【AMERICAN EAGLE OUTFITTERS/モデルプレス】アメリカ発ファッションブランド「AMERICAN EAGLE OUTFITTERS(アメリカンイーグル アウトフィッターズ)」(以下アメリカンイーグル)のマーチャンダイザー(MD)として働く入社3年目の山崎幸英さん(38)にインタビューを実施。生産管理、バイヤーを経てMDとして10年以上アパレルで活躍している山崎さんに仕事内容のほか、やりがいや苦労したことなどについて語ってもらいました。

モデルプレスのインタビューに応じた山崎幸英さん(C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じた山崎幸英さん(C)モデルプレス

「AMERICAN EAGLE OUTFITTERS」MDの仕事内容

― アメリカンイーグルのMDはどのような仕事内容なのか教えてください。

山崎さん:シーズンの販売計画、予算管理、買い付け、消化をシーズン毎に決めています。私はウィメンズを担当していますが、ウィメンズのビジネスをどのように成長させ、予算達成していくのか、予算を割り振り、その予算をもとにアメリカへ年4回買い付けに行きます。毎日3シーズンほど並行しながら作業を行っていて、未来の買い付けをしつつも、昨日の売り上げ、来月の売り上げを分析して、他部署と連携しながら消化のアクションを決めたりします。

― アパレル業界といったら華やかなイメージですが、MD職の場合は思った以上に地道な作業があるんだなと思いました。

山崎さん:そうですね。日々パソコンと向き合い、数字をチェックしていることは多いですね。また、各部署とのミーティングも頻繁に行っています。会議の中で決断をしないといけないことも多いので、他部署との連携を大事にしています。そのほかにも、ニューヨークにある本社とも、毎日のようにメールでやりとりをしたり、カンファレンスコールをしています。

― これまで働いてきて、やりがいや苦労したことを教えてください。

山崎さん:私が入社したとき、日本ではアメリカンイーグルといったら、メンズブランドのイメージが強くて。その中でウィメンズをどう広げていくのかが1番苦労した点で、MDとして最大のミッションでした。女性のお客様の獲得と認知を広げるようとしても、どうしてもメンズのイメージが先行されてしまいました。日本上陸当時、ウィメンズもメンズと同じように売り出していたそうですが、そこから少しウィメンズが弱くなってしまったところで私が入社しました。あとは、アメリカのブランドを日本に持ってくるということは、文化やシーズンなどを合わせなくてはいけないところもありました。日本のマーケット情報やニーズをアメリカ本社に伝えなくてはいけないため、コミュニケーションをとるところから苦労しました。

そんな中でも嬉しかったこともあります。コンテンツの1つとしてデニムをどうやって広げていくのかがありました。2014年の終わり頃、“いける”という手応えがあって。女性のお客様にデニムといったボトムスを好きになってもらえれば、絶対トップスにも興味を持ってくれるんじゃないのかなと。それくらいデニムの強さをアメリカンイーグルで感じていたので、マーケティング部と連動して、ブランドをアピールしていきました。2年経過したとき売り上げも倍になってきたので、嬉しかったですね。苦労したからこそ、自信も出てきました。

― 数字としてわかりやすく現れる部署なんですね。

山崎さん:そうですね。良くも悪くも全て数字に跳ね返ってきます。

「AMERICAN EAGLE OUTFITTERS」MD職に就いた理由

買い付けしたジーンズをチェック(C)モデルプレス
買い付けしたジーンズをチェック(C)モデルプレス

― なぜMDになろうと思ったのでしょうか?

山崎さん:元々はデザインの勉強をしていて、もの作りに興味があってファッションの世界に入ったのですが、たまたま新卒で入社した会社で、新規ブランドの立ち上げに携わることになって、そこで初めてバイヤーやMDの業務をやらせていただきましたが、それがすごく面白くて。それから10年、この世界で働き、今もMDとして働いています。

― では、なぜ「AMERICAN EAGLE OUTFITTERS」に入社しようと思ったのでしょうか?

山崎さん:20代前半のときにアメリカに留学していたのですが、私アメリカに縁があって。アメリカで勉強しているとき、アメリカでのアメリカンイーグルというブランドがすごく大きい存在で、若者の認知度も高くて。私にとってはアメリカンイーグルというブランドが当たり前のように存在していたので、上陸したと聞いたとき、どういう風に日本で広めていくのかなと興味がありました。日本のウィメンズは難しいと言われている業界です。様々なジャンルのスタイルがある中で、アメリカンイーグルというカジュアルブランドをどう落とし込んでいくのか楽しみで、お声掛けいただいたときに、やりたいと思いました。ちょうど前任の方が退職されるときで、MDを探していたようで、是非チャレンジさせてくださいとお伝えしました。

