ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

アパレル企業の説明会の服装は?「服装自由」のときは何を着るべき?

アパレル企業の説明会に参加する際には、「服装自由」とされているケースも少なくありません。「服装自由」とされているときには、どのような服装にするべきなのでしょうか。「服装自由」とされているときの方が、かえって困ってしまうということも多いようです。そこで、本稿では、アパレル企業の説明会に参加する際、「服装自由」とされているときに注意すべきことについて、ご紹介していきます。

アパレル企業の説明会の服装は?「服装自由」のときは何を着るべき?/Photo by racorn

【アパレル企業の説明会】「服装自由」のときに意識すべきこと

アパレル企業の説明会に参加する際、「服装自由」のときには、どのようなことを意識すべきなのでしょうか。まずは、「服装自由」のときに意識すべきことについて、ご紹介していきます。

<清潔感>

「服装自由」のときに意識すべきことの1つ目は、「清潔感」です。どのようなアパレル企業であっても説明会の参加者の服装をチェックする際には、多くの場合、清潔感を重視します。例えば、1.服の丁寧な着用、2.服の汚れ・しわの有無などについて、チェックしているようです。

<トレンドへの配慮>

「服装自由」のときに意識すべきことの2つ目は、「トレンドへの配慮」です。説明会の際のコーディネートには、トレンドのアイテムを程よく取り入れるようにするとよいでしょう。トレンドのアイテムを程よく取り入れることによって、「流行に敏感」というような印象を与えることができる場合もあります。

<着こなしの工夫>

「服装自由」のときに意識すべきことの3つ目は、「着こなしの工夫」です。説明会の際のコーディネートには、オーソドックスなアイテムを取り入れるだけではなく、着こなしも工夫するようにしましょう。例えば、1.重ね着をする、2.明るい色のインナーを着て、差し色を入れるなどするとよいでしょう。また、小物を使って、アクセントにしてもよいでしょう。アクセントにする小物としては、スカーフやベルトなどがよいでしょう。コーディネートにオリジナリティがあれば、「ファッションセンスが高い」というような印象を与えることができる場合もあります。

<ブランドイメージとの親和性>

「服装自由」のときに意識すべきことの4つ目は、「ブランドイメージとの親和性」です。採用担当者は、説明会の参加者が、自社の店舗で働くイメージを持つことができるか否かについて、注目しています。したがって、参加する説明会のアパレル企業が取り扱うブランドの服を着用することが望ましいですが、持っていない場合には、ブランドイメージに合う服を着用して、参加するようにしましょう。

【アパレル企業の説明会】「服装自由」のときのNG例

アパレル企業の説明会に参加する際、「服装自由」のときには、どのような服装がNGとなるのでしょうか。それでは、「服装自由」のときのNG例について、ご紹介していきます。

<華美な服装>

「服装自由」のときのNG例の1つ目は、「華美な服装」です。具体的には、1.体のラインが目立つ服装、2.派手な色の柄物、3.カラータイツなどは、避けた方がよいでしょう。また、派手な色のアクセサリーなども避けた方がよいでしょう。

<カジュアルな服装>

「服装自由」のときのNG例の2つ目は、「カジュアルな服装」です。具体的には、1.デニム、2.サンダル、3.ダメージ加工が施してあるアイテムなどは、避けた方がよいでしょう。カジュアルなブランドイメージを持つアパレル企業であれば、受け入れられる場合もありますが、基本的には、避けた方が無難です。これは、カジュアルな服装の場合、「緊張感がない」というような印象を与えてしまう恐れがあるからです。

<ブランドイメージに合わない服装>

「服装自由」のときのNG例の3つ目は、「ブランドイメージに合わない服装」です。ブランドイメージとかけ離れた服装や他社のブランド名やロゴが強調された服装については、避けるようにしましょう。これは、志望度の高さが疑われてしまう恐れがあるからです。参加する説明会のアパレル企業が取り扱うブランドの服がない場合には、他社のアイテムを着用しても構いませんが、ブランドイメージに合う服装を心掛けるようにしましょう。

<リクルートスーツ>

「服装自由」のときのNG例の4つ目は、「リクルートスーツ」です。「服装自由」の場合には、リクルートスーツは、避けた方がよいでしょう。これは、採用担当者は、説明会の参加者のファッションセンスをチェックしたいと考えている可能性が高いからです。

【アパレル企業の説明会】服装と一緒にチェックしたいポイント

アパレル企業の説明会での服装は?/Photo by Kamil Macniak

アパレル企業の説明会に参加する際、服装以外には、どのようなことをチェックすればよいのでしょうか。それでは、服装と一緒にチェックしたいポイントについて、ご紹介していきます。

<髪型>

服装と一緒にチェックしたいポイントの1つ目は、「髪型」です。髪の毛は、よく整えてセットするようにしましょう。寝ぐせや乱れなどは、ない状態に仕上げましょう。

<メイク>

服装と一緒にチェックしたいポイントの2つ目は、「メイク」です。具体的には、ブランドイメージに合うメイクをするようにしましょう。その際、ブランドのウェブサイトやルックブックなどをチェックして、それらに掲載されているモデルのメイクを参考にするとよいでしょう。ただし、自分に合うメイクか否かのチェックも大切です。なお、過度に華美なメイクや個性的なメイクは、避けた方がよいでしょう。加えて、ノーメイクもNGとなります。

<ネイル>

服装と一緒にチェックしたいポイントの3つ目は、「ネイル」です。清潔感のあるナチュラルなネイルであれば、OKとなる場合が多いようです。OKとなる場合としては、1.フレンチネイル、2.ピンク、3.ベージュなどを挙げることができるでしょう。これらに対して、ラインストーンの入ったネイルや派手なカラーのネイルは、避けた方がよいでしょう。

採用担当者が、何をチェックしているのか想像しよう!

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、アパレル企業の説明会に参加する際、「服装自由」とされているときには、注意すべきことがたくさんあります。採用担当者が、説明会の参加者の何をチェックしているのかということを想像しながら、服装の準備をするようにしましょう。(modelpress編集部)