ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

「LONGCHAMP」プレスインタビュー ロンドンへ留学・アタッシェ・ドゥ・プレスも経験…インハウスのプレスになるまで

【LONGCHAMP/モデルプレス】フランスのラグジュアリーブランド「LONGCHAMP(ロンシャン)」(ロンシャン・ジャパン株式会社)のプレスとして働く入社2年目の荒川真里奈さん(28)がモデルプレスのインタビューに応じた。

モデルプレスのインタビューに応じた荒川真里奈さん(C)モデルプレス

「LONGCHAMP」プレスの仕事内容

PC業務中(C)モデルプレス

― 「LONGCHAMP」プレスの仕事内容を教えてください。

荒川さん:新しいコレクションや打ち出しプロダクトのプロモーション(リースなども含め)、チームのディレクション、新規イベントや展示会のディレクション、広告・タイアップなどのディレクションから撮影の立会い、リリースの翻訳や作成、予算管理、本国へのレポートや交渉・やりとり、年に数回のパリへの出張・会議など、幅広く行っております。

― これまで働いてきてやりがいや苦労したことを教えてください。

荒川さん:基本的に、苦労を乗り越えて感じる達成感ややりがいが多いです。例えば、去年の秋にオープンした日本初のフラグシップのオープニングパーティーでは、当日まで終電はもちろん、朝帰って着替えてまたすぐ出社、という日々が続いたのは体力的にきつかったです。

パリへの交渉や進行など、国が違うので理解してもらうのに時間も掛かりますし、なかなか前に進まないことも多く…そして迎えた当日、なんと来場客数は500名を超えて大盛況でした。半年間以上大切にあたためてきたパーティーだったので、ゲストの方の喜ぶ顔が見られただけで、数日間続いた寝不足や疲れも吹っ飛ぶくらい幸せで、改めてこの仕事が大好きだと実感しました。

「LONGCHAMP」プレスになるまで

新作をチェック中(C)モデルプレス

― なぜ「LONGCHAMP」プレスになったのでしょうか?

荒川さん:この業界に入ったのは、2012年の秋です。最初は、アタッシェ・ドゥ・プレスとして、PRのエージェントにいました。留学していたロンドンの大学を卒業し、帰国してすぐに始めたPRエージェントでのインターンシップを経験したこときっかけでこの業界に入りました。そのときは、もちろんアシスタントなので、日々のリース対応やスタイリストさん・編集さんへのアプローチ、翻訳作業がメインでした。

― そこまでプレスがやりたいと思ったきっかけはありますか?

荒川さん:とにかく昔から人が大好きで、人と関わる仕事や大好きなものと大好きな人を繋ぐ仕事がしたいとずっと思っていました。人が好きという自分のキャラクターとは別に、留学をしていて日本のいいところをもっと世界に伝えたいと思ったとき、架け橋ってなんだろうって、最初わからなかったのですが、ドラマを見ていたときにファッションプレスというお仕事を初めて見て、プレスという存在を知って、これがやりたいと思い、ロンドンのファッション大学で1年間ファッションマーケティングPRの勉強をしました。

― 数あるブランドの中から「LONGCHAMP」を選んだきっかけも教えてください。

荒川さん:インハウスのプレスとしてLONGCHAMPに入社する前までは、ずっとアタッシェ・ドゥ・プレスとして2つのPRエージェントで働いてみましたが、いつかはそれまでの経験を生かしてインハウスでPRをしたいと思っていました。LONGCHAMPはずっと大好きで愛用していたのですが、丁度それをご存知でずっとお世話になっているファッションジャーナリストの方から、LONGCHAMPがプレスを募集しているからと紹介して頂き、ご縁があり入社しました。

― 今後の目標を教えてください。

荒川さん:どんなにハードでも、この仕事が大好きで天職だと思っているので、もっともっとPRのこともマーケティングのことも学べることは学び、色んな方との出会いを大切にしつつ、ブランドの認知度をアップさせるのが、今の目標です。

「LONGCHAMP」プレスのライフスタイル

バッグもチェック(C)モデルプレス

― 美容面で気をつけていることを教えてください。

荒川さん:25歳を超えてから、本当にお肌の曲がり角を実感するようになり(泣)、また海外出張も多いので、機内や欧米の水で肌荒れしないよう保湿は特にしっかりするようになりました。デスクワークが多くなるにつれて、運動不足も感じるようになり、本当につい最近ジムに通い始めました。結果汗をかくことでストレス解消にもなって、一石二鳥です!

