ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

美容液の使い方 基本的な手順とNGな使い方を覚えて、理想の美肌へ

多くの女性にとって、美容液は、毎日使うスキンケアアイテムの一つなのではないでしょうか。昨今では、様々なタイプの美容液も販売されています。ただ、毎日使うスキンケアアイテムであるにもかかわらず、正しい使い方については、あまりよく知られていないということも少なくないようです。そこで、本稿では、1.美容液の基礎知識、2.美容液の使い方、3.注意したい美容液のNGな使い方について、ご紹介していきます。

美容液の使い方 基本的な手順とNGな使い方を覚えて、理想の美肌へ/Photo by Rido

美容液の基礎知識

そもそも、美容液とは、どのようなものなのでしょうか。まずは、1.美容液の定義、2.美容液に含まれる主な成分について、ご紹介していきます。

<美容液とは?>

美容液とは、美容成分が配合されているスキンケアアイテムのことを指します。昨今では、目的ごとに様々なタイプの美容液が販売されています。例えば、1.保湿・ハリ、2.美白、3.毛穴の引き締めなどを目的とした美容液があります。なお、美容液は、基礎化粧品の一つとして、使われています。洗顔後、肌に化粧水を塗り、その後、美容液を塗ります。そして、乳液とクリームを使ってカバーするのが、一般的な使い方です。

<美容液に含まれる主な成分>

美容液には、それぞれの目的に応じて、様々な成分が含まれています。まず、保湿成分としては、1.コラーゲン、2.ヒアルロン酸、3.セラミド、4.プロテオグリカンなどを挙げることができるでしょう。次に、美白成分としては、1.ビタミンC誘導体、2.トラネキサム酸、3.アルブチンなどを挙げることができるでしょう。そして、抗炎症成分としては、1.酵母エキス、2.植物エキスなどを挙げることができるでしょう。肌の悩みに合わせて、効果的な成分が含まれている美容液を選ぶようにするとよいでしょう。

美容液の使い方

美容液は、どのように使えばよいのでしょうか。それでは、「美容液の使い方」について、3つのステップに分けて、ご紹介していきます。

<ステップ1:美容液を手で温める>

まずは、美容液を手に取って、体温で温めます。なぜならば、美容液を温めることによって、美容成分を肌に浸透させやすくすることができるからです。

<ステップ2:部位ごとに美容液を乗せていく>

次に、1.おでこ、2.頬、3.あごなどに少しずつ美容液を乗せていきます。これは、一か所に多くの量の美容液を乗せてしまった場合には、肌にダメージを与えてしまう恐れもあるからです。

<ステップ3:美容液を顔に広げる>

そして、美容液を優しくハンドプレスしながら、顔の全体に広げていきます。ただし、美容液の種類によっては、目元に塗ることは、避けるようにしましょう。具体的には、アルコール成分が多く含まれる刺激の強い美容液などについては、目元に塗ることは、避けたほうがよいでしょう。なお、美容液を十分に浸透させることができたら、乳液やクリームを塗って、美容成分をカバーすることも忘れないようにしましょう。

注意したい美容液のNGな使い方

美容液の使い方を紹介(photo by Voyagerix/Fotolia)

美容液を使う際には、どのようなことに注意をすればよいのでしょうか。それでは、「注意したい美容液のNGな使い方」について、ご紹介していきます。

<NGな使い方1:パッティングをする>

注意したい美容液のNGな使い方の1つ目は、「パッティングをする」という使い方です。パッティングをしながら美容液を塗るという行為は、皮膚に負担をかけてしまう恐れもあります。なぜならば、パッティングの力が強すぎる場合には、毛細血管が切れてしまう危険があるからです。したがって、優しくハンドプレスをしながら、美容液を浸透させていくことを心掛けるようにするとよいでしょう。

<NGな使い方2:美容液を塗り過ぎる>

注意したい美容液のNGな使い方の2つ目は、「美容液を塗り過ぎる」という使い方です。ただ単に美容液を使う量を増やすだけでは、肌のトラブルがすぐに改善されるわけではありません。美容液を使い過ぎてしまった場合には、肌への負担になってしまうこともあります。また、肌に浸透しなかった成分が皮膚に残ってしまうことによって、肌荒れの原因になってしまうこともあります。したがって、それぞれのメーカーから推奨されている量を守り、日々のケアを続けることによって、肌の状態を改善に導いていくことができるのです。

<NGな使い方3:複数の美容液を混ぜて使う>

注意したい美容液のNGな使い方の3つ目は、「複数の美容液を混ぜて使う」という使い方です。複数の美容液を混ぜて使った場合には、期待される効果を得られないこともあります。なぜならば、それぞれの美容液の成分が反応しあうことによって、分離してしまうことなどがあるからです。したがって、美容液は、種類ごとに使い分けるようにしましょう。

<NGな使い方4:古い美容液を使い続ける>

注意したい美容液のNGな使い方の4つ目は、「古い美容液を使い続ける」という使い方です。美容液は、酸化によって、徐々に劣化していきます。したがって、使い始めた時期に注意をして、開封後には、約半年をめどに使い切るようにしましょう。なお、未開封の場合、一般的には、製造日から3年以内であれば、使うことができます。

毎日使うスキンケアアイテムだからこそ、手を抜かない!

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、美容液は、正しい使い方をしなければ、期待される効果を得られないこともあります。毎日使うスキンケアアイテムだからこそ、手を抜かず、正しく使って、理想の美肌を手に入れましょう。(modelpress編集部)