ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

ラグジュアリーブランドの接客ポイントを解説!ほかのブランドとの違いとは?

【アパレル/モデルプレス】「ラグジュアリーブランドの接客ポイント」とは、どのようなものなのでしょうか。ラグジュアリーブランドの接客ポイントは、ほかのジャンルのブランドの接客ポイントとは、異なる部分が多いといわれています。それでは、ラグジュアリーブランドにおける接客のポイントについて、ご紹介していきます。

ラグジュアリーブランドの接客ポイントを解説!ほかのブランドとの違いとは?/Photo by Smeilov Sergey

ラグジュアリーブランドの接客に必要な知識

「ラグジュアリーブランドの接客に必要な知識」とは、どのようなものなのでしょうか。まずは、ラグジュアリーブランドの接客に必要な知識について、ご紹介していきます。

<ブランドの歴史と哲学>

ラグジュアリーブランドの接客に必要な知識の1つ目は、「ブランドの歴史と哲学」です。つまり、あなたが勤務しているブランドの歴史や哲学についての知識を深める必要があるということです。たとえば、「デザイナーの変遷によって、どのように商品が移り変わってきたのか」などの知識については、必須であるといっても過言ではないでしょう。あなたが勤務しているラグジュアリーブランドを「代表するスタッフ」として、そのブランドの歴史や哲学について、語ることができるようにならなければならないでしょう。

<自社商品に関する深い知識>

ラグジュアリーブランドの接客に必要な知識の2つ目は、「自社商品に関する深い知識」です。ラグジュアリーブランドにおける接客では、「お客様がどのような商品を求めているのか」などを察して、お客様に商品を提案する場面も多くなります。したがって、さまざまな状況に合わせて商品を提案することができるように、自社商品に関する知識を十分に蓄えておくことが必要になります。たとえば、「どのようなコーディネートにすると、魅力的に見えるか」などについて、日ごろから研究するようにするとよいでしょう。

<ファッション全般の知識>

ラグジュアリーブランドの接客に必要な知識の3つ目は、「ファッション全般の知識」です。たとえば、「国内外のファッションの流行」「業界全般に関する知識」などを挙げることができるのではないでしょうか。ファッションに関する知識を身につけることができると、ファッションに対する洞察力が磨かれ、お客さまに提案したいことなどが、自然に芽生えるようになるといわれています。ファッションに関する知識は、「お客様との会話のきっかけ」とすることもできるでしょう。

ラグジュアリーブランドで接客する際の注意点

「ラグジュアリーブランドで接客する際の注意点」とは、どのようなものなのでしょうか。それでは、ラグジュアリーブランドで接客する際の注意点について、ご紹介していきます。

<高級感のある身だしなみで、上品な言動をする>

ラグジュアリーブランドで接客する際の注意点の1つ目は、「高級感のある身だしなみで、上品な言動をする」ことです。スタッフは、ラグジュアリーブランドの「看板」として、お客様から見られています。したがって、ラグジュアリーブランドにおいては、「高級感漂う服装」や「品格のある言動」が、お客様から期待されているのです。お客様にとって、「心地よい敬語」を使用するように、心がけましょう。接客の際に使用する敬語を想定し、それらを優先的に覚え、普段の接客において、意識的に使うようにするとよいでしょう。ちなみに、これらに加えて、「クッション言葉」を使用することをお勧めします。クッション言葉とは、「お願い」や「お断り」をする際に用いられる、表現を和らげるための言葉のことです。たとえば、「大変恐れ入りますが、…」や「誠に申し訳ございませんが、…」などが挙げられます。

<お客様が買い物しやすい雰囲気を作る>

ラグジュアリーブランドで接客する際の注意点の2つ目は、「お客様が買い物しやすい雰囲気を作る」ことです。「お客様が、ラグジュアリーブランドのショップに立ち寄るかどうか」については、「売り場の雰囲気」が大きく左右するといわれています。たとえば、「緊張感」があったり、「お客様を歓迎していない」と感じられたりする売り場は、お客様から避けられやすくなってしまいます。待ち構えすぎると、お客様はお店に入りづらくなってしまうのです。したがって、さりげなくお客様の意識をお店のほうにむけさせることができるとよいでしょう。たとえば、「魅力的な商品を広げて、たたみなおす」などすると、効果的であるといわれています。

ラグジュアリーブランドの接客スキルを磨くには?

ラグジュアリーブランドの接客を紹介/Photo by GoncharukMaks

「ラグジュアリーブランドの接客スキル」を磨くためには、どのようにすればよいのでしょうか。それでは、ラグジュアリーブランドの接客を磨くポイントについて、ご紹介していきます。

<教養や文化的知識を身につける>

ラグジュアリーブランドの接客を磨くポイントの1つ目は、「教養や文化的知識を身につける」ことです。ラグジュアリーブランドにおける顧客層には、「教養の高い人」も多くいます。たとえば、一般教養としての「デザイン」や「色」に関する知識などが豊富な方が少なくありません。ちなみに、これらに加えて、「音楽」「映画」「文学」などについては、ファッションとのつながりが強いことも多く、接客時の「引き出し」とすることができるといわれています。

<おもてなしのスキルを磨く>

ラグジュアリーブランドの接客を磨くポイントの2つ目は、「おもてなしのスキルを磨く」ことです。ラグジュアリーブランドにおける接客に限った話ではないと思いますが、日ごろから、心をこめて、お客さまに対応するようにしましょう。つまり、接遇を重視し、一人ひとりに丁寧な対応をするということです。たとえば、「視線合わせ」や「笑顔」、また「通路の確保」など、きめ細やかな気配りをするようにしましょう。

<語学力を身につける>

ラグジュアリーブランドの接客を磨くポイントの3つ目は、「語学力を身につける」ことです。世界的なラグジュアリーブランドには、世界中にファンが存在しています。したがって、語学力を向上させれば、海外からご来店されたお客様に対して、スムーズに接客することができるでしょう。また、語学力を向上させれば、海外における「トレンド情報」などを吸収しやすくなるということもできるでしょう。

<ハイセンスな審美眼を身につける>

ラグジュアリーブランドの接客を磨くポイントの4つ目は、「ハイセンスな審美眼を身につける」ことです。普段から、幅広く「美」に関するものに触れ、感性を磨くようにしましょう。たとえば、「美術館でアート作品を鑑賞する」「美術書を読む」などが考えられるでしょう。

ラグジュアリーブランドの接客ポイントを身につけ、他のスタッフに差をつける

いかがでしたでしょうか?ここまで確認してきたように、ラグジュアリーブランドにおける接客では、「普通のブランド」における接客よりも多くのものが求められます。本稿でご紹介した「ラグジュアリーブランドの接客ポイント」を身につけ、他のスタッフに差をつけましょう。(modelpress編集部)