ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

アパレルの面接は服装自由!私服面接で見られる3つのポイント

【アパレル/モデルプレス】アパレルの面接でよく見られる服装自由の面接には成功するためのポイントがあります。私服での面接と言われると、ついコーディネートばかり気にしてしまいがちですが、面接官がチェックしているポイントはそれだけではありません。今回は、アパレルの私服面接で面接官に見られる3つのポイントをご紹介します。

アパレルの面接は服装自由!私服面接で見られる3つのポイント(photo-by-naka/Fotolia)

ポイント1「ブランドイメージに合っているか」

私服面接では「どのような服が良いのだろう」と悩む人が少なくありません。まずは私服を選ぶポイントの1つ、「ブランドイメージに合っているか」についてご紹介します。

<個人の私服の系統を見ている>

服装自由のアパレルの面接では、面接内容だけではなく面接に着てくる私服も判断のポイントにしています。面接官は私服から、「自社のブランドに合っている人か」、「自社ブランドの服を着こなせるか」などをチェックしているのです。個人の趣味として楽しんでいる私服の系統が、ブランドイメージとあまりにもかけ離れていると、ブランドの顔として接客するのは難しいと判断されてしまうでしょう。

<ブランドイメージに合っていることをアピールする>

私服面接では、ブランドイメージに合ったコーディネートを意識しましょう。「自社のブランドに合っている人」、「自社ブランドの服を着こなせそう」と面接官に思わせるようなブランドイメージや社風に合ったコーディネートを考えるのが重要です。そのために、企業のホームページやWebサイト、SNSなどを、面接を受ける前に確認しておきましょう。このようにブランドイメージや系統を調べることで企業研究にも繋がります。

ポイント2「ファッションセンスがあるか」

面接中にチェックしているポイントはもう1つあります。それでは、ポイント2つ目「ファッションセンスがあるか」について見られているポイントをご紹介します。

<アパレル販売員はファッションセンスが必須>

アパレル販売員はただ決められたコーディネートを身につけるだけではありません。ブランドのアイテムの着こなし方などを把握した上で、自分でアイテムの良さがアピールできるようなコーディネートを考えていきます。また、お客様の話を聞いてコーディネートを提案する場合もあります。したがって、その場その場でコーディネートを考えるセンスが求められます。このようなコーディネートでは全体のコーディネートや色使いだけではなく、アクセサリーなどの小物使いなどにも気を配ったコーディネートのほうが、よりセンスの高い評価をされます。ただ流行りのコーディネートをするのではなく、ブランドイメージを守りながらも小物などで自分らしさを出しているコーディネートは面接官からの評価も高いでしょう。

<流行に敏感であるかどうかもポイント>

私服面接ではコーディネートの全体的なバランスなども見られますが、トレンド感や季節感が合っているかどうかも確認します。したがって、流行遅れのアイテムや季節外れのコーディネートは面接官からの印象を悪くしてしまいます。もし、トレンド感や季節感があり、かつブランドイメージに合った服がない場合はお金を惜しまずに新しいアイテムを買いに行きましょう。このような私服面接でひと手間かけられるかどうかで、面接結果が変わることもあります。

ポイント3「社会人としてのマナーが身に付いているか」

私服面接は、私服以外でも重要なポイントがあります。それでは、「社会人としてのマナーが身に付いているか」について見られているポイントをご紹介します。

<身だしなみには生活態度が現れる>

私服面接でしわしわの服を着ていくと「性格がだらしないのかもしれない」と思われてしまう可能性があるでしょう。私服面接はオシャレさだけではなく、社会人としてのマナーも求められています。その場しのぎのオシャレは、面接時に普段の生活態度が表れてしまうことがあります。社会人としてのマナーに自信の無い人は注意しましょう。

髪型やメイクも採用時のチェックポイント

私服での面接だからと言って、奇抜な髪型や派手すぎるメイクはNGです。面接というフォーマルな場であることを意識しましょう。髪色自由の面接の場合は染め直す必要はありませんが、髪の毛をまとめるなどして清潔感を意識してください。

<ブランドによっては、入社後にメイクの練習をする企業もある>

ブランドによっては、アパレル販売員がしっかりとしたメイクで働いているところもあります。しかし、私服面接の時はメイクまでは寄せる必要はありません。このようなしっかりとメイクをして接客するアパレル店舗では入社後にメイクを練習する企業もあります。面接時は接客業にふさわしいメイクを心掛けましょう。面接時は一般的に好印象を与える薄めの自然なメイクが良いとされています。

アパレルの私服面接で成功する

いかがでしたでしょうか?アパレルの私服面接は、私服のコーディネートはもちろん大切なのですがその他の基本的なマナーも重要なポイントです。私服面接だからと言って、私服のコーディネートばかりに気を取られないように注意が必要です。コーディネートから面接時のマナーまでしっかりとコツを掴んでアパレルの面接で成功しましょう。(modelpress編集部)