ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

美容部員の面接前に必読!よく聞かれる質問と押さえておきたいマナー

美容部員になるための面接では、面接官から、どのようなことが聞かれるのか知っていますか?面接でよく聞かれる質問を押さえておくことによって、面接を通過する可能性を高めることができます。加えて、面接の際のマナーを押さえておくこともとても大切なポイントでしょう。そこで、本稿では、1.美容部員の面接を受ける際に押さえておきたいポイント、2.美容部員の面接でよく聞かれる質問、3.美容部員の面接で逆質問をしなければならないときの対処方法、4.美容部員の面接で質問に答える際のポイント、5.美容部員の面接時のメイク・服装・身だしなみについて、ご紹介していきます。

美容部員の面接前に必読!よく聞かれる質問と押さえておきたいマナー/Photo by racorn

美容部員の面接を受ける際に押さえておきたいポイント

美容部員の面接を受ける際には、どのようなことがポイントになるのでしょうか。まずは、「美容部員の面接を受ける際に押さえておきたいポイント」について、ご紹介していきます。

<美容部員の仕事とは?>

美容部員は、百貨店の化粧品売り場などにおいて、お客様に対して、美容に関するアドバイスや自社製品の販売などを行います。「ビューティアドバイザー」や「ビューティカウンセラー」などと呼ばれることも少なくないようです。ちなみに、美容部員は、美容系の仕事の中でも特に人気が高い仕事の一つであるということができるでしょう。

<面接で有利になる資格ってある?>

美容部員を目指す際、基本的には、特定の資格などは、必要ありません。ただし、メイクやスキンケアに関する資格を持っていれば、面接の際、面接官に対するアピールになる可能性は、十分にあります。ちなみに、メイクやスキンケアに関する代表的な資格としては、1.日本メイクアップ技術検定、2.日本化粧品検定、3.メイクセラピー検定などを挙げることができるでしょう。

どう答える?美容部員の面接でよく聞かれる質問

美容部員の面接を受ける際には、面接官から、どのような質問をされることが多いのでしょうか。それでは、「美容部員の面接でよく聞かれる質問」について、ご紹介していきます。

<志望動機>

美容部員の面接でよく聞かれる質問の1つ目は、「志望動機」です。これは、美容部員の面接に限らず、どのような面接においても必ず聞かれる質問の一つであるといってもよいでしょう。志望動機を聞かれた際には、面接官に対して、できるだけ具体的に志望動機を伝えることが大切になります。なお、志望動機に関する質問としては、1.「企業やブランドのどのような部分に興味や関心を持ったのか?」、2.「ブランドポリシーのどこに共感したのか?」、3.「ブランドを好きになったきっかけは何か?」などを挙げることができるでしょう。

<自社製品(応募した企業の製品)の使用経験>

美容部員の面接でよく聞かれる質問の2つ目は、「自社製品(応募した企業の製品)の使用経験」です。実際に、自社製品(応募した企業の製品)を使用したことがある場合については、その製品の「好きなポイント」などを含めて、面接官にアピールするとよいでしょう。これに対して、自社製品(応募した企業の製品)を使用したことがない場合については、面接前に店頭などでその製品のサンプルなどをあらかじめ試用しておくようにするとよいでしょう。

<将来的に目指す姿>

美容部員の面接でよく聞かれる質問の3つ目は、「将来的に目指す姿」です。具体的には、「入社後にやりたいこと」や「将来の理想像」などをイメージして答えるようにするとよいでしょう。また、「将来の夢」や「目標」などがある場合は、それらについても伝えるようにしましょう。以上に加えて、「化粧品を販売するうえで、大切にしていきたいこと」などを、自分の言葉で伝えることができるとよいでしょう。つまり、「ブランドに対するあこがれ」だけで応募していないということを面接官にアピールすることが大切になるということです。

<普段のメイクやスキンケア方法>

美容部員の面接でよく聞かれる質問の4つ目は、「普段のメイクやスキンケア方法」です。具体的には、「どのような化粧品や化粧水を使っているか?」と質問されることなどがあるようです。このような質問に対して、もし、面接を受ける企業の製品を使っていない場合、どのように答えるべきか迷ってしまいそうですが、基本的には、正直に答えたとしても問題ないことの方が多いようです。ただし、面接官に対してネガティブな印象が残ってしまうことがないようにするためには、伝え方を工夫することは必要でしょう。また、「食事や健康に対して、気を使っているか?」というようなことを確かめるための質問がなされることもあります。例えば、「今朝、何を食べましたか?」というような質問などから、食事や健康についてチェックされる場合もあるでしょう。以上に加えて、「以前に使っていた化粧品で、肌荒れなどを起こしたことがあるか?」というような質問がなされることも多いようです。

<長所と短所>

美容部員の面接でよく聞かれる質問の5つ目は、「長所と短所」です。まず、長所を伝える際には、「業務にふさわしいポイント」をアピールするように心がけましょう。これに対して、短所を伝える際には、ただ単に短所を伝えるだけではなく、「短所をカバーするために日頃から心がけていること」などについても、必ず伝えるようにしましょう。その際、消極的な表現を用いることは避けるようにすることがポイントになります。

美容部員の面接で逆質問をしなければならないときの対処方法

美容部員の面接で逆質問をしなければならないときには、どのように対処すればよいのでしょうか。それでは、「美容部員の面接で逆質問をしなければならないときの対処方法」について、ご紹介していきます。

