ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

化粧品業界への転職希望者が知っておきたい志望動機の書き方と例文

化粧品業界は、転職希望者からの人気が高い業界の一つです。そのため、化粧品業界の労働市場における競争もとても激しくなります。化粧品業界への転職希望者が最初に突破しなければならない関門は、履歴書の志望動機です。それでは、履歴書の志望動機は、どのように書けばよいのでしょうか。本稿では、「化粧品業界への転職希望者が知っておきたい志望動機の書き方と例文」について、ご紹介していきます。

化粧品業界への転職希望者が知っておきたい志望動機の書き方と例文/Photo by Kinga

【化粧品業界への転職】履歴書の志望動機を書く際に必要な準備

履歴書の志望動機を書く際には、どのような準備が必要になるのでしょうか。まずは、「履歴書の志望動機を書く際に必要な準備」について、ご紹介していきます。

<化粧品業界の研究>

履歴書の志望動機を書く際に必要な準備の1つ目は、「化粧品業界の研究」です。具体的には、化粧業界のトレンドについて、調べるようにするとよいでしょう。昨今では、ミネラルコスメなど、肌に優しい無添加のコスメに対する需要が高まっているようです。これらのコスメの製造については、国内で行われるケースが従来よりも増加してきています。これは、日本製ということをブランドにしようという狙いがあるとみられています。なお、市場の動向にも触れることができれば、業界研究をしているという姿勢をアピールしやすくなるでしょう。昨今の化粧品市場は、拡大傾向にありましたが、新型コロナウイルスの感染拡大による影響から、今後の動向については、読みにくくなってきています。

<経験・成果の棚卸>

履歴書の志望動機を書く際に必要な準備の2つ目は、「経験・成果の棚卸」です。自身の経験やこれまでの仕事の成果について、正しく整理をするようにしましょう。例えば、これまでに携わったプロジェクトや売り上げのアップに対する貢献などは、具体的にまとめるようにしましょう。

<スキルの把握>

履歴書の志望動機を書く際に必要な準備の3つ目は、「スキルの把握」です。スキルを把握する際には、自身の長所に注目するとよいでしょう。例えば、1.コミュニケーション能力、2.マネジメント能力、3.課題の発見力・解決力、4.接客スキルなどです。そして、スキルを伝えやすくなるようなわかりやすい事例を準備しておくようにするとよいでしょう。加えて、自身の短所についての把握も求められます。短所を克服する方法まで考えることができれば、さらによいでしょう。

【化粧品業界への転職】履歴書の志望動機に書くべき項目

履歴書の志望動機には、どのようなことを書くべきなのでしょうか。それでは、「履歴書の志望動機に書くべき項目」について、ご紹介していきます。

<化粧品業界を目指す理由>

履歴書の志望動機に書くべき項目の1つ目は、「化粧品業界を目指す理由」です。化粧品業界を目指す理由について、自身の具体的な経験や考えなどを通して、わかりやすく書くようにしましょう。

<応募先の企業を選んだ理由>

履歴書の志望動機に書くべき項目の2つ目は、「応募先の企業を選んだ理由」です。化粧品業界には、たくさんの企業が存在しています。その中から、応募先の企業を選んだ理由について、明確に書くようにしましょう。その際、1.企業理念、2.経営戦略、3.ブランド戦略、4.マーケティング戦略などを他の企業と比較するとよいでしょう。ファンとしての感想ではなく、客観的な考察を書くということを意識するようにしましょう。

<入社後に挑戦したい仕事>

履歴書の志望動機に書くべき項目の3つ目は、「入社後に挑戦したい仕事」です。入社後には、様々な仕事を担当することになるでしょう。入社後に担当する仕事を想像しながら、挑戦したい仕事を具体的に書くようにしましょう。

<アピールしたいスキル>

履歴書の志望動機に書くべき項目の4つ目は、「アピールしたいスキル」です。スキルをアピールするためには、スキルの把握が必要になります。自身が持つスキルを把握して、その中から、採用担当者にアピールできそうなスキルを厳選しましょう。そして、そのスキルについて、エピソードや数字などを交えながら、採用担当者が具体的なイメージをすることができるように書いていきましょう。

<入社後の展望>

履歴書の志望動機に書くべき項目の5つ目は、「入社後の展望」です。入社後の展望には、単なる夢や希望を書くのではありません。入社後にどのようなステップを踏みながら、キャリアアップをしていこうと考えているかについて、具体的に書かなければなりません。その際には、目指している役職などを交えながら、短期的・中期的・長期的な展望について、書くようにするとよいでしょう。

【化粧品業界への転職】履歴書に書く志望動機の例文

履歴書の志望動機の書き方とは/Photo by Getty Images

履歴書に書く志望動機は、実際には、どのように書いていくのでしょうか。それでは、「履歴書に書く志望動機の例文」について、ご紹介していきます。

<志望動機の例文1>

私は、御社の「〇〇」という理念にとても共感したため、御社を志望しました。また、御社の商品には、他社の商品とは異なる独自性がたくさんあることもとても魅力的に感じています。例えば、豊富なカラーバリエーションや有名デザイナーとのコラボレーションです。加えて、昨今では、SNSを活用した御社のマーケティング戦略にも驚かされています。以上のような御社の独自性には、私の発想力と分析力を活かすことができると考えています。そして、将来は、商品企画にも携わることができるようになりたいです。

<志望動機の例文2>

私は、御社の商品に配合されている独自の成分に注目しています。独自の成分を開発することができるのは、御社の研究開発がとても盛んだからです。私は、御社の盛んな研究開発をとても魅力的に感じています。なお、専門学校においては、それぞれの肌の悩みに応じたメイクの方法について、勉強しました。私は、このスキルを活かして、美容部員としての実績を積んでいきたいと考えています。そして、将来は、店長や教育担当など、責任ある役職につくことができるようになりたいです。

魅力的な志望動機を書き上げて、憧れの業界へ

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、化粧品業界への転職希望者が履歴書の志望動機を書く際には、様々なポイントがあります。そして、それらのポイントをしっかりと理解したうえで履歴書の志望動機を書けば、他の転職希望者と差をつけることも可能になります。化粧品業界への転職を希望されている方は、本稿を参考にしながら、魅力的な履歴書の志望動機を書き上げて、憧れの業界に向かって、一歩前進してください。(modelpress編集部)