ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

オーガニックコスメとは?美容部員なら知っておきたい基礎的な知識

皆様は、オーガニックコスメを使われたことはあるでしょうか。オーガニックコスメは、とても人気がある化粧品の一つです。昨今では、さまざまな種類のオーガニックコスメが販売されています。しかしながら、それぞれのオーガニックコスメに関する正しい知識は、なかなか広まっていないようです。そこで、本稿では、1.オーガニックコスメに関する基礎的な知識、2.オーガニックコスメの認証、3.オーガニックコスメをご提案するときのポイントについて、ご紹介していきます。

オーガニックコスメとは?美容部員なら知っておきたい基礎的な知識/Photo by Iakov Filimonov

オーガニックコスメに関する基礎的な知識

そもそも、オーガニックコスメとは、どのようなものなのでしょうか。まずは、「オーガニックコスメに関する基礎的な知識」について、ご紹介していきます。

<オーガニックコスメとは?>

オーガニックコスメとは、一般的には、主に有機栽培された植物の成分が含まれている化粧品のことを指します。オーガニックコスメには、植物が持つ自然治癒力が活かされているのです。ちなみに、オーガニックは、「有機の」という意味を持つ言葉です。

<オーガニックコスメとナチュラルコスメとの違い>

ナチュラルコスメとは、一般的には、主に自然由来の成分が含まれている化粧品のことを指します。したがって、オーガニックコスメは、ナチュラルコスメに含まれるということです。なお、主に自然の鉱物から製造されているミネラルコスメなども、ナチュラルコスメに含まれます。

<オーガニックコスメの定義>

オーガニックコスメとは、正式には、オーガニックコスメの認証を取得した化粧品やオーガニックに関する検査を受けた化粧品のことを指します。なお、海外にはオーガニックコスメの認証がありますが、日本にはありません。ちなみに、有機栽培であることを示すJAS規格は、有機食品の認証です。

<オーガニックコスメをご提案したいお客様>

オーガニックコスメをご提案したいお客様としては、1.オーガニックの商品を好んで購入するお客様、2.肌が持つ本来の美しさを引き出したいお客様、3.スキンケアをシンプルにしたいお客様、4.植物アレルギーがないお客様、5.化学的に合成された成分が含ませている化粧品が肌に合わないお客様などを挙げることができるでしょう。

美容部員なら知っておきたいオーガニックコスメの認証

オーガニックコスメの認証には、どのようなものがあるのでしょうか。それでは、「美容部員なら知っておきたいオーガニックコスメの認証」について、ご紹介していきます。

<BDIH>

美容部員なら知っておきたいオーガニックコスメの認証の1つ目は、「BDIH」です。BDIHは、2000年にドイツで発足した医薬品・化粧品商工業企業連盟です。自社製品の成分や製造方法などに自信を持つメーカーやブランドなどが集まり、ガイドラインが作られました。主に、1.植物原料の使用、2.動物実験の禁止、3.鉱物原料の使用に関して、定められています。

<NaTrue>

美容部員なら知っておきたいオーガニックコスメの認証の2つ目は、「NaTrue」です。NaTrueは、2008年にヨーロッパの化粧品メーカーが中心となって発足したオーガニックコスメの認証団体です。NaTrueでは、認定基準や認定プロセスが、ホームページ上にすべて公開されています。また、オーガニック成分がどの程度含まれているのかについて、星の数を使って表しています。

<ACO>

美容部員なら知っておきたいオーガニックコスメの認証の3つ目は、「ACO」です。ACOは、2002年にオーストラリアで発足した認証機関です。もともとは、農産物やオーガニックフードの認証を行う機関として発足されました。ACOの認証を受けたオーガニックコスメは、科学的に合成された成分が、一切使われていません。

<ECOCERT>

美容部員なら知っておきたいオーガニックコスメの認証の4つ目は、「ECOCERT」です。ECOCERTは、1991年に農学者の団体によって発足されたフランスの国際有機認定機関です。国際有機認定機関としては、世界最大の規模を誇ります。なお、ECOCERTには、COSMEECOとCOSMEBIOという2つのラベルがあります。COSMEECOよりもCOSMEBIOのほうが、厳格な基準となっています。

<demeter>

美容部員なら知っておきたいオーガニックコスメの認証の5つ目は、「demeter」です。demeterは、2001年にドイツで発足した認証機関です。バイオダイナミック農法を推奨しており、どの認証よりも厳しい基準となっています。ちなみに、バイオダイナミック農法とは、オーストリアの哲学博士のルドルフ・シュタイナーによって提唱された有機農法です。

<Soil Association>

美容部員なら知っておきたいオーガニックコスメの認証の6つ目は、「Soil Association」です。Soil Associationは、1946年にイギリスで発足した認証機関です。審査は厳しく、項目も多岐にわたっています。主に、1.遺伝子組み換え作物の制限、2.土壌を用いない栽培方法の禁止に関して、定められています。

オーガニックコスメをご提案するときのポイント

オーガニックコスメを紹介/Photo by Rido

オーガニックコスメをご提案するときには、どのようなことがポイントになるのでしょうか。それでは、「オーガニックコスメをご提案するときのポイント」について、ご紹介していきます。

<オーガニックコスメのメリットをお伝えする>

オーガニックコスメをご提案するときのポイントの1つ目は、「オーガニックコスメのメリットをお伝えする」ことです。それぞれの商品の特徴を理解して、お勧めしたいポイントについて、説明しましょう。お勧めしたいポイントとしては、植物の成分によるアンチエイジング効果などが考えられるでしょう。

<オーガニックコスメの製造工程を説明する>

オーガニックコスメをご提案するときのポイントの2つ目は、「オーガニックコスメの製造工程を説明する」ことです。お客様の中には、オーガニックコスメの製造工程について、興味を示される方も少なくありません。具体的には、1.環境への配慮、2.認証を取得するまでのプロセスなどに興味を示されることがあります。オーガニックコスメが完成するまでの背景を説明することによって、お客様に納得をしていただいたうえで、購入していただくようにしましょう。

<オーガニックコスメを使うときの注意点を説明する>

オーガニックコスメをご提案するときのポイントの3つ目は、「オーガニックコスメを使うときの注意点を説明する」ことです。オーガニックコスメを使うときには、使用期限を守ることが大切になります。これは、保存料が使われておらず、使用期限が短いオーガニックコスメも少なくないからです。また、オーガニックコスメは、肌が敏感になっているときには、使用を控えることも大切です。これは、植物の成分によって、肌が荒れてしまうこともあるからです。

まずは、店舗で取り扱っているオーガニックコスメに関する知識から

いかがでしたでしょうか?ここまでご紹介させていただいたように、オーガニックコスメに関する知識は、多岐にわたっているため、すぐにすべてを覚えることは難しいでしょう。まずは、店舗で取り扱っているオーガニックコスメに関する知識から、勉強されてみてはいかがでしょうか。(modelpress編集部)