<逆質問とは?>

まず、逆質問とは、面接において、「何か質問はありますか?」などのように、面接官から問われたとき、応募者から面接官に質問をすることです。

<逆質問は、アピールをするチャンス>

逆質問をされたときには、アピールをするチャンスであると捉えるようにするとよいでしょう。なぜならば、逆質問を通して、企業への関心やモチベーションの高さを示すことができるからです。具体的には、「企業が美容部員に期待していること」や「入社前に勉強しておくべきこと」などについて、質問をしてみるとよいでしょう。ちなみに、待遇や福利厚生などに関する質問については、避けたほうがよいでしょう。具体的には、1.給与、2.シフト、3.休日などについての質問です。これらに関する質問は、入社後にも待遇に関する希望が多いと受け取られてしまう場合もあります。

美容部員の面接で質問に答える際のポイント

美容部員の面接のポイントを紹介/Photo by Dean Drobot

美容部員の面接で質問に答える際には、どのようなことがポイントになるのでしょうか。それでは、「美容部員の面接で質問に答える際のポイント」について、ご紹介していきます。

<笑顔で話す>

美容部員の面接で質問に答える際のポイントの1つ目は、「笑顔で話す」ことです。美容部員の面接では、売り場に立つ美容部員にふさわしいか否かについて、判断されます。したがって、表情が硬い人より、表情がやわらかい人の方が求められるのです。緊張している場合にも、意識的に笑顔を作り、明るく答えることを心掛けましょう。なお、面接官の目を見て話すことも忘れないようにしましょう。

<簡潔に答える>

美容部員の面接で質問に答える際のポイントの2つ目は、「簡潔に答える」ことです。質問に対して、長々と答えることは、避けるようにしましょう。なぜならば、無駄に長い回答は、考えを整理することができていないと捉えられてしまいがちだからです。ただし、短すぎる回答も印象が悪くなりがちです。したがって、基本的には、1分以内を目安にして、結論から話し始めることを意識するとよいでしょう。

<具体的に話す>

美容部員の面接で質問に答える際のポイントの3つ目は、「具体的に話す」ことです。回答に具体的な情報を入れることができれば、説得力を増すことができます。例えば、数字やエピソードなどを入れることができるとよいでしょう。数字やエピソードを入れることによって、限られた時間の中でも面接官に具体的なイメージを抱かせやすくすることができるでしょう。

美容部員の面接時のメイク・服装・身だしなみ

美容部員の面接を受ける際のメイク・服装・身だしなみは、どのようなものが求められるのでしょうか。それでは、「美容部員の面接時のメイク・服装・身だしなみ」について、ご紹介していきます。

<メイク>

美容部員の面接時のメイクについては、どのようなものが求められるのでしょうか。面接を受ける際、その企業の製品を使用して、メイクをしていれば、面接官がそのことについて、気が付いて下さることもあるでしょう。これは、面接官へのアピールになると考えられます。ただし、他社の製品を使用して、メイクをしていたとしても、特に問題はないことの方が多いようです。つまり、メイクに使用する製品に何を選ぶかということではなく、応募する企業の「ブランドイメージ」に合わせたメイクをすることが、大切になるのです。したがって、どのようなメイクをしているのかということは、面接の際の大きなアピールポイントの一つとなります。ただし、「派手なメイク」については、避けるようにしましょう。

<服装>

美容部員の面接時の服装については、どのようなものが求められるのでしょうか。面接時の服装は、基本的には、スーツを着用するようにしましょう。なぜならば、売り場において接客することができるような服装を着て、面接に臨むことが大切になるからです。また、面接を受ける企業が、「国内系」の企業であるか「外資系」の企業であるかということを基準にして、スーツのテイストを選ぶようにするとよいでしょう。まず、国内系の企業の場合については、一般的には、「落ち着いたデザインのスーツ」が好まれることが多いようです。これに対して、外資系の企業の場合については、「エレガントさ」や「個性」などが求められることが多いようです。つまり、面接を受ける企業やその企業のブランドのイメージに合わせて、服装を選ぶことが基本になります。

<身だしなみ>

美容部員の面接時の身だしなみについては、どのようなものが求められるのでしょうか。美容部員は、「ブランドの顔」となるため、「清潔感」のある身だしなみが求められます。したがって、面接を受ける前には、十分なチェックが必要になります。それでは、どのような点をチェックすればよいのでしょうか。まず、髪の毛は束ね、ヘアピンなどを用いてきっちりとまとめるようにしましょう。髪色については、明るすぎない茶色、もしくは黒色が好ましいといわれています。また、スーツにしわがついていないかどうかについても、必ずチェックするようにしましょう。なお、ネイルについては、控えめにしましょう。

面接対策を万全にして、憧れの美容部員を目指そう

ここまで確認してきたように、美容部員になるための面接を受ける際には、押さえておきたいポイントが、たくさんあります。具体的には、1.よく聞かれる質問、2.逆質問、3.質問への答え方、4.メイク・服装・身だしなみです。これらをすべて完璧に準備することは難しいかもしれませんが、あらかじめ準備しておくことができるものも少なくありません。そして、あらかじめ準備しておくことができるものの準備をしておくことが、対策を万全にするということです。美容部員を目指されている方は、本稿を参考にしながら、面接対策を万全にして、憧れの仕事を手に入れてください。(modelpress編集部)