― 休日はどのように過ごしていますか?

荒川さん:平日は中々会えない友達と買い物へ行ったり、ご飯を食べに行ったり、のんびり過ごすことが多いです。美容も大好きなので、スパやネイルなどへ行き自分磨きをするのも、私にとっては大切なリフレッシュ法です。

― 普段ファッション情報をどのように得ていますか?

荒川さん:とにかく毎月かなりの量のファッション誌を読むのと、職業柄、マーケット調査のためインスタはかかさず毎日チェックしています。憧れの人というよりも、素直に自分がいいなと思った世界観を持っているスタイリストさんやインスタグラマーやブロガーなどを参考にすることが多いです。

「LONGCHAMP」で働くためには

荒川真里奈さん(C)モデルプレス

― 「LONGCHAMP」にはどのような人が相応しいのでしょうか?

荒川さん:弊社というより、この業界全体的に言えることなのですが、意外と体育会系なので、体力や根気がある方や気の利く方が向いていると思います。後は、なんでも進んで勉強できる方!特にPRは華やかなイメージを持たれている方が多いのですが、社会人としての基礎や根気など、学ぶ姿勢がないと難しいのかなと思っています。やる気とモチベーションがあって、自分のやりたいゴールがブレていなければ全うできると思っています。

― 書類・面接…と通過できるポイントを教えてください。

荒川さん:正直に目を見て話すこと。嘘は大体わかります。用意してきたな、というありきたりな返答をするよりも、正直な方が面接官の心に響くと思います。また、面接の服装は、ブランドのジャンルにもよるかと思いますが、インポートのラグジュアリーブランドであれば、その方のセンスがわかるシックなオールブラックやベーシックカラーのコーディネイトがいいと思います。

夢を叶える秘訣を語る

「LONGCHAMP」プレスの荒川真里奈さん(C)モデルプレス

― 夢を追いかけている女の子に向けて、夢を叶える秘訣を教えてください。

荒川さん:夢を追いかけるって、本当に素晴らしいことだと思います。どんなにハードでも、その時に目の前にある壁を乗り越えたら、きっとまた新しい自分の一面に出会える。結果だけではなくて、夢に向かって一生懸命に頑張る経過も大切にして欲しいです。自分を信じて努力をすれば、絶対大丈夫!

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

ある日の1日の流れ

「LONGCHAMP」プレスルームで取材を実施(C)モデルプレス

9時30分~ 出社
本国がパリで時差があるため、本国からのメールとスケジュールを確認
それによってその日のTO DOをまとめ、チームに共有し必要に応じて指示を出します

10時00分~
ショールームの掃除、ディスプレイを綺麗に直します

10時30分~
タイアップや、そのシーズンの戦略を話し合うため、広告代理店とのミーティング

12時00分~ ランチ

13時00分~
リース1件目

14時00分~
リース2件目

15時00分~
イベント会社と新規ポップアップと、誘致するインフルエンサーの打ち合わせ

16時00分~
打ち合わせの結果をチームですり合わせ、個々に指示をだします
その上で本国へ送るイベントのプロポーザルを作成し、送信

17時30分~
リース3件目

18時30分~
本国へのレポート作成、必要に応じて電話会議も行います

20時00分~ 退社
明日のスケジュールやTO DOを確認し、退社

荒川真里奈(あらかわまりな)プロフィール

荒川真里奈さん(C)モデルプレス

ブランド:LONGCHAMP(ロンシャン)
職種:プレス
アパレル業界で働き始めた年月:2012年7月~
経歴:アタッシェ・ドゥ・プレス2012年7月~、LONGCHAMPプレス2016年11月~

LONGCHAMP