― 今後の目標を教えてください。

山崎さん:日本のマーケットではまだまだアメリカンイーグルをご存知でないお客様がいると思うので、全国の皆さんにアメリカンイーグルというブランドではこんなにもいい商品が揃っているということを伝えていきたいです。それが私のミッションだと思っています。

「AMERICAN EAGLE OUTFITTERS」MDのライフスタイル

新作をチェック(C)モデルプレス
新作をチェック(C)モデルプレス

― 美容面で気を付けていることを教えてください。

山崎さん:実は今年の4月まで産休を取っていまして、今、時短勤務しています。育児に追われているので、そこまで自分にメンテナンスに時間をかけていられず、美容面というより、健康面で気を付けていることが多いです。毎日青汁と、風邪防止のハーブティーを飲んでいます。あとは、保湿や手洗いうがいを忘れないようにと、基本的なことを毎日欠かさず行っています。

― 休日はどのように過ごしていますか?

山崎さん:土日休みですが、娘と公園に行くことが多いです。今まではわからなかったのですが、自然の中で朝の空気を吸うとこんなにもリフレッシュされるんだと感じています。

― 普段ファッション情報はどのように取り入れていますか?

山崎さん:昔から変わらないのですが、街に繰り出しています。街にいる人たちを見て、今のリアルなトレンドをチェックしています。プライベートではあまり行かない、高校生や大学生など若い子たちが集まるエリアに行くようにしています。そうすると見えてないものが見えて面白かったりします。あとは、アメリカ出張が多いので、ニューヨークのウィンドウを見て勉強しています。

「AMERICAN EAGLE OUTFITTERS」で働くためには

日々パソコン業務(C)モデルプレス
日々パソコン業務(C)モデルプレス

― 「AMERICAN EAGLE OUTFITTERS」にはどのような人が相応しいでしょうか?

山崎さん:元気があって、年齢関係なく自分の意見を伝えることができる人。若いから、経験が浅いから…と発言を控えるのではなく、自分が本当に思っていることを伝えるべきです。2012年に上陸したばかりの若いブランドなので、風通しのいい社風なんだと思います。

MDに向いている人は、自分の意見と忍耐力があって、ファッションが好きで、コミュニケーション能力が高い人。どれも欠けてはいけないと思います。

― 入社するまでには、書類・面接…と審査があると思いますが、通過できるポイントを教えてください。

山崎さん:自分の素を出してほしいです。受け身より、自分をどんどん出していって、チャレンジ精神を見せてください。面接では、アメリカンイーグルを着てきてほしいですね。アメリカンイーグルが好きということを前提に一緒に働きたいので、着てきてくれるとお店によく通っているんだなとわかって嬉しいです。

夢を叶える秘訣を語る

他部署と打ち合わせ中(C)モデルプレス
他部署と打ち合わせ中(C)モデルプレス

― 夢を追いかけている女の子に向けて、夢を叶える秘訣を教えてください。

山崎さん:私もまだ夢の途中ですが、なにかしたいと思ったときに諦めたら終わりなので、諦めずにずっと継続してください。継続が1番大変だと思いますが、自分が納得するまで継続していけば、もしその夢がダメだったとしても違った形で絶対に役立つときがきます。私自身もそう感じることが多いので、納得するまで継続してください。

― ありがとうございました。

山崎幸英さん(C)モデルプレス
山崎幸英さん(C)モデルプレス

華やかに見えるアパレル業界ですが、MD職は日々数字と向き合っています。アパレル歴10年以上、MD歴7年というベテランの山崎さんでも、今でも毎日の業務を地道にこなしています。MDとは、私たちから見えぬところでブランドを支えていました。(modelpress編集部)

ある日の1日の流れ

「AMERICAN EAGLE OUTFITTERS」MDの山崎幸英さん(C)モデルプレス
「AMERICAN EAGLE OUTFITTERS」MDの山崎幸英さん(C)モデルプレス

AM9時30分~ 出社
メールチェック、1日のスケジュール確認、前日の売上確認

AM11時~
部内ミーティング

PM12時~
ランチ

PM1時~
新シーズンの商品説明会

PM3時~
買い付け作業、アメリカ(本国)へのメール返信

PM5時~ 退社

山崎幸英(やまざきゆきえ)プロフィール

山崎幸英さん(C)モデルプレス
山崎幸英さん(C)モデルプレス

ブランド:AMERICAN EAGLE OUTFITTERS(アメリカンイーグル アウトフィッターズ)
職種:マーチャンダイザー(MD)
アパレル業界で働き始めた年月:2001年4月~
経歴:ほかブランドMD2009年10月~、AMERICAN EAGLE OUTFITTERS MD2014年8月~