ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

【美容部員の転職】面接に慣れるためのポイントは?緊張を克服する方法

面接は、だれでも緊張するものです。面接の際の過度な緊張による失敗は、だれもが一度は経験することでしょう。しかしながら、できることであるならば、なるべく緊張せずにいたいものです。それでは、面接に慣れて、なるべく緊張せずにいるための方法はあるのでしょうか。本稿では、この問いに答えるため、1.面接に慣れるために必要な準備、2.面接官がチェックしているポイント、3.面接中の緊張を克服するためのポイントについて、ご紹介していきます。なお、本稿は、美容部員の転職向けの内容になっています。

【美容部員の転職】面接に慣れるためのポイントは?緊張を克服する方法/Photo by Stock-Asso

面接に慣れるために必要な準備

面接に慣れるためには、どのような準備が必要になるのでしょうか。まずは、「面接に慣れるために必要な準備」について、ご紹介していきます。

<想定問答を準備する>

面接に慣れるために必要な準備の1つ目は、「想定問答を準備する」ことです。あらかじめ質問されそうな項目を想定しておき、かつそれに対する回答を準備しておくようにしましょう。想定される質問としては、1.志望動機、2.これまでの実績、3.入社後に活かすことができるスキルなどを挙げることができるでしょう。

<模擬面接を行う>

面接に慣れるために必要な準備の2つ目は、「模擬面接を行う」ことです。模擬面接を行うことによって、面接の「雰囲気」を感じることができるため、本番の面接への準備も進めやすくなります。模擬面接の際には、質問に対して、的確、かつ簡潔な回答ができているか否かについて、チェックしましょう。加えて、1.好感を持たれる印象、2.結論から始まるわかりやすい回答、3.適切な声の大きさ、4.適切な説明のための時間などもチェックすべきポイントとして挙げることができるでしょう。

面接に慣れるために知っておきたい!面接官がチェックしているポイントとは?

面接に慣れるためには、面接官がチェックしているポイントを知ることが大切です。それでは、「面接官がチェックしているポイント」について、ご紹介していきます。

<社会人としての基礎的なスキル>

面接官がチェックしているポイントの1つ目は、「社会人としての基礎的なスキル」です。面接官は、社会人として、また接客担当としての適性があるか否かについて、チェックしています。具体的には、1.コミュニケーションスキル、2.ビジネスマナー、3.PCスキルなどを挙げることができるでしょう。なお、社会人としての基礎的なスキルは、一次面接の際にチェックされていることが多いようです。

<実務に必要なスキル>

面接官がチェックしているポイントの2つ目は、「実務に必要なスキル」です。具体的には、1.美容部員としての経験、2.美容部員としての実績、3.メイクに関する知識、4.スキンケアに関する知識などを挙げることができるでしょう。なお、実務に必要なスキルは、二次面接以降に、店長など、受け入れ先の責任者がチェックすることが多いようです。

<既存の従業員との相性>

面接官がチェックしているポイントの3つ目は、「既存の従業員との相性」です。面接官は、既存の従業員との相性をチェックするため、前職の職場環境などに関する質問をすることが多くあります。具体的には、1.前職の職場における従業員の年齢、2.前職の職場における外国人労働者の比率などです。なお、既存の従業員との相性は、二次面接以降に、店長など、受け入れ先の責任者がチェックすることが多いようです。

<企業との相性>

面接官がチェックしているポイントの4つ目は、「企業との相性」です。面接官は、「チャレンジを重視する社風だが、過去に最もチャレンジした経験は何か?」などの質問をすることによって、自社の理念やビジョン、社風に合致する人材であるか否かについて、見極めようとします。なお、企業との相性は、社長や役員などの経営層が最終面接の際にチェックすることが多いようです。

面接中の緊張を克服するためのポイント

面接に慣れるためのポイントを紹介/Photo by New Africa

面接中の緊張を克服するためには、どのようなことがポイントになるのでしょうか。それでは、「面接中の緊張を克服するための方法」について、ご紹介していきます。

<要点を絞ってから、話し始める>

面接中の緊張を克服するためのポイントの1つ目は、「要点を絞ってから、話し始める」ことです。質問に対する回答の要点を絞り、余計な内容はそぎ落とすようにしましょう。その際、5W1Hを意識することが大切です。また、思いついた内容を一から順番に話すことは避けるようにしましょう。なぜならば、話が長くなり、要点がわかりにくくなりがちだからです。なお、比較的ゆっくりと話せば、慎重に言葉を選びやすくなります。また、面接官に対して、落ち着いた印象も与えやすくなるでしょう。もし、追加質問が来た場合には、補足説明をするようにしましょう。

<面接官の質問の意図を理解する>

面接中の緊張を克服するためのポイントの2つ目は、「面接官の質問の意図を理解する」ことです。面接官が質問からチェックしようとしていることを意識して、的確な回答をするようにしましょう。例えば、外資系の企業の面接の際に、履歴書を見て、「国内企業での勤務が多い理由は?」と聞かれた場合には、海外ブランドに関する知識や海外ブランドへの関心があるか否かについての懸念を抱かれている可能性があります。その際には、国内企業での勤務が多い理由はもちろんのこと、海外ブランドに関する知識も豊富であることや志望する企業への理解度の高さなどをアピールすることができるとよいでしょう。

<回答することができない質問には、無理に回答しない>

面接中の緊張を克服するためのポイントの3つ目は、「回答することができない質問には、無理に回答しない」ことです。知識がないなどの理由により、回答することができない質問に対しては、回答することができないということを素直に伝えるようにしましょう。具体的には、「不勉強で申し訳ございません。後ほど確認いたします」などと伝えるとよいでしょう。面接では、真摯な態度や素直さなども重視されます。そのため、知ったかぶりなどは、かえって印象を悪くしてしまうこともあるということを理解するようにしましょう。

<場数を踏む>

面接中の緊張を克服するためのポイントの4つ目は、「場数を踏む」ことです。場数を踏むことによって、次第に慣れていくことができます。そのため、少しでも関心がある企業には、積極的に応募をして、面接を経験する数を増やすようにするとよいでしょう。

面接中の緊張は克服できる!

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、面接中の緊張を克服することは、決して不可能ではありません。今後、面接を控えている場合には、本稿を参考にしながら、面接中の緊張を克服するための方法をぜひ模索してみてください。そして、面接の突破へとつなげていってください。(modelpress編集部)