ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

アパレル店舗での残業ってどんな仕事?応募前に確認したいこと

【アパレル/モデルプレス】「アパレル店舗での残業」には、どのような仕事があるのでしょうか。そして、アパレル店舗への「応募前に確認したいこと」には、どのようなことがあるのでしょうか。それでは、アパレル店舗での仕事について、残業内容や応募前に確認したいことをご紹介します。

アパレル店舗での残業ってどんな仕事?応募前に確認したいこと/Photo by Stock-Asso

アパレル店舗で残業が発生するケース

「アパレル店舗で残業が発生するケース」とは、どのようなものなのでしょうか。まずは、アパレル店舗で残業が発生するケースについてご紹介します。

<繁盛期は残業が発生することがある>

アパレル店舗で残業が発生するケースの代表的な例の一つは、「繁盛期は残業が発生することがある」ということになるでしょう。たとえば、年末年始や夏・冬などの、いわゆる「セール期間中」は、残業が多い傾向にあるといえます。そのほか、シーズンの変わり目に訪れる棚卸時期や、それに合わせて店舗のレイアウトを変更する際などにも、残業が多い傾向にあるようです。このような時期には、アルバイトであっても、残業が求められるケースが多くあります。

<残業が比較的少ない店舗とは?>

「残業が比較的少ない店舗」とは、どのようなものがあるのでしょうか。たとえば、百貨店やファッションビルなどのテナント店では、残業が少ない傾向にあるようです。これは、施設の営業時間があらかじめ決まっているため、「基本的にはその時間を超える残業はできない」という理由が、大きく影響しているようです。

アパレル店舗での仕事

「アパレル店舗での仕事」とは、どのようなものがあるのでしょうか。それでは、アパレル店舗での仕事についてご紹介します。

<営業時間内に行う業務>

アパレル店舗において、「営業時間内に行う業務」には、どのような業務があるのでしょうか。営業時間内に行う業務には、主に接客・レジ対応の2つがあげられるでしょう。ちなみに、当然のことではありますが、営業時間中は、接客が主な業務となってきます。

<営業時間外に行う業務>

アパレル店舗において、「営業時間外に行う業務」には、どのような業務があるのでしょうか。営業時間外に行う業務には、売り場作りや商品の入れ替え、ストック整理、売り上げ報告や資料の作成、SNSやブログの更新、また入荷アイテムの情報入手や試着などがあげられるでしょう。ちなみに、複数の業務を兼任している場合には、それらの業務の一部、またはすべてを、営業時間外に行うことが少なくないようです。ただ、大規模な店舗など、各業務に担当者がきちんと配置されている場合には、それらの業務を営業時間内に行うことができるケースが多いようです。

応募前に業務時間を確認しよう!

応募前に確認したいことを紹介/Photo by g-stockstudio

「応募前に業務時間を確認」することは、思いのほか見過ごされがちです。「応募前に業務時間を確認する必要性」とは、どのようなものなのでしょうか。それでは、応募前に業務時間を確認する必要性についてご紹介します。

<一般的なアパレル店員の働き方>

そもそも、「一般的なアパレル店員の働き方」とは、どのようなものなのでしょうか。たとえば、店舗の営業時間が11:00~20:00の場合の一般的な働き方について、ご紹介します。この店舗の場合、午前シフト(早番)は、基本的には10:00~19:00の勤務となるケースが多いようです。これに対して、午後シフト(遅番)は、基本的には13:00~21:00の勤務となるケースが多いようです。ちなみに、このような店舗では、2交代制の勤務パターンが多いようです。また、当然のことではありますが、営業時間には、開店準備(午前)、および閉店作業(午後)の時間が含まれています。

<応募前に確認すべきこと>

アパレル店舗への「応募前に確認すべきこと」には、どのようなことがあるのでしょうか。応募前に確認すべきことの1つ目は、「営業時間外の勤務時間と残業代」です。これは、勤務時間に、営業時間外の勤務が含まれていない場合があるからです。「営業時間外の勤務が、勤務時間に含まれているかどうか」、また「営業時間外の勤務時間に対する、残業代の取り扱われ方」については、必ず確認しておくようにしましょう。応募前に確認すべきことの2つ目は、「早番と遅番の割合」です。それは、早番と遅番の割合によって、残業時間の多さに影響を及ぼすケースがあるからです。それぞれの店舗ごとにも違いはありますが、一般的には、遅番のほうが、残業が増えてしまうことは少なくないので、早番と遅番のシフトが、希望通りに取れるかどうかを確認しておくようにするとよいでしょう。当然のことではありますが、店舗によっては、「週○日は遅番必須」というようなケースもあるようです。

アパレル店舗での残業内容を理解し、ほかの求人者と差をつける

いかがでしたでしょうか?「アパレル店舗での残業内容」、加えて「応募前に確認したいこと」をしっかりと理解しましょう。そして、アパレル店舗への応募の段階で、すでにほかの求人者と差をつけることができるようにしましょう。(modelpress編集部)