチークの魅力」と「ラベンダーチークでかなえられるイメージ」について、ご紹介していきます。

<ラベンダーチークの魅力>

ラベンダーチークとは、ラベンダーカラーのチークのことを指します。ラベンダーカラーは、薄い紫がかった色です。ラベンダーチークを使えば、透明感のある印象に仕上げることができるでしょう。ラベンダーチークは、色白の方やブルーベースの肌の方によく使われます。なお、コントロールカラーとしても使用できるため、肌の赤みを抑えることも可能です。

<ラベンダーチークでかなえられるイメージ>

ラベンダーチークを使えば、清楚ではかなげな印象に仕上げることができるでしょう。ラベンダーチークは、一般的なチークと比較した場合には、大人っぽい印象に仕上げやすいチークであるとされています。ちなみに、ピンクやオレンジなどのチークは、元気な印象を与えやすいチークであるとされています。

ラベンダーチークの使い方

ラベンダーチークは、どのように使えばよいのでしょうか。それでは、「ラベンダーチークの使い方」について、ご紹介していきます。

<ステップ1:ラベンダーチークをメイクブラシに取る>

チークにメイクブラシを乗せて、メイクブラシをくるくるとまわしながら、チークのパウダーをメイクブラシの先端につけます。その際、メイクブラシの先端を手の甲の上において、チークの量を調節するとよいでしょう。なお、チークは、手でつけても構いませんが、メイクブラシを使うことによって、ほんのりと色づき、透明感のある印象に仕上がりやすくなります。

<ステップ2:メイクブラシでラベンダーチークを頬に塗る>

メイクブラシで円を描くようにして、両頬にラベンダーチークをやさしく塗っていきます。その際、薄くふんわりと塗るのがポイントです。なぜならば、濃く塗ってしまった場合には、ラベンダーチークの透明感が出にくくなってしまうからです。

<ステップ3:ハイライトとして、明るさをプラスする>

ハイライトとして、ラベンダーチークを使えば、厚塗り感の少ないメイクに仕上げることができるでしょう。具体的には、眉間から鼻筋、また目の周りなどに明るいラベンダーカラーを入れると効果的です。なお、昨今では、ハイライトカラーが含まれたパレットタイプのラベンダーチークも販売されています。

ラベンダーチークをお客様にご提案するときのポイント

ラベンダーチークを紹介/Photo by Syda Productions

ラベンダーチークをお客様にご提案するときには、どのようなことがポイントになるのでしょうか。それでは、「ラベンダーチークをお客様にご提案するときのポイント」について、ご紹介していきます。

<お客様の肌の色に注目する>

ラベンダーチークをお客様にご提案するときのポイントの1つ目は、「お客様の肌の色に注目する」ことです。肌の色は、大きくブルーベースとイエローベースに分かれます。ラベンダーチークは、一般的には、ブルーベースの肌に似合うとされています。ただし、イエローベースの肌に似合うラベンダーチークも少なからず存在します。イエローベースの肌のお客様の場合には、オレンジやピンクなど、暖色系のラベンダーチークをご提案するとよいでしょう。

<テクスチャーの違いをご説明する>

ラベンダーチークをお客様にご提案するときのポイントの2つ目は、「テクスチャーの違いをご説明する」ことです。ラベンダーチークには、様々なタイプのテクスチャーが存在します。例えば、さらさらとしたテクスチャーのパウダータイプや滑らかなテクスチャーのクリームタイプなどを挙げることができるでしょう。お客様がお好みのテクスチャーを伺い、適切なタイプのチークを選ぶことができるようにしましょう。

<タッチアップで仕上がりの違いをお見せする>

ラベンダーチークをお客様にご提案するときのポイントの3つ目は、「タッチアップで仕上がりの違いをお見せする」ことです。ラベンダーチークには、実際に使ってみないと仕上がりのイメージがわきにくいものも少なくありません。そのため、タッチアップをすることによって、お客様に仕上がりの違いを実感していただくことが大切になります。具体的には、1.通常のベースメイクにラベンダーチークを入れたときの仕上がり、2.ラメが入っているタイプのラベンダーチークを使ったときの印象、3.ラベンダーチークをハイライトとして使ったときの印象の変化などを実感していただくと効果的でしょう。

ラベンダーチークは、使い方や色の選び方がポイント

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、ラベンダーチークには、使い方や色の選び方によって、様々な効果を期待することができます。実際にラベンダーチークを使うときには、本稿を参考にしながら、ラベンダーチークの魅力を最大限に発揮させてください。(modelpress編集部)