ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

メイクに関する仕事に就きたい!美容のプロを目指す方法とは?

【コスメ/モデルプレス】メイクに関する仕事は、とても人気があります。メイクに関する仕事をしたいという方は、とても多くいらっしゃるようです。それでは、メイクに関する仕事に就くためには、どのような方法があるのでしょうか。そこで、本稿では、メイクに関する仕事に就く方法について、ご紹介していきます。まずは、「メイクに関する主な仕事」と「メイクに関する仕事のやりがい」について、確認していきます。そして、「未経験からメイクに関する仕事に就く方法」について、ご紹介していきます。

メイクに関する仕事に就きたい!美容のプロを目指す方法とは?/Photo by nd3000

メイクに関する主な仕事

そもそも、メイクに関する仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。まずは、「メイクに関する主な仕事」について、主なものを3つご紹介していきます。

<美容部員(ビューティーアドバイザー)>

メイクに関する主な仕事の1つ目は、「美容部員(ビューティーアドバイザー)」です。美容部員は、お客様のニーズなどに合わせて、スキンケアやメイクに関するカウンセリングを行い、化粧品などを販売していきます。一般的には、百貨店やコスメセレクトショップ、ドラッグストアなどにおいて働くことになるケースが、多いようです。

<メイクアップアーティスト>

メイクに関する主な仕事の2つ目は、「メイクアップアーティスト」です。メイクアップアーティストは、クライアントからの依頼に応じて、メイクアップを施していくことになります。メイクアップアーティストの活躍の場としては、結婚式や成人式、ファッションショーのステージなど、多岐にわたっているということができるのではないでしょうか。

<メイクアップインストラクター>

メイクに関する主な仕事の3つ目は、「メイクアップインストラクター」です。メイクアップインストラクターは、メイクに関する専門学校などにおいて、メイクに関する専門的な知識や、メイクのスキルを教えていくということが、主な仕事になります。昨今では、メイクに関する資格取得のための講師を担当するというようなケースも多くなってきているようです。

メイクに関する仕事のやりがい

それでは、メイクに関する仕事には、どのようなやりがいがあると考えられるのでしょうか。ここからは、「メイクに関する仕事のやりがい」について、美容部員、メイクアップアーティスト、メイクアップインストラクター、それぞれのやりがいをご紹介していきます。

<美容部員のやりがい>

「美容部員のやりがい」としては、メイクに関する専門的な知識や最新の情報を得られるということを挙げることができるでしょう。また、お客様のニーズに合致した商品を予測して、販売をしていくというような点に、面白さがあるということもよく言われます。美容部員は、お客様の美容に関する悩みを解消していき、お客様の美を引き出すことによって、笑顔になっていただくことができます。ちなみに、メイクの評判が良い場合には、店舗のリピーターになっていただくことができるというようなケースも少なくないようです。

<メイクアップアーティストのやりがい>

「メイクアップアーティストのやりがい」としては、結婚式や成人式、ファッションショーのステージなど、クライアントにとって「大切な瞬間」を演出することができるということを挙げることができるでしょう。クライアントのイメージにこたえるということはもちろんのこと、クライアントの期待以上のメイクをすることができれば、スキルが認められて、再び依頼を受けることができるというようなケースも少なくありません。

<メイクアップインストラクターのやりがい>

メイクアップインストラクターについては、「メイクの楽しさ」「メイクの奥深さ」などを生徒などに伝えられるというようなことが、やりがいになるというケースが、多いようです。メイクアップインストラクターは、専門学校などにおいて、メイクのスキルを教えていくために、日々、専門的な知識を身に付けていく必要があるということができるでしょう。

未経験からメイクに関する仕事に就く方法

美容のプロを目指す方法を紹介/Photo by Iakov Filimonov

それでは、未経験からメイクに関する仕事に就くためには、どのような方法があるのでしょうか。ここからは、「未経験からメイクに関する仕事に就く方法」について、主なものを3つご紹介していきます。

<教育機関に通う>

未経験からメイクに関する仕事に就く方法の1つ目は、「教育機関に通う」という方法です。メイクに関する専門学校や、メイクアップインストラクターの養成機関などにおいて、メイクに関するスキルなどを身に付けていくことになります。「肌の構造」「スキンケアの方法」「メイクの基本・応用」などについて、体系的に学んでいくことができるでしょう。昨今では、就職支援などが充実している専門学校などもたくさんあります。専門学校から、メイクに関する仕事を紹介してもらうことができるというようなケースも少なくないようです。

<資格を取得する>

未経験からメイクに関する仕事に就く方法の2つ目は、「資格を取得する」という方法です。メイクに関する資格の代表的なものとしては、「日本化粧品検定」「日本メイクアップ技術検定」「メイクアップアドバイザー検定」などを挙げることができるでしょう。これらの資格を取得することができていれば、就職活動の際などに、メイクに関するスキルがあるということをアピールしやすくなるでしょう。

<求人に応募する>

未経験からメイクに関する仕事に就く方法の3つ目は、「求人に応募する」という方法です。美容部員やメイクアップアーティストについては、未経験からであっても、応募することができるケースがあります。メイクに関する知識や成長する意欲、入社後の目標などについて、アピールすることができるようにしておきましょう。ちなみに、メイクアップインストラクターについては、実務経験や資格の取得が求められていることが、一般的であるようです。したがって、まずは、美容部員やメイクアップアーティストの仕事からスタートさせるとよいでしょう。

「憧れの仕事」を手に入れる

いかがでしたでしょうか?ここまでご紹介させていただいたように、メイクに関する仕事は、さまざまな場所において、必要とされているようです。そして、メイクに関する仕事は、未経験の状態から目指していくということも不可能ではないようです。現在、メイクに関する仕事に就きたいと考えていらっしゃる方は、本稿でご紹介させていただいた内容を参考にして、「憧れの仕事」を手に入れられてみてはいかがでしょうか。(modelpress編集部)