ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

履歴書用の写真を撮影する際のメイクで意識すべきこと アパレル業界の転職

皆様は、履歴書用の写真を撮影する際のメイクをどのように行われているでしょうか。採用担当者が履歴書用の写真をチェックする際には、いくつかのポイントがあるといわれています。つまり、履歴書用の写真を撮影する際のメイクにも意識すべきポイントがあるということです。しかしながら、履歴書用の写真を撮影する際のメイクも普段のようなメイクを行ってしまっているというケースは、思いのほか多くあるようです。そこで、本稿では、「履歴書用の写真を撮影する際のメイクで意識すべきこと」について、ご紹介していきます。

履歴書用の写真を撮影する際のメイクで意識すべきこと アパレル業界の転職/Photo by racorn

履歴書用の写真の基本

履歴書用の写真は、どのようなことが基本となるのでしょうか。まずは、「履歴書用の写真の基本」について、ご紹介していきます。

<清潔感>

履歴書用の写真の基本の1つ目は、「清潔感」です。ビジネスパーソンとして、人と接する際には、清潔感は、不可欠の要素であるといってよいでしょう。したがって、ナチュラルメイクをすることが基本となります。そして、髪型や服装にも気を付けましょう。前髪については、横に流して、目元をはっきりと見せるようにするとよいでしょう。なお、アパレル業界においては、私服の写真や全身写真の提出が求められる場合もあります。その際には、応募先の企業のブランドイメージに合致しており、かつ手入れの行き届いている服を着用するようにしましょう。

<明るさ>

履歴書用の写真の基本の2つ目は、「明るさ」です。履歴書用の写真では、肌の血色や表情などから、健康的な明るさを感じさせることが大切になります。したがって、血色がよく見えるようなメイクをするとよいでしょう。また、写真を撮影する際には、口角を上げて、自然な笑顔を見せるようにしましょう。

<誠実さ>

履歴書用の写真の基本の3つ目は、「誠実さ」です。写真を撮影する際には、目に意思を込めて、自然に笑うとよいでしょう。目元に表情があり、意思を感じさせることができれば、誠実な印象を与えられることが多いといわれています。したがって、ナチュラルなアイメイクを施して、適度に目元を強調するとよいでしょう。なお、アパレル業界においては、仕事の際にも華やかな服装をすることが少なくありませんが、履歴書用の写真の撮影する際には、厚化粧は、避けるようにしましょう。なぜならば、履歴書用の写真を撮影する際には、応募先の企業のブランドイメージを守ることが基本となるからです。

【アパレル業界の転職】履歴書用の写真を撮影する際に意識したいベースメイクのポイント

履歴書用の写真を撮影する際、ベースメイクは、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。それでは、「履歴書用の写真を撮影する際に意識したいベースメイクのポイント」について、ご紹介していきます。

<自然な肌色のファンデーションを薄くつける>

履歴書用の写真を撮影する際に意識したいベースメイクのポイントの1つ目は、「自然な肌色のファンデーションを薄くつける」ことです。ファンデーションは、薄く、均等に塗るようにしましょう。ファンデーションの色については、自身の肌の色に近い色を選ぶようにするとよいでしょう。ファンデーションを塗った後には、ハイライトを軽く入れることによって、立体感を出していきます。その際、ハイライトは、鼻筋や目の下に入れるとよいでしょう。なお、テカリがある場合には、ティッシュを当てて、皮脂を取るとよいでしょう。

<シミ・クマをコンシーラーで隠す>

履歴書用の写真を撮影する際に意識したいベースメイクのポイントの2つ目は、「シミ・クマをコンシーラーで隠す」ことです。シミ・クマが気になる部分については、コンシーラーでカバーしましょう。その際、指を使って、コンシーラーをトントンと伸ばしていき、周りの色となじませるようにするとよいでしょう。

<チークで血色を足す>

履歴書用の写真を撮影する際に意識したいベースメイクの3つ目は、「チークで血色を足す」ことです。チークを塗ることによって、血色の良い肌に見えるようになります。血色の良い肌は、健康的・活発というような印象を与えられることが多いといわれています。

【アパレル業界の転職】履歴書用の写真を撮影する際に意識したいポイントメイクのコツ

履歴書用の写真を撮影する際のメイクとは/Photo by VGstockstudio

履歴書用の写真を撮影する際、ポイントメイクは、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。それでは、「履歴書用の写真を撮影する際に意識したいポイントメイクのコツ」について、ご紹介していきます。

<【目元】派手な色・厚塗りは避ける>

履歴書用の写真を撮影する際に意識したいポイントメイクのコツの1つ目は、「派手な色・厚塗りは避ける」ことです。目元には、ナチュラルな色のアイシャドウを塗るようにしましょう。例えば、ブラウンやベージュのアイシャドウです。ラメ入りのアイシャドウは、避けたほうがよいでしょう。アイシャドウを塗る際には、目元を強調し過ぎないことが大切になります。アイライナーを濃く引いたり、マスカラを重ね塗りしたりすることなどは、避けたほうがよいでしょう。ただし、一重であるため、目元がぼんやりとした印象になってしまう場合には、アイラインやマスカラの使用も検討してみるとよいでしょう。なお、アイラインやマスカラの使用方法を誤ると派手な印象を与えて、清潔感が失われてしまう可能性もあるので、注意しましょう。

<【口元】程よくツヤのある唇に仕上げる>

履歴書用の写真を撮影する際に意識したいポイントメイクのコツの2つ目は、「程よくツヤのある唇に仕上げる」ことです。リップの色は、自身の唇の色に近いピンクを選ぶとよいでしょう。加えて、自然なツヤを足すことができるようなリップを選ぶことをお勧めします。なお、発色が強すぎるタイプのリップは、避けたほうがよいでしょう。

履歴書用の写真の出来栄えは、就職活動・転職活動の成否を左右する

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、履歴書用の写真を撮影する際のメイクには、様々なポイントがあります。履歴書用の写真の出来栄えは、就職活動・転職活動の成否を左右する大事な要素の一つです。就職活動中・転職活動中の方は、本稿を参考しながら、印象の良い履歴書用の写真を準備して、就職活動・転職活動を成功に導いてください。(modelpress編集部)