ファッションブランドで働きたい方を応援!アパレル業界の最新ニュース

アパレルEC市場が拡大中!運営を始める前に知っておきたい基礎知識

【アパレル/モデルプレス】今人気のあるアパレルECサイトはご存知でしょうか?どこのアパレルECサイトも、お客様が買い物をしやすいように工夫を凝らし売り上げのアップに努めています。アパレルECサイトで売り上げを上げるためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があるでしょう。それでは、アパレルECサイトで運営を始める前に知っておきたい基礎知識をご紹介します。

アパレルEC市場が拡大中!運営を始める前に知っておきたい基礎知識/Photo by Africa Studio

アパレルECサイトのメリット

アパレルECサイトを運営する企業が増えているのには理由があります。まずは、アパレルECサイト運営を始めるメリットについてご紹介します。

<販売エリアが広い>

アパレルECサイトはネット環境があればどこからでも利用することができるので、国内だけではなく海外からの注文を受けることができます。そのため実際の店舗のように販売エリアの制限が無いため、工夫次第で顧客をいくらでも増やすことができます。

<人件費がかからない>

アパレルECサイトはサイト上に掲載してあるアイテムをお客様が自分で選んで購入します。そのため接客の業務が必要ないため、実際の店舗よりも人件費を低く抑えることができます。

<お客様のニーズに合わせられる>

アパレルECサイトは定休日がなく、いつでも稼働させることができるので24時間お客様からの注文を受けることが可能です。このようなシステムによって、実際の店舗の営業時間ではなかなかショッピングを楽しむことが難しいお客様のニーズに応えることができます。また「ゆっくりとショッピングしたい」「販売員と話すのが好きではない」というお客様も家でくつろいでショッピングができるので、アパレルECサイトはそのようなニーズにも応えることができるでしょう。

<直販運営が行いやすい>

総合ショッピングサイトであるアパレルECモールに出店すれば、直販運営をすぐに始められます。直販運営を行えば、ブランドに知名度がなくてもお客様を集めることができます。

アパレルECの課題

アパレルECのサイト運営を始めるには注意点があります。続いては、アパレルECの課題についてご紹介します。

<競合が多い>

アパレルECサイトは利用者の増加とともに、サイト数も増加傾向にあります。そのため、ネット上には類似のアイテムを扱うネットショップが数多くあります。アパレルECサイトを運営する場合は、このようなネットショップ全てが競合になります。多くのアパレルECサイトがある中で売り上げを伸ばすためには、他のアパレルECサイトと差別化を図る必要があるでしょう。他のショップよりも価格の安さやブランド力で差を付けなければいけません。

<価格競争になりやすい>

お客様はアパレルECサイトに低価格を求めています。人件費や店舗利用料がかからない分、価格を抑えた提供ができますが他のアパレルECサイトも同様に低価格で販売しています。アパレルECサイトで売り上げを上げるためには差別化が重要なポイントになるため、どのアパレルECサイトもより価格を抑えて提供をしようとし、価格競争が生まれやすい環境にあります。

<プロモーションコストがかかる>

自社でアパレルECサイトを運営する場合は、自分たちで集客を行う必要があります。集客方法としてはSEOやリスティング広告、メルマガなどがあります。SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジンでキーワードとなる言葉が検索された際に検索結果の上位に自社のサイトを表示する方法です。リスティング広告も検索エンジンでキーワードの言葉が検索された際の広告です。広告を利用して、より多くのお客様を集めるにはコストがかかってしまいます。アパレルECサイトの運営では、人件費や店舗利用料などを抑えることができる分、このようにプロモーションコストが掛かってしまうのが課題です。

今後の鍵を握るのは実際の店舗とECサイトの連携

アパレルECサイトの基礎知識とは/Photo by BONNINSTUDIO

アパレルECサイト運営の課題解決のためには実際の店舗とアパレルECサイトの連携が重要な鍵を握っています。それでは、実際の店舗とECサイトの連携についてご紹介します。

<O2Oで集客を増やす>

O2Oとは、Online to Offlineの略であり、実際の店舗とアパレルECサイトを連携させることです。実際の店舗とアパレルECサイトを連携させて購入に結びつけることを目的として行います。O2Oで得られるメリットとしては、実店舗を利用しているお客様がアパレルECサイトを利用し始めたり、反対にアパレルECサイトの利用者が実際の店舗に足を運んだりなど新規のお客様を集めやすくなります。ネットショッピングは実際にアイテムを見て買うことができなくて不安という理由で利用していないお客様も少なくありませんが、実際に購入したことがある店舗と連携したアパレルECサイトでは安心して購入できるというメリットがあります。

<O2Oでできることの例>

まずは店舗受け取りができます。アパレルECサイトで購入したアイテムを店舗で受け取れるサービスは、アパレルECサイトから実際の店舗への送客へと繋がります。

またショールーム店舗での試着が可能になります。ショールームで試着を行い、店舗に在庫があればすぐに持ち帰ることができます。店舗に在庫がないアイテムはその場でアパレルECサイトから購入します。このように実際の店舗とアパレルECサイトを融合させることで、お互いのデメリットを補うことができるのです。

アパレルECサイトを取り入れて売り上げアップ

いかがでしたでしょうか?アパレルECサイトが人気の理由には、お客様のニーズに合わせた販売方法が鍵となります。またアパレルECサイトにある課題も実際の店舗との連携などで解決することができます。アパレルECサイトを上手く利用して売り上げを上げましょう。(modelpress編集部)