ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

美容部員とは?コスメ業界で華やかに働く美容のプロの仕事内容

美容関係は、就職先や転職先として、とても人気がありますが、その中でも、美容部員という職業は、代表的な職業の一つであるといえるでしょう。しかしながら、美容部員の仕事内容は、一般には、あまり知られていないようです。美容部員とは、どのような職業なのでしょうか。本稿では、「コスメ業界で華やかに働く美容のプロ」である、美容部員について、1.仕事内容、2.やりがい・魅力、3.働き方・職場環境などに関する情報を中心にご紹介していきます。

美容部員とは?コスメ業界で華やかに働く美容のプロの仕事内容/Photo by ERainbow

美容部員とは?

そもそも、「美容部員」とは、どのような職業なのでしょうか。まずは、美容部員に関する基礎知識について、ご紹介していきます。

<美容を知り尽くすプロ>

もし、「美容部員とは?」という質問に一言で答えるとすれば、「美容を知り尽くすプロ」という回答になるでしょう。美容部員は、当然のことではありますが、化粧品や美容に関する専門的な知識を有していなければなりません。なぜならば、お客様に対して、自社の商品をお勧めしたり、メイクのコツをアドバイスしたりしなければならないからです。ちなみに、美容部員は、その仕事内容から、「ビューティーアドバイザー(BA)」や「ビューティーカウンセラー(BC)」と呼ばれることもあります。

<美容部員の活躍の場>

それでは、「美容部員の活躍の場」とは、どのような場所になるのでしょうか。例えば、代表的なものとしては、百貨店やブランドショップのコスメ売り場などを挙げることができるでしょう。また、コスメ専門のセレクトショップやドラッグストアなども、多くの美容部員が活躍している場所です。これらに加えて、昨今では、大手スーパーの化粧品売り場なども、美容部員の活躍の場となっています。

美容部員の主な仕事

それでは、「美容部員の主な仕事」とは、どのようなものになるのでしょうか。それでは、美容部員の主な仕事について、ご紹介していきます。

<接客>

美容部員の主な仕事の1つ目は、「接客」です。美容部員が担当する仕事のメインとなる部分は、化粧品の販売となります。美容部員が扱う商品は、基礎化粧品をはじめとして、コスメ、ネイル用品、ヘアケア用品、香水などが代表的なものであり、とても幅広くなっています。美容部員が行う接客には、お客様からのクレーム対応やお客様へのアドバイスを行うことも含まれます。これらの仕事には、例えば、「タッチアップ」と呼ばれる、お客様に実際に商品を試していただくために、美容部員がお客様にメイクアップを施すという仕事もあります。加えて、お客様に対して、メイクやスキンケアに関するカウンセリングを行ったりすることもあります。このように、美容部員は、お客様と接することがとても多い職業です。そのため、コミュニケーション能力は、必須であるといえるでしょう。

<商品管理>

美容部員の主な仕事の2つ目は、「商品管理」です。商品管理の仕事内容としては、どのようなものが挙げられるのでしょうか。商品管理の仕事では、例えば、1.売り上げの集計、2.商品の検品、3.在庫の確認などを行います。

<店舗管理>

美容部員の主な仕事の3つ目は、「店舗管理」です。店舗管理の仕事内容としては、どのようなものが挙げられるのでしょうか。店舗管理の仕事では、例えば、商品の陳列・商品のディスプレイや備品の整理などを行います。

アパレル・美容業界の『求人情報』をチェック!

美容部員のやりがいや魅力

それでは、一番肝心となる「美容部員のやりがいや魅力」とは、どのようなものなのでしょうか。ここからは、美容部員という職業のやりがいや魅力について、ご紹介していきます。

<メイクの技術がアップする>

美容部員のやりがいや魅力の1つ目は、「メイクの技術がアップする」ことです。美容部員になれば、美容に関するスキルや美意識そのものが向上して、美容に関する知識を深めることができるでしょう。したがって、必然的に、「自分自身が美しくなるためのメイク技術」も上達していくと考えられます。

