ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

香水のつけ方の基本 ふんわりとよい香りがするアパレル女子も参考に

香りは、「見た目」と同様に、人の印象を決定づける主な要因であるといわれています。したがって、香水を上手につけることができれば、相手に与える印象を良くすることもできるのです。香水は、どのように使用していくことができれば効果的なのでしょうか。本稿では、「香水のつけ方」について、ご紹介していきます。まずは、「香水の種類と特徴」について、確認していきます。次に、「香水のつけ方の基本」について、ご紹介していきます。そして、「香水をつける場所」ついて、ご紹介していきます。

香水のつけ方の基本 ふんわりとよい香りがするアパレル女子も参考に/Photo by Africa Studio

香水の種類と特徴

香水の種類には、どのようなものがあるのでしょうか。そして、それぞれの香水には、どのような特徴があるのでしょうか。まずは、「香水に関する基礎的な知識」と「主な香水の種類」について、ご紹介していきます。

<香水に関する基礎的な知識>

香水とは、「香料やアルコールなどを混合して作られたよい香りがする水」のことを指します。一般的には、体や衣類などにつけて、香りを楽しむものです。香料の濃度や香りの持続する時間によって、種類が分けられています。ちなみに、香料の濃度や香りの持続時間の数値については、厳密な基準はないそうです。したがって、香水メーカーによって、香料の濃度や香りの継続時間の数値の基準は、異なっています。香りの持続時間については、「目安」としてとらえるようにするとよいでしょう。

<主な香水の種類>

主な香水の種類としては、「パルファン」「オードパルファン」「オードトワレ」「オーデコロン」を挙げることができるでしょう。1つ目のパルファンについては、香料の濃度は、15~30%となっています。香りの持続時間は、5~12時間です。パルファンは、少量であっても強く香り、香水の中でも最上位に位置付けられています。2つ目のオードパルファンについては、香料の濃度は、10~15%となっています。香りの持続時間は、5~7時間です。ちなみに、「オー・ド(eau de)」とは、フランス語で「水の」という意味です。オードパルファンは、パルファンより香料の濃度が低く、香りは弱くなっています。3つ目のオードトワレについては、香料の濃度は、5~10%となっています。香りの持続時間は、2~5時間です。「オーデトワレ」と表記されることもあります。オードトワレは、使用後、数時間が経過すると、香りが軽くなります。4つ目のオーデコロンについては、香料の濃度は、1~5%となっています。香りの持続時間は、1~2時間です。香りが軽く、香りの持続時間も短くなっています。ほのかな香りであるため、気軽に楽しみやすい香水であるといってよいでしょう。

香水のつけ方の基本

香水は、どのようにしてつけていけばよいのでしょうか。それでは、「香水のつけ方」と「香水をつける時のポイント」について、ご紹介していきます。

<香水のつけ方>

香水は、肌に直接つけるのが基本となります。香水の種類に応じて、つけ方を変えるようにするとよいでしょう。パルファンについては、肌の一点に1~2滴を落とすようにするとよいでしょう。ちなみに、パルファンは、基本的には、ボトルにスプレーがついておらず、スティックを使って、肌に直接塗るタイプが多くなっています。なお、スプレータイプの場合には、10~20cmほど離して、ひざの裏や足首などの下半身にスプレーするようにするとよいでしょう。オードパルファンやオードトワレについては、肌に細く線を伸ばすようにしてつけていくとよいでしょう。なお、スプレータイプの場合には、香水を指先につけて、肌に線を描くようにしてつけていくとよいでしょう。オーデコロンについては、一か所に集中させるのではなく、スプレーした香水を複数の場所につけていくとよいでしょう。ちなみに、空中にスプレーした香水をくぐるという方法もあります。なお、この方法の場合には、香りの持続時間については、短くなる傾向にあります。

<香水をつける時のポイント>

香水をつける時には、体を清潔な状態にしておくようにしましょう。これは、香水の香りが、ほかのにおいと混ざってしまうことを防ぐためです。たとえば、汗のにおいなどを挙げることができるでしょう。香りがついている化粧品や制汗剤などの使用は控えるようにして、無香料のタイプのものを使用するようにしましょう。加えて、香水をつけるのは、人に会う30分~1時間ほど前にするようにしましょう。香水の香りは、時間の経過とともに変化していきます。まず、「トップノート」とは、香水をつけた直後のはっきりとした香りのことであり、5~10分ほど持続します。次に、「ミドルノート」とは、香水をつけてから30分~1時間後の香りのことであり、「もっともよい状態」であるといわれています。最後に、「ラストノート」とは、香水をつけてから2~3時間後の香りのことであり、香りが強くなるといわれています。ラストノートについては、長時間、香りが持続するものが多くなります。

香水をつける場所

香水のつけ方を紹介(Photo by Miramiska/Fotolia)

香水は、どこにつければよいのでしょうか。それでは、「香水をつける場所」について、主な場所を4つご紹介していきます。

<耳の後ろ>

香水をつける場所の1つ目は、「耳の後ろ」です。耳の後ろは、体温が高く、香水の香りが、持続しやすい部位であるといわれています。加えて、日に当たりにくく、香りが、紫外線の影響を受けにくいという特徴もあります。紫外線などが当たると、香りが、劣化してしまいやすいのです。

<手首>

香水をつける場所の2つ目は、「手首」です。手首は、香水の香りを放ちやすいのが特徴となります。これは、体温が高く、動きが多い部位であるためです。

<ウエスト>

香水をつける場所の3つ目は、「ウエスト」です。ウエストは、香水の香りが、ほのかに香るという特徴があります。これは、鼻よりも位置が低く、服などによって、香水の香りが隠されることが多いからです。ウエストの左右の部分や背中側の部分に、バランスよくつけるようにしましょう。

<足首>

香水をつける場所の4つ目は、「足首」です。足首は、香水の香りが、足元から立ち上がってくるのが特徴となります。これは、低い位置で、足の動きに合わせて、香水の匂いが放たれるからです。したがって、香水の香りを軽めに香らせたいようなシーンに適しているといえるでしょう。たとえば、「外食をするとき」「映画館へ行くとき」などを挙げることができるでしょう。

香水は、あなたの「武器」となる

いかがでしたでしょうか?ここまでご紹介させていただいたように、香水には、さまざまな種類が存在しており、それぞれには、さまざまな特徴があります。また、香水をつける場所によって、香り方は、大きく異なってきます。したがって、さまざまなシーンにおいて、香水を上手に使うことができれば、香水は、あなたの「武器」の一つとなるのです。(modelpress編集部)