ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

【アパレル業界の転職】面接用バッグはどう選ぶ?おすすめのタイプと注意点

面接を受けるときには、バッグの持参は必須です。しかしながら、面接を頻繁に受けるということはあまりないため、どのようなバッグを持参すればよいのか困ってしまうという方も少なくないようです。それでは、面接には、どのようなバッグを持参することが適切であると考えられるのでしょうか。また、面接を受けるときには、どのようにバッグを扱えばよいのでしょうか。これらの問いに答えるため、本稿では、「転職活動中の面接に持っていくバッグを選ぶときのチェックポイント」と「面接時のバッグの持ち方と置き方」について、ご紹介していきます。なお、本稿は、アパレル業界の転職活動に焦点を当てます。

【アパレル業界の転職】面接用バッグはどう選ぶ?おすすめのタイプと注意点/Photo by Africa Studio

転職活動中の面接に持っていくバッグを選ぶときのチェックポイント

転職活動中の面接に持っていくバッグは、どのように選べばよいのでしょうか。まずは、「転職活動中の面接に持っていくバッグを選ぶときのチェックポイント」について、ご紹介していきます。

<A4サイズの書類が入り、足元に置けるか?>

転職活動中の面接に持っていくバッグを選ぶときのチェックポイントの1つ目は、「A4サイズの書類が入り、足元に置けるか?」です。面接に持っていくバッグは、A4サイズの書類が入るサイズがよいでしょう。なぜならば、A4サイズの書類が入るバッグであれば、大切な書類を折り曲げずに入れることができるからです。そして、革製、もしくは合皮製のきれいな印象のトートバッグなどをお勧めします。バッグの口については、しっかりと閉じることができるタイプの方が安心でしょう。なお、面接の際には、バッグを足元に置かなければならない場合が多いため、自立できるタイプのバッグを選ぶようにしましょう。そのため、1.クラッチバッグ、2.ショルダーバッグ、3.リュックサックなどは、避けるようにしましょう。

<落ち着いた色合いか?>

転職活動中の面接に持っていくバッグを選ぶときのチェックポイントの2つ目は、「落ち着いた色合いか?」です。面接に持っていくバッグは、ブランドイメージに合わせることも大切ですが、派手すぎる色のバッグなどは、避けた方が無難でしょう。そのため、1.ベージュ、2.ブラウン、3.グレー、4.ネイビー、5.ブラックなど、落ち着いた色合いのバッグをお勧めします。

<他社ブランドのロゴが入っていないか?>

転職活動中の面接に持っていくバッグを選ぶときのチェックポイントの3つ目は、「他社ブランドのロゴが入っていないか?」です。面接に持っていくバッグには、外資系のハイブランドのロゴなど、他社ブランドのロゴが入っているバッグは、避けた方が無難でしょう。なお、面接に持っていくバッグが応募先の企業のブランドのものではない場合には、バッグのロゴは、目立たない方がよいでしょう。

面接時のバッグの持ち方と置き方

面接時には、どのようにバッグを持てばよいのでしょうか。また、どのようにバッグを置けばよいのでしょうか。それでは、「面接時のバッグの持ち方と置き方」について、ご紹介していきます。

<面接時のバッグの持ち方>

面接会場に近づいたら、バッグは、手で持った方がよいでしょう。なお、入室時にはお辞儀をする必要があるため、バッグは、ドアをノックしない方の手で持つようにしましょう。

<面接時のバッグの置き方>

面接中、バッグは、椅子の横に、立てた状態にして置きます。タイミングとしては、面接会場に入ってから、椅子に座るように指示された後、会釈をしてからになります。なお、バッグを置く場所を指示された場合には、その指示に従うようにしましょう。

面接時にバッグ以外に気をつけたいこと

面接用のバッグとは?/Photo by Kamil Macniak

面接時、バッグ以外には、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。それでは、「面接時にバッグ以外に気をつけたいこと」について、ご紹介していきます。

<服装>

面接時にバッグ以外に気をつけたいことの1つ目は、「服装」です。「私服でお越しください」と指示された場合には、面接官は、自社ブランドに合う人材であるか否かをチェックしたいと考えています。したがって、応募先の企業のブランドイメージに合致、かつ自身にも似合うコーディネートをするようにしましょう。清潔感については、どのようなブランドであっても重視されます。昨今では、トレンドを意識したコーディネートが評価対象とされる場合もあるようです。なお、リクルートスーツは、避けるようにしましょう。

<髪型>

面接時にバッグ以外に気をつけたいことの2つ目は、「髪型」です。面接時には、清潔感のある髪型が望ましいでしょう。ぼさぼさの状態は避け、ブランドイメージに合わせてスタイリングすることも大切です。なお、派手な髪色を禁止しているブランドもあるため、注意しましょう。

<爪>

面接時にバッグ以外に気をつけたいことの3つ目は、「爪」です。面接時には、爪は、あまり長くしないようにしましょう。また、できるだけナチュラルな色のネイルを選ぶようにしましょう。加えて、ネイルは、剥げているところがないようにすることも大切です。

アパレル業界の転職活動を成功に導くためには?

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、アパレル業界の転職活動では、面接用バッグの選び方は、とても大切です。しかしながら、適切なバッグを選ぶだけでは不十分です。バッグの持ち方、および置き方にも気をつけるようにしましょう。さらに、1.服装、2.髪型、3.爪にも気を配ることによって、転職活動を成功に導いてください。(modelpress編集部)