ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

ファッション情報をSNSで調査するには?人気のトレンドを見つけよう

昨今では、SNS上には、様々な情報が飛び交うようになってきています。SNS上の情報の中には、ファッション情報も多く存在しています。それらの情報を上手にチェックすることができれば、ファッション業界の最新の動向やトレンドをキャッチすることも可能です。そこで、本稿では、1.ファッション情報の調査にSNSを活用するメリット、2.ファッション関連のSNSの種類、3.SNSでファッション情報を調査するときのポイントについて、ご紹介していきます。

ファッション情報をSNSで調査するには?人気のトレンドを見つけよう/Photo by argo74

ファッション情報の調査にSNSを活用するメリット

ファッション情報の調査にSNSを活用することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。それでは、「ファッション情報の調査にSNSを活用するメリット」について、ご紹介していきます。

<トレンドを見つけられる>

ファッション情報の調査にSNSを活用するメリットの1つ目は、「トレンドを見つけられる」ことです。SNSを活用すれば、最新の流行や話題のトピックを見つけやすいでしょう。SNS上の投稿に対する「いいね」の数やコメントなどから、人気の高さや理由なども具体的に知ることができるでしょう。

<注目のアカウントの情報を追うことができる>

ファッション情報の調査にSNSを活用するメリットの2つ目は、「注目のアカウントの情報を追うことができる」ことです。SNSを活用すれば、有名ブランドの動向をキャッチアップしやすくなるでしょう。有名ブランドの動向をキャッチアップすることができれば、最新のアイテムに関する情報などもチェックできます。SNS上では、最新アイテムの開発秘話などが公開される場合もあります。また、ファッション系メディアのアカウントをフォローすれば、ファッション業界の全般に関わる情報もスピーディーにチェックすることができるでしょう。昨今では、個別の店舗がアカウントを持っている場合もあります。個別の店舗のアカウントからは、売り場づくりやコーディネートの方法なども参考にすることができるでしょう。以上に加えて、SNS上では、インフルエンサーの興味・関心も知ることができます。インフルエンサーの興味・関心からは、トレンドの予測なども可能になるでしょう。

<多彩なコーディネートを知ることができる>

ファッション情報の調査にSNSを活用するメリットの3つ目は、「多彩なコーディネートを知ることができる」ことです。SNS上では、有名ブランドが公式に発表しているコーディネートはもちろんのこと、ユーザー視点のコーディネートをチェックすることもできます。アパレル店員などは、SNS上で評判のコーディネートを参考にして、自社アイテムのコーディネートに活かすこともできるでしょう。

ファッション関連のSNSの種類

ファッション関連のSNSには、どのような種類があるのでしょうか。それでは、「ファッション関連のSNSの種類」について、ご紹介していきます。

<写真系>

ファッション関連のSNSの種類の1つ目は、「写真系」です。例えば、InstagramやPinterestなどのSNSを挙げることができるでしょう。Instagram上では、有名人やブランドのアカウントをフォローすれば、フィード機能によって、有名人やブランドの最新情報を知ることができます。昨今では、Instagram上で情報を発信するファッション関連のアカウントの数は、とても多くなってきています。なぜならば、Instagramを活用すれば、写真はもちろんのこと、動画を通じて商品の魅力などを伝えることが可能になるからです。加えて、ライブ配信を通じて、ユーザーとの交流なども可能です。これに対して、Pinterest上では、好きなファッションの画像を集めて、それらの画像をまとめて確認することができます。具体的には、「ピン」した画像が「ボード」に集められることによって、オリジナルの画像コレクションを作成することができます。

<動画系>

ファッション関連のSNSの種類の2つ目は、「動画系」です。動画系のSNSとしては、YouTubeが代表的でしょう。動画からは、静止画だけではなかなか知ることができないアイテムの魅力を知ることができるでしょう。例えば、素材の風合いや生地の揺れ方などです。なお、YouTuberによって、解説などが行われている動画をチェックすれば、より実用的な情報を得やすくなるでしょう。YouTuberによる解説などからは、着心地などを知ることができる場合もあります。

<拡散系>

ファッション関連のSNSの種類の3つ目は、「拡散系」です。拡散系のSNSとしては、Twitterが代表的でしょう。Twitter上では、「いいね」やリツイートの数が増えると、情報が急激に拡散していく場合があります。Twitterを活用すれば、画像や動画だけではなく、テキストから多くの意見を知ることができます。したがって、人気となっている理由なども分析することができるでしょう。なお、Twitterでは、Instagramと同様に、ハッシュタグによる検索も行うことができます。

<チャット系>

ファッション関連のSNSの種類の4つ目は、「チャット系」です。チャット系のSNSとしては、LINEが代表的でしょう。ブランドのLINEアカウントと「友だち」になれば、ブランドから、最新の情報がお知らせされます。例えば、新商品やセールなどに関する情報がお知らせされることが多いようです。

SNSでファッション情報を調査するときのポイント

ファッション情報をSNSで調べよう(photo-by-lpictures/Fotolia)

SNSでファッション情報を調査するときには、どのようなことがポイントになるのでしょうか。それでは、「SNSでファッション情報を調査するときのポイント」について、ご紹介していきます。

<キーワードやハッシュタグで検索する>

SNSでファッション情報を調査するときのポイントの1つ目は、「キーワードやハッシュタグで検索する」ことです。アイテム名やイベント名、また季節やシチュエーションなど、幅広いワードで検索するとよいでしょう。幅広いワードで検索すれば、多くのユーザーによる様々なコーディネートを見つけることができるでしょう。

<投稿に対する反響をチェックする>

SNSでファッション情報を調査するときのポイントの2つ目は、「投稿に対する反響をチェックする」ことです。投稿の内容だけではなく、投稿に対して、どのような反響があるのかについて、確認するとよいでしょう。投稿に対する反響には、様々なヒントが隠れていることが多くあります。例えば、人気のカラー・デザインや着用するシチュエーションなどを挙げることができるでしょう。

<毎日チェックする>

SNSでファッション情報を調査するときのポイントの3つ目は、「毎日チェックする」ことです。SNSは、毎日チェックして、最新の情報を得るようにしましょう。リアルタイムの情報を得ることができるSNSを最大限に活用して、「旬の情報」を得ることが大切になります。旬の情報を得ることによって、ファッション業界の動向やトレンドに対する感度を高めることができるでしょう。また、アパレル店員は、お客様や同僚に対して、最新の話題を提供することができるでしょう。

SNSごとの特徴を理解して調査をすることが大切

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、SNSでファッション情報の調査をすることには、様々なメリットがあります。ただし、ファッション関連のSNSには、様々な種類があるため、それぞれの特徴を理解したうえで調査をすることがとても大切になります。本稿を参考にして、SNSから、最新のトレンドをキャッチしてください。(modelpress編集部)