ファッションブランドで働きたい方を応援!アパレル業界の最新ニュース

面接で「短所」を聞かれたら?欠点をプラスに変える上手な対処法

【アパレル/モデルプレス】転職活動中の面接で聞かれることが多い質問の1つとして、「自分の短所」があります。このような定番の質問は予め考えておくのがベストです。では、どのような短所、また短所の答え方が好印象を与えるのでしょうか?今回は、企業が面接で短所を聞く理由、そして短所を面接でのアピールポイントへと変える方法をご紹介します。

面接で「短所」を聞かれたら?欠点をプラスに変える上手な対処法(photo-by-naka/Fotolia)

面接で短所を聞かれる理由

なぜ企業は面接で応募者の短所を聞くのでしょうか。まずは、面接で短所を聞く理由についてご紹介します。

<履歴書や適性テストだけではわからない本質が知りたい>

面接は履歴書や適正テストの提出があり、そこから企業は応募者の短所を知ることができます。それに加えて面接でも応募者に短所を聞くのは、応募者が自分の性格を冷静に分析できているかどうかを質問の受け答えから知りたいからです。

<自己分析が十分できているかどうかを見極めている>

面接で短所を答えてもらうことで、ネガティブなことでも客観的に判断できる能力があるかどうか見極めています。この客観的に判断できる力は、入社後に物事を客観的に捉えて企業を支える力にも繋がります。また、自分の短所を知り自己分析ができている人は自分の能力を分析することができます。このような人は、企業に最も貢献できる自分のポジションを分析するスキルも備えています。したがって、企業は短所を聞き自己分析能力を見極めることで、入社後に企業の戦力になるのか判断しています。

<課題解決力を探っている>

面接官は短所を聞いたときに、応募者が短所とどう向き合っているのか確認し、課題に直面した時の取り組み方を知ろうとしています。そのため、短所を聞かれた時は、言葉を濁したり有耶無耶にしたりしてはいけません。

短所をアピールポイントに変える回答

続いては、短所をアピールポイントに変える回答についてご紹介します。

<自分の短所を理解していることをアピール>

1つ目のポイントは短所を理解していることをアピールすることです。しっかりと自己分析ができているということを面接官にアピールするチャンスです。自分の短所に加えて、その短所を克服するために行ってきた努力も盛り込んで質問に答えると、面接官からの印象を良くすることができます。

<裏返すと長所にもなる短所を選ぶ>

2つ目のポイントは短所の選び方です。短所は捉え方によっては長所にもなり得ます。短所を答えるときには、見方を変えると長所になるものを選びましょう。例えば、「おせっかい」という短所は裏返せば「面倒見が良い」という長所になります。また「頑固」という短所も「一度決めたことは最後まで貫く」と良いイメージで捉えることができます。

<マイナスの言葉を使わない>

3つ目のポイントはマイナスのイメージを持たせる言葉を使わずに答えることです。短所を答える時に、ついネガティブな言葉を多用して答えてしまう人が少なくありません。短所を聞かれた時に大切なのは、自分の価値を下げるのではなく自分の改善点を分析し、克服するためにしてきたことを答えるように心掛けましょう。例えば、「○○ができないことが短所です」と答えるのではなく、「○○しがちだったので、○○をすることによって克服しました」や「○○が足りていないので、○○を行って改善をしています」と答えた方が好印象でしょう。 

短所を聞かれたときのNGな答え方

短所をアピールポイントへと変える方法/Photo by gladkov

それでは、短所を聞かれたときに注意しておきたい間違えはどのような答え方でしょうか?短所を聞かれたときのNGな答え方についてご紹介します。

<「短所はない」と答えること>

どのような有能な人間にも人間である以上欠点は必ずあります。短所を聞かれているのに「短所はない」と答えてしまうと、自己分析ができていないのではないかと思われてしまいます。面接を受ける前にしっかりと自己分析をし、短所とその改善策を答えられるようにしておきましょう。

<社会人としての基本的なマナーに関すること>

短所として、「時間にルーズ」や「朝が苦手で寝坊する」など社会人としてのマナーに関するものを答えないように注意しましょう。社会人であれば当然のように習慣としてできているはずのマナーを短所としてあげてしまうと、常識がないと思われ印象を悪くしてしまいます。

<希望職種に支障があること>

自分の短所を正直に答えるのは良いことなのですが、自分の希望職種に支障がある短所は避けましょう。例えば、お客様とのコミュニケーションが重要な販売員の面接で「短所は人見知りです」と答えてしまうと面接官から職業に適さないとして不採用になってしまいます。希望職種を踏まえて支障のない短所を考えておきましょう。

短所をアピールポイントに変える

いかがでしたでしょうか。面接でよく聞かれる短所は採用の重要なポイントになることもあります。面接で短所を聞かれた時の対処法をしっかりと抑えて、短所をアピールポイントへと変えましょう。(modelpress編集部)