ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

アパレル店員もダブルワークしたい!無理のない仕事の選び方

【アパレル/モデルプレス】求人票などで見る「ダブルワーク」や「Wワーク」とはどのような意味なのでしょうか。ダブルワークとは、異なる複数の仕事を平行してすることです。このようなダブルワークは上手く活用すれば効率よく収入を増やすことができます。それでは、新たな仕事を無理なく始めてダブルワークをするためのコツや選び方をご紹介します。

アパレル店員もダブルワークしたい!無理のない仕事の選び方/Photo by sheff

ダブルワークの意味と種類

ダブルワークとはどのようなものなのでしょうか。まずは、ダブルワークの意味と種類について詳しくご紹介します。

<ダブルワークとは?>

ダブルワークとは、言葉通り2つの仕事を掛け持ちですることです。Wワークと書かれているものも、同じくダブルワークを指します。求人票などで「Wワーク可能」や「Wワーク不可」と記載されていることもあります。

<ダブルワーク普及のきっかけ>

以前はダブルワークを認める企業は多くありませんでしたが、政府が「働き方改革」を進めた結果、副業を認める企業が増えダブルワークが普及するようになりました。このダブルワークの普及に伴い、厚生労働省は2018年1月に「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を策定しました。「副業・兼業の促進に関するガイドライン」では、企業に対して副業や兼業などのダブルワークは原則認め、禁止や一律許可制は見直しを検討するように求めるなど、よりダブルワークをしやすい環境の整備が進められています。このように副業や兼業などのダブルワークの普及が本格的に進むとして注目されています。

<ダブルワークの種類>

ダブルワークと呼ばれるものは主に2つあります。まずは副業です。副業は、本業とは別に異なる仕事をすることです。本業の仕事をしながらも、空いている時間に他の仕事をこなします。正社員として働きつつ、仕事が終わってからや休日にアルバイトやパートをする場合は副業と呼びます。

続いては兼業です。兼業はいくつかの仕事を同時にする点では副業と違いはありません。しかし、兼業は、メインの仕事やサブの仕事などと仕事のどれかに比重をかけず、全ての仕事を同程度の労力でこなします。複数のアルバイトをそれぞれ同じ程度働いている場合は兼業と呼びます。

無理なく続けるためのダブルワークの選び方

ダブルワークをするためには、選び方がポイントです。それでは、無理なく続けるためのダブルワークの選び方についてご紹介します。

<無理のない範囲で勤務できるところを選ぶ>

ダブルワークをする場合は、「平日のみの仕事」と「土日のみの仕事」など、働く日を分けられる仕事を選びましょう。事前に働く日を知っておくことができるので、複数の仕事のシフトも管理しやすくなります。また採用前に「ダブルワークを希望している」、「月曜日と水曜日だけ働きたい」などと申告しておくことで、シフトを組みやすくなります。

<勤務先同士が近いところを選ぶ>

ダブルワークを選ぶときは勤務地も重要なポイントです。自宅や既に働いている勤務先から近い場所を選びましょう。そうすることでダブルワークになっても通いやすく、移動時間を短縮することができます。

<経験のある仕事を選ぶ>

職種もダブルワークをする時にチェックしておきたいポイントです。いきなり今までやったことのない職種の仕事をダブルワークでこなすのは難しいことが少なくありません。経験のある仕事をダブルワークとして選べば、ブランクがあったとしても仕事に早く慣れることができ、ダブルワークを無理なくこなすことができます。また、経験者であることを面接で伝えることで採用されやすくなる場合もあります。例えばアパレル販売員としての経験がある場合は、同じアパレル店舗をダブルワークとして選ぶ、または取り扱うアイテムが同じ別のブランドを選ぶ、なども良い選び方です。

ダブルワークを始める前の注意点

ダブルワークのコツを紹介/Photo by racorn

最後に、ダブルワークを始める前に気を付けておきたいポイントについてご紹介します。

<勤務先に確認する>

なかにはダブルワークNGや事前届出制の会社もあります。特に、競合している他社でのダブルワークは禁止されることが少なくありません。すでに仕事をしている場合は、履歴書に「現在勤務中」と書くようにしましょう。

<年間所得金額を決めておく>

給与収入の合計が150万円以上となった場合は、配偶者控除を受けられなくなります。このようになった場合は、配偶者の年収によって異なりますが控除から外れて課税対象となってしまう場合もあります。ダブルワークをする際は、上限を超えないように仕事量を調節する必要があります。

ダブルワークを上手く活用してコツコツ稼ぐ

いかがでしたでしょうか?同時に複数の仕事をこなすのは難しいように感じますが、コツを掴めばアパレル販売員でもダブルワークは可能です。同じアパレル販売業でのダブルワークであれば、現在のアパレル販売員として培ったスキルも活用することができます。ぜひ、上手くダブルワークを利用して効率的に稼ぎましょう。(modelpress編集部)