ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

日本化粧品検定の試験内容と対策 専門知識をつけて美容のプロへ

皆様は、日本化粧品検定という検定をご存知でしょうか。日本化粧品検定は、美容関係の仕事をする場合には、必須の検定の一つであるといっても過言ではないでしょう。日本化粧品検定では、化粧品や美容に関する専門的な知識を身につけることができます。それでは、具体的には、どのようなことを学んでいくことになるのでしょうか。また、対策としては、どのようなことを行っていけばよいのでしょうか。本稿では、「日本化粧品検定の試験内容と対策」について、ご紹介していきます。

日本化粧品検定の試験内容と対策 専門知識をつけて美容のプロへ/Photo by Kinga

美容関係の仕事に役立つ日本化粧品検定とは?

そもそも、日本化粧品検定とは、どのような検定なのでしょうか。まずは、日本化粧品検定の概要と日本化粧品検定が役立つ仕事について、ご紹介していきます。

<日本化粧品検定とは?>

日本化粧品検定は、化粧品や美容に関する知識の向上・普及を目的として実施されている検定の一つです。年齢・性別を問わず、受験することができます。試験内容については、美容の専門家40名以上が監修しているため、化粧品に関する基礎知識・美容皮膚科額・美容に関連する法律などについて、体系的に学ぶことができるでしょう。なお、日本化粧品検定は、文部科学省が後援している検定です。1~3級まであり、1級と2級の併願は可能です。合格基準については、正答率70%となっています。

<日本化粧品検定が役立つ仕事>

日本化粧品検定は、美容のプロフェッショナルや化粧品関連の企業の仕事に役立ちやすいといえるでしょう。例えば、1.美容部員、2.メイクアップアーティスト、3.ネイリスト、4.美容師、5.カラーコーディネーターなどです。加えて、化粧品関連の企業の販売・営業・商品企画などの仕事にも役立つでしょう。

日本化粧品検定の試験内容

日本化粧品検定の試験は、どのような内容になっているのでしょうか。それでは、「日本化粧品検定の試験内容」について、ご紹介していきます。

<1級>

日本化粧品検定の1級では、化粧品の成分やより専門的な皮膚科学などについて、出題されます。具体的には、1.成分の効能・効果、2.男性肌の特徴、3.爪の構造と機能、4.頭皮・毛髪の構造と機能、5.香りの種類と嗅覚の仕組みなどです。これらに加えて、薬機法などの化粧品に関する法律やルールについても出題されます。なお、1級の試験には、2級と3級の出題範囲からも出題されます。

<2級>

日本化粧品検定の2級では、1.基本的な皮膚科学、2.メイクアップの方法、3.スキンケアの方法、4.美容の観点から意識すべき生活習慣などについて、出題されます。具体的には、1.皮膚の構造とターンオーバーの仕組み、2.メイクアップの基本、3.肌のタイプと見分け方、4.美しい肌を作るための生活習慣(食事・運動・入浴・睡眠)などです。

<3級>

日本化粧品検定の3級では、化粧品や美容全般にかかわる基礎知識について、出題されます。具体的には、1.ンジングの方法、2.洗顔の方法、3.化粧水の使い方、4.乳液の使い方、5.クリームの働きと基本的なお手入れの方法などです。これらに加えて、間違えがちな肌に関する悩みへの対処法などについても出題されます。

日本化粧品検定の対策

日本化粧品検定の試験内容と対策を紹介/Photo by New Africa

日本化粧品検定に向けた対策としては、どのようなことを行えばよいのでしょうか。それでは、「日本化粧品検定の対策」について、ご紹介していきます。

<公式テキストを使用する>

日本化粧品検定に向けた対策には、公式テキストを使用するとよいでしょう。その際、受験する予定の級の公式テキストを使用するようにしましょう。公式テキストには、わかりやすい図解なども掲載されており、日本化粧品検定に向けた対策だけではなく、化粧品の専門書としても使用することができるでしょう。なお、公式テキストには、暗記用の「赤シート」もついています。

<認定校に通う>

日本化粧品検定に向けた対策としては、認定校に通ってもよいでしょう。一般社団法人日本化粧品検定協会が認定する認定校は、全国にあります。認定校が提供する対策講座に通って、試験に備えるとよいでしょう。認定校の対策講座では、化粧品の成分の原料にも触れる機会があるなど、実習も豊富にあります。なお、本番の試験を認定校で受験することも可能です。

日本化粧品検定でスキルアップやステップアップを目指そう!

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、日本化粧品検定では、化粧品や美容に関する様々な知識について、幅広く学ぶことができます。美容関係の仕事を目指されている場合や美容関係の仕事をされている場合には、日本化粧品検定にチャレンジをして、さらなるスキルアップやステップアップを目指されてみてはいかがでしょうか。(modelpress編集部)