<自分の手でお客様の美をサポートする>

美容部員のやりがいや魅力の2つ目は、「自分の手でお客様の美をサポート」できることです。美容部員の多くは、「自分がメイクをしたお客様に喜んでいただけると、素直にうれしい」と話しています。なお、多くの場合、「自分がきれいになりたい」という思いから、「お客様にきれいになっていただく手助けをしたい」という気持ちにつながっているようです。

<新商品をいち早く試せる>

美容部員のやりがいや魅力の3つ目は、「新商品をいち早く試せる」ということです。美容部員は、一般の消費者と比べて、最新のメイクやスキンケアなどに関する情報を、いち早く入手することができるようになっています。具体的には、例えば、新商品のサンプルなどがメーカーから送られてくるので、美容部員は、新商品の発売前であっても、実際にその商品を試してみることができるようになっています。

美容部員になるためには?

美容部員になるためには、どのようなことを行えばよいのでしょうか。それでは、美容部員になるために必要な行動について、ご紹介していきます。

<専門的な知識を身につける>

まずは、専門的な知識を身につけるようにしましょう。専門的な知識を身につけるためには、メイクに関する資格の取得や専門学校への通学などが必要になります。なお、メイクに関する資格の取得や専門学校への通学は、美容部員になるための必須条件ではありません。しかしながら、専門的な知識やスキルを持っていれば、就職活動や転職活動の際には、有利に働くでしょう。

<企業研究をする>

応募する企業の企業研究は、とても大切です。企業研究の際には、1.ブランドコンセプト、2.企業の強み・弱み、3.メイクやスキンケアアイテムの特徴、4.企業が行うキャンペーンなどについて、調べるようにするとよいでしょう。

<志望する企業に応募する>

志望する企業に応募する際には、求人サイトや転職エージェントなどを活用するとよいでしょう。なお、美容関係に特化した求人サービスについては、定期的にチェックするようにしましょう。

ノルマは?残業は?美容部員の募集の際によくある質問

美容部員の仕事内容を紹介/Photo by Iakov Filimonov

美容部員のノルマや残業は、どのようになっているのでしょうか。それでは、「美容部員の募集の際によくある質問」にお答えしていきます。

<仕事にノルマはあるの?>

ノルマとは、一般的には、個人に割り当てられる必ず達成しなければならない目標のことを指します。昨今では、ノルマを設定していない企業が多いようです。ただし、売り上げ目標を設定している企業は、今でも少なくありません。なお、売り上げ目標が設定されている場合でも求人情報には、「ノルマなし」と書かれているケースは多いようです。

<残業は多いの?>

残業時間は、企業によって異なります。ただし、基本的には、シフト通りの勤務時間になることが多いようです。一般的な勤務時間は、店舗の営業時間中に7.5~8時間ほどになっています。なお、繁忙期や棚卸の時期には、残業が増えることもあります。

<キャリアプランはどう描くの?>

美容部員は、一般的には、現場で経験を積むことによって、副店長や店長などの管理職を目指すことが多くなっています。その後、希望に応じて、エリアマネージャーや本社勤務のスタッフなどを目指すことも可能です。なお、キャリアプランの実現のためには、上司などに定期的に希望を伝え、かつ成果を出し続けることが大切になります。

<産休・育児休暇は取得できるの?>

美容業界では、多くの女性が活躍しています。そのため、女性の働き方に関する制度については、多くの場合、十分に整備されています。例えば、1.産前・産後休暇、2.育児休暇、3.短時間勤務などです。それらについて、求人情報の中でアピールされている場合もあるので、応募の前にチェックしておくとよいでしょう。なお、雇用形態によって、状況が異なる場合もあります。

将来を見据えて、美容部員のキャリアを切り拓こう

美容部員という職業のイメージを、掴んでいただくことができたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、美容部員が活躍できる場は、多岐にわたっています。また、美容部員のやりがいや魅力も多く、自身にとっても、プラスとなるようなことばかりです。もし、美容関係を就職先や転職先として考えている場合には、美容部員という職業も、キャリアプランの中の選択肢に加えられてみてはいかがでしょうか。(modelpress編集部)

美容・アパレル業界の『求人情報』を検索!