ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

アパレル面接には何を着ていく?服装自由のときの選ぶポイント

【アパレル/モデルプレス】一般的な企業の面接ではリクルートスーツを着ておけば問題ありませんが、アパレル業界に限っては「カジュアルな服装でお越しください」と指定されることは少なくありません。あなたがブランドイメージに合った人材なのか見極めるためあなたの服装を見ているためにそのような指定をしているのです。しかし、自由と言われると逆に何を着たらいいのか分からなくなってしまうものですよね。そこで今回は、アパレル面接時の服装選びのポイントについてご紹介します。

アパレル面接には何を着ていく?服装自由のときの選ぶポイント(photo-by-naka/Fotolia)

アパレル面接は基本「服装自由」

ここでは、アパレル面接の服装についてご紹介します。服装自由と指定されることは少なくありませんが、一部例外もあります。それはどんな時なのでしょうか。

<アパレル企業の面接では、「服装自由」が多い>

アパレル業界に限ったことですが、応募者のファッションセンスを知るために面接時の服装を自由と設定している企業が少なくありません。ただ、服装自由だからと言って、何でも良いわけでもなく、当然コーディネートも採用基準の一つとなっています。そのため、応募した企業のブランドイメージに沿ったコーディネートをする必要があります。

<例外>

面接時に私服を審査されるのはアパレル販売員に多く、プレスや管理部門などの本社勤務の場合や、百貨店勤務、勤務時にスーツが支給されるようなラグジュアリーブランドの場合は、スーツを着用すべきでしょう。しかしリクルートスーツは避け、受ける企業のブランドイメージやデザインに近いスタイリングを心掛けましょう。最も間違いが無いのは、受けるブランドのスーツを着ることですが、全身を揃えることは簡単なことではありません。そのような場合は、スカーフなどの小物を取り入れると良いでしょう。

アパレル面接にNGな服装

ここでは、アパレル面接にNGな服装についてご紹介します。他の業界には見られないアパレル業界特有のNGが存在しています。

<カジュアルすぎる服装>

カジュアルすぎる服装(提供写真)

ダメージ加工が施されたアイテムや、Tシャツは清潔感に欠けるため避けた方が無難と言えます。また、デニムをメインに扱っているブランドで無い限り、デニムもカジュアル過ぎると思われてしまう可能性があります。

<露出が多い服装>

露出が多い服装(提供写真)

露出が多い服装は面接というフォーマルな場にそぐわないため、絶対に避けましょう。企業はあなたの一般常識を見ています。カジュアルすぎる服装も、露出が多い服装も一般常識が無いと見なされてしまう可能性があります。

<リクルートスーツ>

リクルートスーツ(提供写真)

他の業界ではリクルートスーツを着ていけばまず問題はありませんが、アパレル業界ではそれは当てはまりません。「アパレル業界に興味がないのでは」と判断されてしまうからです。スーツを着用する場合でも、お洒落に気を使っていることをアピールすることが重要です。

<全身ブランドアイテム>

受ける企業のブランドが好きなことをアピールするために、全身をブランドのアイテムでコーディネートしようとする人も少なくありませんが、これは必ずしもしなければならないことではありません。複数の企業に応募していたり、高価で手が出せなかったりする場合は、アクセサリーなどの小物を取り入れる程度で十分です。

<他社ブランドがわかりやすいアイテム>

他社ブランドがわかりやすいアイテム(提供写真)

全身を受けるブランドのアイテムで揃える必要はありませんが、他社ブランドであることが一目で分かるようなアイテムも避けましょう。他社ブランド名のロゴが目立つアイテムや、ヒット商品は印象が良いとは言えません。またハイブランドのバッグも多くの人が知っているため、他社ブランドは避けたほうが無難です。

アパレル面接時の服装のポイント

アパレル面接時の服装のポイントについてご紹介します。面接官に好印象を持ってもらえる服装とはいったいどのようなものなのでしょうか。

<清潔感>

アパレル販売員は接客業なので、清潔感は欠かせません。特にアパレル業界では、服のシワやシミなどにも注意しましょう。またコーディネート以外にも、髪型がぼさぼさであったりすると、清潔感が無いと受け取られてしまいます。最低限の身だしなみができるかどうか企業は見ています。面接の前には今一度チェックし、日頃のケアを欠かさないようにしてください。

<小物を活用>

小物を活用(提供写真)

面接時にスーツやジャケットを指定されている場合は、首周りにそのブランドのスカーフなどを取り入れることでアピールすることができます。また、スーツを着用する際は、受ける企業のブランドイメージに近いスタイリングやデザインのアイテムを選ぶようにしましょう。

<靴>

パンプスなどがオススメ(提供写真)

ヒールのあるパンプスやローファーなどがオススメです。スニーカーやサンダル、ブーツなどは面接というフォーマルな場にはそぐわないので避けましょう。

<髪型>

全体の印象を決めてしまう髪型はどのようにしたら良いのか悩む所だと思います。これも清潔感が出るように前髪や顔周りの髪が邪魔にならないような髪型にすることを心掛けましょう。ショートやミディアムの場合はそのままでも良いですが、ロングの場合はハープアップにすることによって、上品さとともに華やかさを演出することができます。また、ポニーテールも真面目な印象を与えることができます。

面接官にアピールできる服装を心掛けましょう

いかがでしたでしょうか。面接というフォーマルな場であることを念頭に起きながらも、自分のファッションセンスを活かした服装をしてアピールポイントにしましょう。面接官に「今日のコーデのポイントを説明してください」と質問された時に、きちんと答えることができるようになっておくのが理想です。そこから考えると、どのような服装をすべきなのか自ずと導き出されることでしょう。(modelpress編集部)