ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

テキスタイルデザイナーになるには?素材からこだわる生地製作の仕事

【アパレル/モデルプレス】テキスタイルデザイナーという仕事をご存知でしょうか?テキスタイルデザイナーは、服飾からインテリア小物まで日常生活で使われているものの生地をデザインする仕事です。テキスタイルデザイナーの仕事次第で品質が大きく変わってくるため、ファッション業界では重要な仕事の1つとなっています。それでは、テキスタイルデザイナーの仕事内容や目指すために必要なスキルについてご紹介します。

テキスタイルデザイナーになるには?素材からこだわる生地製作の仕事/Photo by giulia186

テキスタイルデザイナーとは?

まずはテキスタイル、テキスタイルデザイナーについての基本的な情報をご紹介します。

<テキスタイルの意味>

テキスタイルとは、糸を縦横に組み合わせて作った布地である「織物」のことを指します。テキスタイルデザイナーは、テキスタイルの織り方や染め方、色や柄等を作っていきます。そして、テキスタイルデザイナーによってデザインされたテキスタイルは洋服だけではなく、スカーフや帽子などの小物からカーテンや絨毯などのインテリア小物まで幅広く使われています。普段、何気なく目にしているものもテキスタイルデザイナーによってデザインされたものが数多くあるでしょう。

<テキスタイルデザイナーの仕事内容>

テキスタイルデザイナーは生地そのものをデザインして作ったり、またはファッションデザイナーが描いたデザイン画を基に生地を作ったりします。テキスタイルデザイナーが生地を作る時は、色や柄、デザインだけではなく、素材となる糸を選定し、糸のより方や染色方法、織り方、そして表面の加工方法を決定します。生地の作り方によって出来上がりの質感や機能上の特徴等が大きく変わるので、テキスタイルデザイナーは素材や加工技術についての専門的知識が求められる仕事です。

<テキスタイルデザイナーの需要は幅広い>

テキスタイルデザイナーが扱っているのは洋服や着物、ネクタイなどの普段身につける服飾小物のテキスタイルのみではありません。カーテンや絨毯などのインテリア小物なども扱っています。したがって、テキスタイルデザイナーは幅広い現場で需要が高いのです。

テキスタイルデザイナーになるために有利な資格

テキスタイルデザイナーになるために必須の資格はありませんが、転職時にアピールできる資格はあります。続いては、テキスタイルデザイナーになるために有利な資格についてご紹介します。

<必須の資格はない>

必須の資格はありませんが、染色や一般的な服飾の知識は必要不可欠です。テキスタイルの基本的な知識や技術を証明する資格は、テキスタイルデザイナーになるときにより有利になります。その資格をいくつかご紹介します。

<テキスタイルアドバイザー>

テキスタイルアドバイザーとは、アパレル業界における企画から消費者対応までをプロとして認める資格です。この資格を得るためには、日本衣料管理協会が認定した大学・短大での履修が必要になります。

<洋裁技術検定>

この検定は洋裁の知識や技術を評価します。受験資格は日本ファッション教員振興協会が認定した学校の学生のみになっています。

<ファッションコーディネート色彩能力検定>

文部科学省に認定されている検定で、誰でも受験することができます。テキスタイルデザイナーで必要となるカラーコーディネート能力を証明してくれます。

テキスタイルデザイナーになるには?

テキスタイルデザイナーを紹介/Photo by UfaBizPhoto

テキスタイルデザイナーについて分かってきたところで、続いてはテキスタイルデザイナーになるために必要なスキルや具体的に目指す方法についてご紹介します。

<求められるスキル>

テキスタイルデザイナーは様々な素材から生地を製作していきます。そのためにはそれぞれの素材の特性をよく理解しておく必要があります。また、それぞれの素材にあった加工技術の専門的な知識も求められます。そして、テキスタイルデザイナーは消費者に需要があるデザインを作り上げるため、消費者の情報をキャッチし、今の流行を知る情報力が必要になります。その時の流行に合った生地をデザインするために、豊かな色彩感覚も求められます。

<テキスタイルデザイナーを目指す方法>

まずはファッション系の専門学校や大学・短大でテキスタイルデザイナーとしてのスキルをつけます。テキスタイル関連コースなど、テキスタイルを専門的に学べるコースなどもあります。その後、繊維会社やデザイン事務所、アパレルメーカーに就職し、実際の現場でファッションスキルを磨きながらテキスタイルデザイナーとして働きます。個性や実力が認められれば、フリーになり国内外で活躍する人も少なくありません。

様々なスキルを求められるが、やりがいのある仕事

いかがでしたでしょうか。テキスタイルデザイナーは、質の高いオリジナル素材や洗練された技術によるデザインなどを作るために様々なスキルが求められる仕事です。求められるスキルが大きい分、製品を素材から選び1から製品を作りあげたときの達成感も大きいのがテキスタイルデザイナーの仕事です。(modelpress編集部)