ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

正社員と派遣社員の違い アパレル業界で働き方を選ぶポイントとは?

【アパレル/モデルプレス】正社員と派遣社員には、大きな違いがあります。そして、それぞれにメリットとデメリットの双方が存在しています。しかしながら、漠然としたイメージだけで、正社員として働くのか、派遣社員として働くのかということを決めてしまっている方は、とても多くいるようです。そこで、本稿では、アパレル業界において、正社員として働くことと派遣社員として働くことの違いについて、ご紹介していきます。まずは、「正社員と派遣社員の違い」について、確認していきます。そして、「正社員と派遣社員のメリット・デメリット」と「アパレル業界で正社員と派遣社員を選ぶ際のポイント」について、ご紹介していきます。

正社員と派遣社員の違い アパレル業界で働き方を選ぶポイントとは?(Photo by Getty Images)

正社員と派遣社員の違い

正社員と派遣社員には、どのような違いが存在しているのでしょうか。まずは、正社員と派遣社員について、それぞれの定義をご紹介していきます。

<正社員とは?>

「正社員」とは、一般的には、「就業する企業と雇用契約を結んでいる労働者」のことを指します。正社員である場合には、雇用期間に定めがないことが、一般的となっています。そして、労働者が希望すれば、定年まで働くことができる可能性が、高くなっています。また、所定労働時間については、フルタイムで働くことが前提となっています。

<派遣社員とは?>

「派遣社員」とは、一般的には、「人材派遣会社が契約を結んでいる企業に派遣されて働く労働者」のことを指します。派遣社員は、人材派遣会社と雇用契約を結んでいます。したがって、派遣社員には、実際に働く企業との雇用関係はないということになります。なお、派遣社員は、有期雇用が前提となっています。そして、「一般派遣」「紹介予定派遣」などの種類が存在しています。

正社員と派遣社員のメリット・デメリット

正社員と派遣社員には、それぞれどのようなメリット・デメリットがあると考えられているのでしょうか。それでは、正社員と派遣社員、それぞれについて、メリット・デメリットをご紹介していきます。

<正社員のメリット・デメリット>

「正社員のメリット」の1つ目は、「雇用や収入が安定している」ことです。一般的には、無期雇用となっていることが多くなっています。「正社員のメリット」の2つ目は、「福利厚生などの待遇を受けられる」ことです。これに加えて、さまざまな賞与や退職金などが支給されることが多いということも、メリットの1つであるということができるでしょう。「正社員のメリット」としては、ほかにも「勤続年数に応じて、昇給や昇格をすることが多い」こと、「能力に応じて、責任の重い仕事を任されることがある」ことなども挙げることができるでしょう。これらに対して、「正社員のデメリット」としては、「やりたい仕事や勤務地域に対する希望などが、通らないことがある」ことを挙げることができるでしょう。これは、企業が、人事権を持っており、また配属先を決めることができるためです。

<派遣社員のメリット・デメリット>

「派遣社員のメリット」の1つ目は、「自分のライフスタイルに合わせて働くことができる」ことです。一般的には、派遣社員は、正社員と比較して、異動や転勤などになる可能性が、低くなっています。「派遣社員のメリット」の2つ目は、「さまざまな企業で働ける」ことです。労働者派遣法により、同一の組織における受け入れ年数は、最長3年と定められています。なお、別の組織に異動することになれば、同じ企業において、さらに3年働くということも可能になります。さまざまな企業で働くことによって、多くの経験を積むことができるのではないでしょうか。「派遣社員のメリット」の3つ目は、「パートやアルバイトと比較して、時給などが、高く設定されていることが多い」ことです。これには、交通費やボーナスが、給料に上乗せされているなどの理由があります。派遣先の企業の労働条件によっては、正社員の給料を上回るというようなケースもあるようです。これは、裁量労働制が採用されていて、正社員の残業代が固定されているときなどに起こりうるケースであるようです。これらに対して、「派遣社員のデメリット」としては、「雇用が、不安定になりがちである」こと、「昇給や昇進、ボーナスなどは、期待できない」こと、「交通費や経費は、自己負担の場合がほとんどである」こと、「給料が時給であるため、休日が多い月には、収入が減る」ことなどを挙げることができるでしょう。ちなみに、派遣社員は、社会的な信用が正社員に比べて低く、クレジットカードやローンの審査に通りにくいといわれています。

アパレル業界で正社員か派遣社員を選ぶ際のポイント

アパレル業界の正社員と派遣社員を紹介/Photo by sheff

アパレル業界において、正社員として働くのか、派遣社員として働くのかということを選ぶ際には、どのようなことが大切になってくると考えられているのでしょうか。それでは、「アパレル業界で正社員か派遣社員を選ぶ際のポイント」について、主なものを3つご紹介していきます。

<重視したいことで選ぶ>

アパレル業界で正社員か派遣社員を選ぶ際のポイントの1つ目は、「重視したいことで選ぶ」ことです。正社員と派遣社員の特徴を理解して、自分にとって何が大事であるのかということを考えたうえで、選ぶようにするとよいでしょう。たとえば、安定した待遇や収入を確保したい場合には、正社員を選ぶようにするとよいでしょう。これに対して、プライベートを重視したい場合には、派遣社員を選ぶようにするとよいでしょう。

<働きたい期間で選ぶ>

アパレル業界で正社員か派遣社員を選ぶ際のポイントの2つ目は、「働きたい期間で選ぶ」ことです。たとえば、同じ店舗やブランドで長期にわたって働き続けたい場合には、正社員を選ぶようにするとよいでしょう。これに対して、さまざまな企業や職場における仕事を経験したい場合には、派遣社員を選ぶようにするとよいでしょう。

<働きたいブランドで選ぶ>

アパレル業界で正社員か派遣社員を選ぶ際のポイントの3つ目は、「働きたいブランドで選ぶ」ことです。もし、大手のブランドで働きたいという場合には、派遣社員として、キャリアをスタートさせるという道もあります。ラグジュアリーブランドでは、正社員の採用基準は、高めに設定されていることが多くなっているようです。ただし、派遣社員として働き始めて、成果などが認められれば、直接雇用になったり、正社員になったりすることができる可能性もあります。

「働き方」を決めることは、「生き方」を決めること

いかがでしたでしょうか?ここまでご紹介させていただいたように、正社員として働くことと派遣社員として働くことには、さまざまな違いがあるようです。それぞれについて、さまざまなメリットとデメリットがあります。「働き方」を決めることは、「生き方」を決めることであるということもできるのではないでしょうか。本稿でご紹介させていただいた「アパレル業界で正社員か派遣社員を選ぶ際のポイント」も参考にしていただいて、悔いのない選択をしていただければ幸いです。(modelpress編集部)